FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

早よバラして、見たい顔がある

茨木の現場が大詰めを迎えています。

IMG_3174_2020112416174779d.jpg

櫻もこんなふうに色を染めるのですね、
土手のセイタカアワダチソウの黄色といいあんばいに

IMG_3172_202011241721455af.jpg

緩やかに階段がかかり

IMG_3162.jpg

ようやく2階へ上がることができました。

IMG_3165.jpg

倉庫部分では作業性を考えた棚板の検討がされています

IMG_3168.jpg

開口いっぱいに開いた窓からの眺め・・・・

この景色に圧倒されます。

櫻爛漫の季節が今から待ち遠しい

IMG_3166.jpg

外壁はガルパリュウムでと提案していたようですが
お施主さんには、どうもトタンのイメージが重なる様で

SOLIDOという外壁材を使っています

塗装による着色をせず、セメント素材だけが持つ
自然な風合いが持ち味です。
パンフには
環境負荷を低減する、持続可能素材とあり

なかなかいい風合いですが
やっぱり値段とは馬が合いません

セメント、古紙パルプ、コーヒー豆かす、鉄外などを
混砕したリサイクル品です

もう少しで足場を外す予定です

どんな表情を見せてくれるか楽しみです。






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
スポンサーサイト



ゆすはらツアー・二段目

2日目は6時半からの朝食です
里山の空気と、この長閑さは何にも代えがたいものです

IMG_3087.jpg

期待していた雲海は風が出てきたのでダメでしょう、の予想通りで

IMG_3109.jpg

カルスト台地は寒さで震え上がるほどで
10分も立っていられません

IMG_3105_2020111111191503f.jpg

毎回、風力発電の前で集合写真を撮るのですがスルー

IMG_3122.jpg

ゆすはら神社への木橋

IMG_3114_202011111152156da.jpg

この木橋を渡るたびに
イーストウッドの「マディソン郡の橋」を思い出します。

IMG_3124.jpg

この神社の前には司馬遼太郎が「竜馬がゆく」で
ゆすはら神社を描写した文章が紹介されています。

IMG_3118.jpg

龍馬脱藩の道だそうです
あちこちに脱藩の道があるのですが、
雰囲気から見ると、ここが一番オーラを感じさせます

IMG_3140.jpg

なぜか梼原には建築家・隈研吾さんの設計した建造物が多く
庁舎を訪ねた後、図書館を見学しました。

IMG_3145.jpg

図書館内部です

IMG_3142.jpg

図書館前の銀杏の木が素晴らしい。
♂だそうで銀杏はなってません。

IMG_3126.jpg

隈研吾さんが感銘を受けたという芝居小屋「ゆすはら座」です

IMG_3130.jpg

今回、初めて訪ねたのは
維新の志士・吉村虎太郎の庄屋屋敷でした。

IMG_3131.jpg

苔むす茅葺屋根も美しく

IMG_3147.jpg
(鶏頭けいとう)

サプライズでゆすはら町のGO To チケットを頂き
参加者さん全員、ゆすはら街の駅で
両手に持てないほどのお土産を買い込みました。

ツアー中の会話も弾み、
旅の思い出と共に
皆さんいい仲間が出来たようです。

西村参事様はじめ、梼原の皆様
ほんとうにありがとうございました。






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ


































































































ゆすはらツアー・一段目

コロナ禍で気をもんだ梼原へのバスツアーですが

11月7、8日と無事に行ってきました。

コロナなど微塵も関係しないクリーンな町「ゆすはら」です。

いつもお世話になっている民宿「かわい」さんですが

体温が37度を超えれば宿泊はシャットアウトという条件付きで

引き受けていただきました。

バスもひと回り大きくし、人数も17名迄の制約です。

(いろいろとキビシイ)


朝7時半に大阪を出発し、午後1時過ぎに梼原に無事到着

IMG_3068.jpg

早速、ゆすはら森林組合で「エネルギー消費100%自給」や
FSC(持続可能な森林経営)への取り組みなど
西村参事さんによる分かりやすい説明があり、

雨が降らない内にと
伐採現場へ、参事自らの実演で60年のスギを伐採

いつもながらそのド迫力には感動の歓声が

IMG_3072.jpg

下から見ていると、伐倒した杉が頭の上に落ちてくるようで
思わず逃げたのですが・・・・・
悠然と見上げるYさんが一人、絵になってます。

IMG_3076.jpg

残念ながら森林組合の加工工場は土曜日はお休みでしたが
皆さん説明を熱心に聞かれ、
引きを切らない質問で、参事さんはモテモテでした。

IMG_3079.jpg

うっすらと霧がかかったような空気に包まれ
おがくずの山を前にし、丸ごと木材を使いきる意味と過程を納得です。

IMG_3086.jpg

楽しい懇親会はいつもの「かわい集会所」で

IMG_3090_20201110112244de1.jpg

もてなしのお花は全て道端で摘んだとか

IMG_3081a.jpg

IMG_3082.jpg

IMG_3084.jpg


かつおのたたきと、山菜料理の田舎皿鉢は大人気

いつも料理を作ってくれるかわいのお母さんたちですが
今回は女性が多いので、お酒はそんなに飲まんだろう・・・・・・

ところが、高知的スタイルの返杯が
コロナでアカンということで・・・・・
行きついた先は全員コップ酒。

ビールは言うに及ばす、2時間ほどで一升瓶が5本空いとりました。

過去の記録を更新したようで
どこにコロナ禍があることやら・・・


前編はこの辺にて、
つづく






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ











今年で9回目になるという高知ゆすはらのバスツアーへ

二宮金次郎やぶ蚊に刺される

広いお住まいは、

高齢期を迎えるご家族には

荷が重いようです。

IMG_2982.jpg

母屋は外壁工事の最中で
土壁の上にガルバリューム鋼板が張られていました。

IMG_2983.jpg

IMG_2980.jpg

離れのリフォームを考えておられ
訪問したのですが・・・・・

IMG_3023.jpg
(蘭渓・・・らんけい)

広いお庭に3つの灯篭と・・・・水の流れる景色が創られていたようで

ただ、この広いお屋敷と離れを2軒も管理するのは大変です。

IMG_3021.jpg

二宮金次郎さんが、勤勉なお姿を今も・・・・・・つつましやかに

やぶ蚊が乱舞する中、耐えておられました。


兎に角、雨水は溜まらないようにバケツは伏せましょか

大邸宅は邸宅なりに悩みはあるものです。






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ





桐ダンスの補修

急激な温度差に、この時期風邪を引きやすいのですが

ケガの功名とやらで

マスクがウイルス対策に貢献しているようです。

IMG_2966.jpg

11月からリフォームが始まる築22年の長岡京のお宅を訪問しました。

会話の中で、お母さまから譲り受けた桐タンスの話がありました。

現在、補修に出されているとか

20200731_104443.jpg

一般的に良く聞く価格はかなりの高額です。

20200731_104413.jpg

和ダンスの建具裏にひび割れもあり

お施主さんもドキドキされたようですが

10数万円という良心的な値段にホッされたようです。

工事が完成するころにはタンスも出来上がると

楽しみにされています。

20200731_112930.jpg

階段の途中にある嵌め殺し窓

お施主様曰く「手の届かない場所の窓って、どうしろと言うんやろか」

設計ミスですとも、あからさまに言えず

この窓があることで階段は随分明るいですね

と、お茶を濁したけれど

最近はあまり見かけんけど
一昔前に多かった設計ミスやん

設計の方々、くれぐれもご注意のほど








※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

木々の間からチラチラ

10月初めから工事が始まった川西の別荘は

以前リフォームをした時に使った「そよかぜ」が

大層気に入られ

「塗れるところは全部塗って欲しい」ということで

IMG_2968.jpg

お二階のロフトもこの通り、

IMG_2972.jpg

大正ロマン風のシェードが可愛い

IMG_2975.jpg

外観も別荘に相応しい遊びが感じられます。

IMG_2974.jpg

前には池があり、絶好のロケーション

IMG_2978.jpg

木々に囲まれ、通りから家がチラチラ見えるのも
映画のワンシーンに出会ったようで

IMG_2979.jpg

小さな草花が、あちこちで愛嬌を振りまいていました。

11月28日(土) に、見学会をさせていただきます

ハーブの寄せ植えが出来ればいいなと

計画しているのですが・・・・・果たして上手くいくやろか


別荘感と、杉とヒノキと薪ストーブと、

塗り壁「そよかぜ」を体感するには最適です。

興味のある方必見です。






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

スイッチオン・吹き付け断熱

枚方でS様のリフォーム契約を済ませ

IMG_2954.jpg
(エノコロクサ 別名 ねこじゃらし) 

新築中の茨木の現場へ向かいました。

IMG_2948.jpg

ただ今、吹き付け断熱アイシネンの施工中

面積が多いこともあって2台の作業車が入ってました。

IMG_2946_20201015173526381.jpg

作業車の中はこんな具合で、イケメンの作業員さんが3名

4日がかりで吹き付けるようです。

IMG_2943.jpg

何でもそうですが、下準備が大変です。

隈なく養生のビニールが張り巡らされ

IMG_2945_20201015174154a02.jpg

こんな感じで吹き付けが進んでました。

IMG_2959.jpg

アイシネンに押し出された無口組の大工さんは

倉庫入口の巨大な枠組みに取り掛かっていました。

正に兄弟あうんの呼吸

ちなみに賑やか組の大工さんは

現在、川西の現場で頑張っています。






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

般若寺と牛の取合せ ?

薄曇りの日曜日でしたが

コスモス寺で有名な般若寺(奈良)へ出かけました。

IMG_2902.jpg

まだ3.5分咲き程度でしたが

IMG_2904.jpg

百恵さんの「秋桜」を思わせる可憐な花が

IMG_2905.jpg

目を楽しませてくれました。

IMG_2907.jpg

十三重石宝塔が有名で、この卒塔婆の五段目と八段目から
胎内仏三尊が収められていたそうです。

IMG_2914.jpg

遅ればせながら萩の花も

IMG_2919.jpg

名残りの彼岸花も

IMG_2915.jpg

IMG_2922.jpg

本堂を取り囲むように様々な表情をした石仏が並び

IMG_2916.jpg

参拝者向けの力だめしの石が並べられ

親切に20㎏は女性用

男性用は30㎏

持てない石としては50キロの石が

注意書きに、男性は女性の前で張り切らないように
自己判断でお願いします。
と、いささか昭和っぽい看板が

残念ながら殿方は一瞥するにとどまり
誰一人石を持ち上げる様子も無く

IMG_2924.jpg

琵琶法師が平家の亡霊に導かれていったような
この門の奥のあばら家で
白鳳秘仏の「阿弥陀如来」が公開されていました

胎内仏も公開されていました、が・・・・・

あまりにもお粗末なあばら家で、仏様が可哀想に思えました。

IMG_2927.jpg

本堂の回り縁で、難しい留め部分に大工の知恵が・・・・・

IMG_2933.jpg

般若寺の裏に牧場があると聞き

立ち寄ったのですが

IMG_2937.jpg

乳牛さんがいるには居たのですが
オス牛さんは雌牛さんのお尻ばっかり追っかけて

全員お尻ばっかで、顔は写せんやないか

IMG_2934.jpg

ヤギさんもいて

IMG_2935.jpg

子牛ものんびりと

IMG_2933.jpg

ソフトクリームに列が出来ていて

僅かに残っていたスモークチーズを購入

帰阪し、表示をみれば・・・・栃木県だとさ


当方のGO to イートは、ま、こんなもんかいな






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ






あぁぁ、農薬か

3年前に兵庫県で平屋を新築されたお施主様から

ご相談がありました。

P1140018_2020093016261125a.jpg

神戸で暮らしておられたのですが

故郷にある家を取壊し

お二人で暮らす可愛い平屋のお家を建てられました。

元々化学物質過敏症で悩んでおられたのですが

2年ほどは快適に過ごしておられ

喜んでいたのですが・・・・

P1140570_202009301626226be.jpg

当初から家の前が田んぼのため農薬散布を懸念され

その時期になると、ホテルに宿泊するなどの対策をとり、

田んぼ側の窓を開けないなどされて事なきを得ていたようです。

ところが・・・

今年になって、農薬散布のあと体に湿疹が出るなど

体調が良くなくて

田んぼの農家さんに相談されたようです。

P1140559_202009301626175ea.jpg

農家さんも気の毒がって、来年は農薬を減らす方向で考える

と約束して頂いたようです。

ところが

めでたし、めでたし、とは中々ならないのが

農薬問題です。

減農薬にすれば、周りの害虫が集まってくるようで

何倍返しの打撃を受けるか分からない

と、農協さんもおっしゃっていらっしゃるようで (舌噛みそ)

適切なアドバイスもなく

途方に暮れるばかりです。

出来るだけ戸を閉め切って、

空気清浄機に頼る以外、方法はないものか

幸い農家さんが優しく

様子を見ながら、徐々に農薬を減らしてもらうしかなさそうです。

土いじりをしたことがないお茶漬けさんに何の手立てがあるでなし、

不甲斐なく

地域の有機農業をしているサポートセンターに

相談をしてくださいと、振るにとどまりました。






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ




















それってどうよ

20年前に新築をされたお施主さんから

建築士事務所民家の現場監督に電話が入った。

近所の塗装やさんに外壁塗装を頼み、見積書が来たので

建てたところが一番よく知っているだろうから

外壁の数量を計算して教えて欲しい、というご依頼である。

P1120980_2020092417460771f.jpg

契約書に添付の見積書に
外壁の数量が明記しているので
それを見てください、

と返せば、契約書は無いとのこと

とりあえず契約書の数字をお伝えして電話を切ったが

定期点検やメンテナンスは、こまめにしているお宅であるだけに


流石に気の良い現場監督も首を傾げて、一時考え込んでしまった。

横で聞いていて、苦笑するしかなかったが


昭和が恋しく思えた






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ