FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

立派すぎて・・・いかんともし難し

以前リフォームをされた方から

リフォーム相談です。

IMG_2051.jpg

玄関回りの天井の張り替えに壁の塗り替えと

廊下の隅にピアノを置くので、補強をしてほしいということです。

一昨年の地震、台風で屋根瓦の葺き替えに

予算が持っていかれ、あまり予算が出せないということです

何でも「家一軒が建つくらいの予算」だったようです。

これだけ大きな家になると管理するにも

相当の費用が嵩み、

おいそれと手が出せません。

無理をしないで

兎に角、少しづつ段階を追ってリフォームを考えることを

お勧めしました。

過去に受けた相談の中にも

同じような条件下で悩んでおられるお宅が

5,、6軒あったのですが・・・・・解決を見ないままに・・・・・。







※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

スポンサーサイト



9寸の大黒柱の威厳

愈々、オリンピック年がスタートしました。
皆さま、新年をいかがお迎えでしょうか。
相変わらずの、気ままな「お茶漬け白書」ですが
よろしくお付き合い頂ければ嬉しいです。

さて
年末に18年前に
建築士事務所民家で新築をされたMさんから
リフォーム相談を受け訪ねました。

20年前に兵庫の山林バスツアーをした際
「ここの山の木で家を建てたい」と即決され
驚かされたものです。

まだ幼い双子ちゃんを抱っこされての参加でした。

IMG_2025_20200106160035e7f.jpg

外部に板を張ったデザインは
周りの景色に溶け込み、古さを感じさせません。

IMG_2019.jpg

一家を見守ってきた9寸の大黒柱は
Mさんご自身が立木から選んだスギですが
すっかり威厳を備えていました。

IMG_2012.jpg

設計の岸田 (旧姓 小関) ワールド満開のリビングには
双子ちゃんの成長の足跡が貼られています。

IMG_2023_20200106160227255.jpg

小学生の時に描いたという
お城の絵が素敵です・・・
その双子ちゃんも、今年の大学受験を控え
頑張っておられるようです

IMG_2014.jpg

使い込まれた杉のオリジナルキッチンが
いい味を出していました。

OBさん宅を訪問するたびに
当時のことが思い起こされ
まるで幼馴染に出会ったような
懐かしさを覚えます。

IMG_2043.jpg

話は変わりますが

今年の賀状に描いたものの・・・・・
笑われるのもほどほどに
そない強よならんでも
ええんちゃうのん

杉の威厳に圧倒されまくり






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

心が痛みます

月曜日の朝、
20年ほど前から協会の会員になっている会員さん(男性)が
訪ねてこられました。

「私、2,3日前に、民家さんに自転車と紙袋を置いてませんでしたか? 」

「・・・・・・・」

IMG_1992_20191223164656de5.jpg

自転車で12、3分くらいということもあり、
毎年、直接事務所まで来られ、年会費を収められるのですが・・・・・
ここ一年はお顔を見ることもなく、

今年の高知ツアーのお申込み電話をいただいたものの
ご高齢で少し足腰も弱っておられたので
参加者が多いこともありご遠慮いただいたのですが・・・・・

「○○さん、最近来られてませんよ」に

「こまったな、ボケてんやろか」と、自問自答のご様子
2,3日前に、電車で出かけたと話しておられ、
その時、駅前にでも置いて来たのでは?

「民家さんしかない、と思ってきたのに・・・」と、残念そうでした。

○○さん、民家の場所は覚えて下さってたんですね
急勾配の階段を杖をついて上がって来られたんですね
以前から、一人暮らしと伺っています


帰り際に
「また来年、高知ツアーよろしくお願いします ! 」

P1050417_201912231651000f9.jpg


ごめんなさい
いっとき、心が痛みそうです






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ












見えないところを見てみたい見学会

12月3日から
八尾市で木造二階建て(築45年)のリノベーションがスタートし
14日に解体後の見学会を行いました。

2階には殆ど手を付けず、1階の全ての間取りを変更し
住み心地と、暮らしやすさを追求したリノベです。

M-IMG_3538.jpg


皆さん熱心に解体前の図面と
変更後の模型を見ながら確認しています。
解体現場を見たいという思いは
リノベーションを計画中であれば猶更です。

壁の中はどうなってんの
柱をとったら
どんな補強をして、どう変えていくの、などなど

IMG_2001.jpg

現在、梁補強は一部を残して完了していました。

M-IMG_3537.jpg



外部はまだ美しいので今回は手をつけません。

M-IMG_3534.jpg



解体後床下のカビが多く、カビ臭がひどかったようですが
床下を均した後
防湿シートの上にワイヤーメッシュを敷き
上から生コンでシートを押さえます。
その結果
当日、カビ臭は無くなっていました。

IMG_2004.jpg

急勾配の階段も今回はそのままです。
ほとんど二階は使っていないことと
階段に手を付けると二階まで手をいれることになり
金額が嵩みます。

しないという選択肢も必要なのです。

線引きをどこでつけるかの決断も大切

お施主さんもご夫妻で参加いただき
国産材に決めたいきさつなど語っていただきました。
寒い中皆様ありがとうございました。

S様、ありがとうございました
引き続き完成見学会もよろしくお願いいたします。





※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ













柚子とレモンと月桂樹

7日土曜日に築20年のお宅訪問見学会をさせて頂きました。

20191115_102542.jpg

20年経過したと思えないほど上手に暮らしておられ
玄関前の柚子の木が一杯の実をつけていました。

IMG_3503.jpg

当時は床にヒノキ板を使っていて
完成後一度も手を加えていないという床板は光沢を放っていました。

IMG_3514.jpg
(ヒノキ・ソリッド加工 15ミリ厚)

1階の壁は全て珪藻土です。

IMG_3495.jpg

この日は低温床暖房と一般の床暖房の体感比べをして頂きました。
桧床板はスギと比較して傷もつきにくいのですが
寒い日には冷たく、足裏に応えます。

温度の高い床暖は短時間で床を温めますが
低温床暖はそのやわらかい暖かさが心地よく
体を癒してくれるようです。

帰りには、柚子のはちみつ漬けをご馳走になり
おまけに柚子をおねだりし、ちゃっかり頂いて帰りました。

日曜日は日曜日で、ご相談を受けお伺いしたお宅で
沢山のレモンと月桂樹を頂きました。

IMG_1994.jpg

「月桂樹(ローリェ)はシチューやカレーに良く使います」と言えば、
お施主さんからアドバイス
クリスマスリースに使い、乾燥したところで料理に使ったらいいですよ
なるほど
親子三代でお見送りいただき、嬉しかったです。
K様、住まいづくりにはエネルギーを要しますが
一緒に頑張りましょう。


そういえば先日打合せに伺ったお宅で
金時草(きんじそう)という紫色の菜っ葉を頂き
おひたしにして美味しく頂きました。

行く先々で珍しい食材をいただき
知らず知らずに庭先を見まわす癖が身に付いたようです。

庭先を荒らすのはイノシシばかりではありません。
お茶漬けの訪問日には
庭先はブルーシートをかけておくことを
お勧めいたします。

訪問見学会で気づいたことは
建物の良しあしはともかく、どう暮らしているかにあると結論付けました。

O様、ありがとうございました。
ご夫妻の阿吽の呼吸は絶妙です。






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ





へ~んしん、倉庫から住まいへ 完成です

「倉庫からへ~んしん」の家が完成し
見学会を開かせていただきました。

IMG_1943.jpg

建物の左1/3を倉庫に、右2/3を住居として

IMG_0673_20191128151028354.jpg

もとをただせば重量鉄骨・ブロック壁の
何の変哲もない倉庫でした。

正直、どう変化させられるか
楽しみでもあり、心配でもありました。

見学に来られた方に、まずbforeの写真を見せたところ
あまりの変化に皆さん「へぇ~」「ひェ~」 「えぇっ」 と驚きも様々に

かなりのインパクトがあったようです。

IMG_1939_20191128152452dcb.jpg

玄関を入れば゛土間になっています。
飾っても、座っても良しの低い棚が美しい

大きな窓は押し出し窓に

IMG_1935.jpg

どの窓もピクチャーウインドウに
残念ながらブルーシートとレッドコーンはいただけませんが

IMG_1945.jpg

今回は若手陶芸家として活躍する
川瀬理央さんとコラボのオープンハウスです

IMG_1950.jpg

IMG_1948.jpg

テーブルサンゴを見るような華麗で繊細な作品です

IMG_1959_20191128154042af1.jpg

若い男性の独り住まいとあって
バス、トイレ、洗面とシンプルに
深いブルーの清潔感溢れるタイルが素敵です

床はコルクタイルてす

IMG_1952.jpg

建物の真ん中にある木製格子窓は
壁にスッキリ引き込めます。
手創りならではの魅力です

IMG_1933.jpg

設計を担当した中津さんとしては、後々のメンテナンスを視野に
特に水道、電気関連の配管、配線に配慮したとのこと。
訪問頂いた方々から沢山の言葉をいただき
嬉しい限りでした。

お施主様のY様、川瀬様、ありがとうございました。
民家スタッフの諸君、がんばって良かったね。

ほっとしすぎるなよ







※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

壊すには勿体なくて・オリジナルキッチン

木枯らしかと思うほどの風が吹く日に・・・・・

IMG_1925.jpg

マンション改装のご相談を受け
現地に同行しました。

豊中で中古マンションを購入され、ヨガ教室を開設されます。

以前、外国で体感された無垢板の心地よさに憧れ

夢であったフローリングをスギ板に張り替え
教室に参加された生徒さんにも体験して欲しいという
願ってもないお申し出を頂きました。

IMG_1904.jpg

前に住まれていた方も、豊かに暮らしておられたようで
白いタイルのオリジナルキッチンが素敵です。

IMG_1916_20191121165408009.jpg

洗面台もキッチンに合わせて・・・・・
壊すには勿体なくて

IMG_1908.jpg

収納の扉も残したいくらいですが
これはワンフロアにする為、撤去します。

壁材の「そよかぜ」にも興味を持って頂いているようで
それも楽しみにされています。

現在もヨガ教室をされており、
若い方はもちろん、シニア向けのヨガもされるとか
早速、ヨガ体験と見学会コラボで
話は盛り上がりました。

マンション管理人さんも気さくで優しく
周りはいい人ばかりだそうです
羨ましいくらいの環境で
こちらも暖かくなりました。







※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

満腹ゆすはらツアー

11月9日~10日は恒例になっている
高知県ゆすはら(8回目)へのバスツアーを行いました。

好天に恵まれ、雲海に期待がもてるツアーとなりました。

片道5時間半の道のりで、
毎回「かわうその里」 (昨年でしたか、逃亡犯がツーリングで立ち寄ったという)で
昼食を済ませます。

土佐丼を見事完食 (完食の写真は、あまりにも見苦しく消去)

IMG_1860_201911121509011e2.jpg

ゆすはら森林組合の作業場も土曜日はお休みになっていますが
立木から木材になっていく作業工程の説明を
西村参事様から案内を受けました

IMG_1853.jpg

ちょっと内容を忘れましたが
参事さんがどう答えればいいのか・・・返答に困る場面も
それはチコちゃんに聞いた方が・・・

IMG_1864.jpg

今回のツアーは、旅程を変更し「高知の朝市」を取り入れたため
あたふたさせたのですが、
参事さん自らによる鮮やかな伐採技術を拝見させていただきました

IMG_1865.jpg

8回目にして一番いい写真が取れました

IMG_1868.jpg

樹齢50年のスギですが、
間伐の対象になるくらいですからいたってスリムです
それでも25メートルが伐倒される音はズシリと響きます

「下がって ! 」 に、お茶漬けさんの慌てようが滑稽だったようです

IMG_1870.jpg
(くまさんに叱られそうな写真写りです)

建築家・隈研吾氏による「雲の上の図書館」
これを見たさに参加された方も多かったようです

IMG_1879.jpg

内部は夕方4時にも関わらず
多くの方が寛いでいました。

IMG_1876.jpg

あちこちに色んな公共物は建ちますが
どこまで使いこなされているかが問われるところですが
短い時間でも、住民に愛されているのが伝わります。

IMG_1882.jpg

「かわい」集会所での交流会では
田舎皿鉢で毎回言うことなしのおもてなしを受けています

IMG_1883_20191112151000bc3.jpg

とれとれのカツオのたたきはもちろん
都会では食べられないような「イタドリ」や新鮮な野菜で満たされ

銘酒土佐鶴や司牡丹で
「箸けん」にも熱がこもります。

IMG_1885.jpg

かわいの民宿で爽やかな朝を迎えました
目の前に釣り鐘状のものが・・・・・と思いきや
なんと、五右衛門風呂やん

20191110_084423.jpg

大いなる期待の天狗高原の雲海は、大快晴に阻まれ
ひとかけらも出現せず
「どう言い訳したもんか・・・・」と悩むこともなく
「しゃあない、しゃあない」でお茶を濁し

P1120733.jpg
(2016年)
2016年のツアーでは見事な雲海が・・・
記憶をたどればやっぱり冷え込み方が違う
そういえば
今年は銀杏の木も紅葉していなかった

P1070023_20191112165504d00.jpg
(街の駅ゆすはらも隈研吾作です)

高知の朝市もいいけど
できればお世話になった「ゆすはら」に
外貨を落として帰ってください
に、皆さん両手に持ちきれないほどのお買い物を・・・・・

ありがとうございました
みなさんの優しさに感謝です。

IMG_1891.jpg

高知城の通りに面して開かれる朝市を
たっぷり2時間楽しみました

IMG_1893.jpg

「ひろめ市場」では藁焼きカツオを塩と柚子で食し
焼きサバ寿司、ウツボ、マンボウ、田舎寿司、焼き鳥、唐揚げ
ナン、クジラ、と6人で平らげ
隣のお客さんが「これ全部食べるの」と、目を見張るほど
それにしても、ひろめ市場は狭くて高かった。

歩いた距離も半端なく
みなさん帰りのバスはお昼寝モードに

お疲れさまでした。

ゆすはら森林組合の皆様
毎回ながら、ありがとうございました。
来年も凝りませずよろしくお願いいたします。







※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ








早い話が、へろへろ

例年のことながら
10月、11月はイベントが続きます。

27日は恒例の「森林の市」に出展していました。

IMG_1785.jpg

今年は作業的に少し楽かな、と
「かんな華」を選択したのですが・・・・・

IMG_1811.jpg

どう作るのか、やり方を教えるのにスタッフはてんてこ舞い

IMG_1800.jpg

機械で引いても引いてもかんな屑は無くなります

IMG_1794.jpg

「これがスギでヒノキで、これが能登ヒバですよ」と
いつもながら
中津さんの説明に皆さん聞き入ります
「森林の市」のために生まれたような人財です

IMG_1804.jpg

朝10時から午後3時半まで
ひっきりなしの
この状態が続きました。

今年の森林の市はお天気も上々で
3万人は軽く突破したのでは

IMG_1793.jpg

シカコロッケにも長蛇の列ができていました。
スタッフ分にと7個買ったら
後ろに並ぶ人に睨まれました

体力限界で終わりを待たずして
一足早く帰ったのですが

足元がヘロヘロ

おかげさまで爆睡できました
みなさまお疲れさまでした。

なかなか楽な仕事はなさそうです
後半のイベント用体力は貯めておきましょう






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ




ニッチにピッタリ

先日、お引渡しを終えたS様の奥様は
ご入居に際し、箪笥など思い切った断捨離をされたとお聞きました。

IMG_1703.jpg

さすがに収納スペースもしっかり考えておられたようで

IMG_1701.jpg

洗面室に設けたニッチには
4人家族の下着などが3つに分類されて
ピタリと収まっていました。

IMG_1695.jpg

寝室に設けられたご家族それぞれのクローゼットには
無印の収納BOXがピタリ
もう物は増やしません、と決意も新たにされたようです。

IMG_1652.jpg

ただ立派な座卓がまだ残っているようです
旦那様はこの小上がりの和室に・・・とお考えのようですが・・・・
奥様は難色を示すというより、はっきり言って「いや」

そこで忖度のつもりで
「捨てるのはいつでも捨てられますよ」と、言ったところ
旦那様は渡りに船と、乗っかったのですが・・・・・

「やめて~」の一言で撃沈

いらんこと言わんといたらよかった・・・

半年後くらいに訪問させてもらおかな
座卓の行方も気になるし





※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ