FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

森のギャラリー展・スタート

花冷えの日、ヤキモキする中で
新元号は「令和」と発表されました。

なんか
しっくりしませんが

1か月もすれば慣れるんでしょ

中国四国森林管理局で本日から4月14日まで開催の
「森のギャラリー展の」設置に行ってきました。


IMG_0703.jpg
(どこかルーブル美術館に似ている森林管理局 )

IMG_0678.jpg

(憧れの国産材の家、あきらめなくてよかった。。。)

先日、お引渡しをすませたH様邸の写真を展示

木族の記事も紹介しています。


IMG_0692.jpg

桜の通り抜けで有名な造幣局が
近くにあり、大川端は桜の名所でもあります


IMG_0699.jpg

管理局前の枝垂れ桜が気温が上がるのを
待ち構えているよう


IMG_0697.jpg

IMG_0702_20190401161408eaf.jpg

ユキヤナギが可憐な花を一杯つけて

寒い冬を耐えに耐え、
一斉に咲くのは梅だけではなさそうです


どの花もあっぱれ






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ







































































































































































































スポンサーサイト



ちんちん電車 & OB宅訪問

先日、チンチン電車で堺の街歩きと

14年前のOB宅訪問を行いました。


P1160341.jpg

浜寺の駅舎は、東京駅などを設計した

建築家・辰野金吾さんの設計です。


P1160343.jpg

現在、駅舎の修復中で、ギャラリーとして公開しています。

駅の東に位置するOB宅は

P1160332.jpg

新建材ゼロの家として

木と土と紙で創られたこだわりの住まいです。


P1160333.jpg

外壁は、壁厚16~21センチの土壁でシックイ仕上げです。

壁厚を厚くするには、関西の土では粘りがないため

名古屋の左官屋さんに土を運んでもらい

泊まり込みで施工してもらったことを思い出しました。



床は25ミリのスギ板を捨て貼りにし、

その上にヒノキの15ミリを張っています。

1階の床は無垢板に対応する低温床暖房を敷き込みました。


P1160328.jpg

内壁下地には、木小舞を打ち珪藻土で仕上げています

P1160329.jpg

階段はヒノキの30ミリ

P1160324.jpg

在来の浴室の壁板は15ミリ厚のヒノキ

床は十和田石を張っています。ぬめりが無く、美しい。

築後、どこにも手を入れていないのですが

どこを見ても14年を経過した木造住宅と

思えないほど美しく、参加者の感心を集めていました。


P1160348.jpg

昼食は駅近の「藹の孫」という創作和食のお店で

P1160380.jpg

午後はちんちん電車で移動です。

P1160384.jpg

ラッキーなことに、刃物のお店を覗いていたら

P1160387_2018050217224041c.jpg

刀鍛冶の職人さんに招かれ

作業場を見せていただくことに


間口は5m程ですが、奥行きの何と長いこと

P1160386.jpg

刀鍛冶の現場を見られるなんて !

ラッキーでしたが、

先に次の目的地に付かれた方には

すっかり待たせてしまい相済みませんでした。



久しぶりの楽しい街歩きで、充実した一日でした。


OBのN様、いつもこころよく訪問をご承諾いただき

ありがとうございました。









※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

杉丸太が「いらっしゃい」

平成4年に新築させていただいたOBさんから

屋根と外壁の塗替え依頼です。


P1160070.jpg

このお宅で圧倒的な存在を示すのは

玄関の吹き抜けにある杉丸太です


このインパクトで
訪問者を驚かせます。


築3年後に阪神淡路大震災に遭っているのですが

何の被害もなかったそうです

P1160071.jpg

座敷を中心にリビング・キッチン・洗面室と

回遊できることで暮らしやすく、歳を経て猶更そう感じると言われます


P1160078.jpg

当時は杉丸太を梁によく利用していました

P1160076.jpg

庭木の手入れは、一年一度、植木屋さんに頼むとか

26年という歳月はとてつもなく長いですが

久々の出会いで瞬時に戻るのは

同じ時代を生きたからでしょうか

とても不思議



帰りがけに一言

この吹き抜けの電気の球は

よう替えんわ


ごもっとも


反省
先を見据えた照明計画を








※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

離れた実家の管理は大変です

高知のサクラが6輪の花を付け

開花宣言です。

我が家のヴェランダでも

木瓜の花が3輪咲きました。


P1150964.jpg

関東在住の方が

ご両親が遺された神戸の家の

傷み具合を見て欲しいということで

同行しました。

1年に何度か神戸まで足を運び、管理されているようで

年に60日程しか使わないけれど

お父様が亡くなる前に

この家は残してほしいと言われたようです。


P1150972.jpg

築40年だそうですが、

大工さんの仕事がしっかりしていて

建物に大きな不具合はありませんでした。


P1150982.jpg

ただ小屋裏の換気口からスズメバチが入って

作りかけの巣が4か所ありました。

応急処置で、とりあえず換気口を

ガムテープでふさいだようです。



どちらにしても留守がちの家は

注意しないと何が起きるかわかりません。


P1150984.jpg

木製雨戸には下部にガラリが施してあり

随所にこだわりを感じます。


P1150988.jpg

松の床板には柿渋か漆か、

天然系の塗料が塗られ光沢を放っていました。


北面の外壁にダメージの大きな亀裂があり

近隣に迷惑が掛からない程度の

補修を依頼されました。


離れた地にある家の管理は

想像以上に大変ですが



家族が生きた証でもある住まいです

なんとか活かしてほしいものですね。







※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ


高知へ勉強しに行きました

高知の一級建築士さんの設計で

大阪で家を建てる方がおられ

見積書を出すに当たり

勉強のため、みんなで高知に行ってきました。


P1150639.jpg

明石海峡を渡る時は
晴れてたんですが・・・


P1150641.jpg

徳島道ではみぞれ交じりの雨で

P1150668.jpg

現場近くにある弥勒大明神は

「いびらの神様」じゃそうて


「いびら」とはイボのことだとか

腫瘍などにも御利益があるそうな


P1150669.jpg

興味のある方はお読みください

P1150672.jpg

素敵な外観で、外部の木は全てヒノキ
それにしても美しい


P1150678.jpg

玄関の納め方はここと似ています、に

即、反応するK監督でした。


P1150696.jpg

3軒目のお宅も
スッキリした外観で
随所に木へのこだわりがあるお住まいです。


P1150690.jpg

足の裏に心地よい
杉の浮造り階段


色々学びの多い見学を
させていただきました


P1150661.jpg

余談ですが

ところで昼食は現場近くの
昭和レトロな喫茶店で済ませたのですが


みなさん
かつおのタタキを期待していたようで・・・


大きな声では言えませんが
分かりやすい関西勢です。

さあ、2月末の提出に向けて
積算ガンバろ !







※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ



想像できない程の広い敷地で暮らすということ

11年前に建築士事務所民家で新築した

京丹後のお宅は

学校の跡地3000坪に建つお家です。


3000坪の想像がつかなくて

P1140888.jpg

速い話が、こんな感じです


P1140859.jpg

P1140855.jpg

P1140854.jpg

近づくと、ハト除けを取り付けていました


昨年の10年点検時に

外部の塗装と

サンデッキのやり替えを依頼されていました。

P1140867.jpg


P1140857.jpg

広い敷地に

東京タワー?

お孫ちゃん向けのアスレチックが

P1140860.jpg

大人も登れますよ・・・  遠慮しときます~

P1140871.jpg

家の周りには家庭菜園もされているのですが

鹿除けのネット費用も半端なく

P1140877.jpg


P1140882.jpg

これって漢方薬の 「サルの腰かけ」?


狭い敷地でせめぎ合うように暮らす

大阪人間には、刺激も想像も通り越してます


クマの姿も見かけることも

兎に角、夜7時過ぎたら外には出られません。

ということでした。

きれいに刈られた敷地は、

息子さんが草刈車でされたとか

ちょっと気を抜けば、手に負えなくなるようです


セキュリティーも万全にされていますが

広いって大変なこと







※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ











枝垂桜とパネル展示

毎年、サクラの時期に開かれる

近畿中国四国森林管理局(桜ノ宮)での

パネル展示ですが4/10からスタートし

4/21まで行われます。

P1130700_20170411095136295.jpg

だだし、土、日は警備員が不在の為、
中には入れませんので、念のため

P1130702_20170411095139e76.jpg

管理局の前のしだれ桜が見事です。

P1130697.jpg

今年は
「自然と暮らす家」をテーマにしました。

展示は、協会の機関誌「木族」や
パンフレット、イベント案内などてす。

ご自由に資料を
取っていただければ、うれしいです。

長年の展示で
イーゼルも若干くたびれてきたようです。

次回には新しいイーゼルを・・・






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

ヒノキの階段

20年前に新築された
    (施工=建築士事務所民家)

武庫之荘のお宅の点検に同行しました。

P1130596.jpg

外壁のスギ板は10年前に
塗り替えて、まだ美しいようですが

西側はやはり塗装が落ちているようで
紫外線の当たり具合で

かなり劣化の差があります

P1130589.jpg

20年一度も張り替えていないという
和紙クロスの変色はありましたが

お施主さんは気に止める様子がなく

クロスはそろそろ張り替えても・・・・・に

あまり気になりません、とのお返事でした。

気にする人と、気にならない人の差は
なんやろか

P1130590.jpg

リビングもほとんど当初と変わらず

ただ、
20年前には、さほど気にならなかった
4台の照明の位置と、ぶら下がりが
気にはなりました。

この時代は
床板もヒノキを使うことが多く

P1130594.jpg

階段も40ミリのヒノキ板が
多く使われました。

なかなか説得のある木ですが
杉に比べ、滑りやすいのが難点です

P1130592_2017031716071020b.jpg

一緒に床下点検もすることになっていたんですが

点検出来る場所に
お雛さんが鎮座し出来ません
改めて伺うことに

横に建て増した納戸の土台に
蟻害がみられ

この際
一緒に見積もりを提示することに







※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

懐かしの台形集成材

リフォームのご相談に伺ったお宅で

ヒノキ台形集成材の床板が張られていました。

P1130454.jpg

関西にはヒノキ好きな人が多く

国産材の運動を始めた30年前は

この台形集成の床板の無塗装品をよく利用しました。

小径木(間伐材)を活用することもありますが

ヒノキ丸太で柱などの角材を取り、

残った外周部の丸みのある部分を

「背板」や「耳」とも言いますが

その背板で台形型の板材を加工し

積層にして床板の厚みにカットしたものです。

丈夫で反りや曲りが出ることもなく

完成度の高い板材として

重宝しました。


その後、乱尺の板を立てに継ぎ、

2mの定尺(ソリッド)にしたヒノキ板もよく使いました。

現在は、スギ板を張ることをお勧めしています。


その時代時代で

使うものも違ってきますが

体感するほどにスギ板に惚れ込んでいます

一時はスギ板一途で、参りたいと思います。







※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

どんぐり保育園のウッドデッキ

随分むかしに
ヒノキ板を張ったことがある

どんぐり保育園さん(東大阪市)で

ウッドデッキのやり替え工事を行いました。

大阪府補助事業
「木のぬくもり推進事業」として
ただし
大阪の木を使うことが条件です

今回は
河内長野のヒノキ材を使いました。

P2193182.jpg

小さな子供さんへの対応ということもあって
ビスの周りの小さなささくれも
一つずつ均しています

P1120251_20170228140028a89.jpg
(before)

P2193197.jpg

終わったころには
すっかり陽も陰っていました。

あとは
見積もり書通りの施工が行われているか
施工不備はないか
など、検査を受けて
ようやく完了です。

助成金を受けようとすれば
これだけの工事でさえ
煩雑な申請や書類のチェック
施工チェックを
求められるのですが・・・・・・・

豊中の幼稚園の
杜撰さかげんは

どゆこっちゃろか
















※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

洲本に国産材の家を

どうゆう訳か
淡路島の方からのご相談が続き
日曜日に洲本にお伺いしました。

P1120354.jpg

朝8時出発
所用時間1時間30分
この景色も見慣れてきました

P1120345.jpg

途中で10数台のバイクツーリングと並走
ご高齢とお見受けしましたが
何とも楽しそうで、ついついシャッターを

お話は
現在田圃の土地を、
農地転換した上で購入されるようです

ハウスメーカーさんも訪ねられたようですが
国産材住宅の内容を聞かせて欲しいとのこと
2時間たっぷりお話させていただき

百聞は一見にしかずで
棟上げ後の構造を
見ていただくことになりました。

P1120369.jpg

帰りに
購入予定の土地(150坪)を拝見
黄金色の稲穂が収穫を待っていました。

P1120373.jpg

水の張った田圃にピンクの花か
と、思いきや

P1120372.jpg

居ましたジャンボタニシ(外来種)
ひところ食用で飼っていたものが
うまくいかず
捨てたものが繁殖し、問題になっているようです。

P1120366.jpg


もう一軒の
平屋計画の現場へも
お施主さんが気にされている
川の位置関係も確認し

「働いた~」感バッチリで
帰阪しました。
もちろん
昼食は「ジャンボとんかつ」です






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ











見た?  ハザードマップ

洲本で平屋を計画中のY様から
連絡が入りました。

P1110693_20160906155523b8e.jpg


「市のハザードマップを見れば
家の近くを流れる川に関しては
安全地域に入っているので
まさかとは思うのですが

最近の豪雨を考えれば
どうしたものかと、不安を覚えます。」

ということでした。

とりあえず避難場所として
ロフト(脱出可能)を、提案させていただくことにしました。

そういえば
一週間前の打ち合わせ時に
昔ながらの竹小舞を編んだ土壁にしてほしいと
お聞きしたばかりです。

もはや住宅計画は
耐震、断熱、防犯にとどまらず
洪水対策も不可欠になりそうです。

それにしても
施工費が嵩みそうで
それが気がかり

P1120249.jpg

この靴は、避難用ではありません。



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ












ちょびっと熊野古道

バスツアーで旧中筋家(重要文化財)を訪ねたのですが
中筋家の門にたどり着くまでに

P1110191.jpg

保育園状態のお地蔵さんを見つけました
みんなお揃いのヨダレかけをして

P1110190.jpg

この道が熊野古道だと看板に教えられ

P1110288.jpg

道すがら崩れそうで崩れなさげな石垣を見つけ
熊本城の穴太積みを思い出しました。
へんに手をくわえず
石は石なりに積み上げた方が強くて美しい

P1110199.jpg

長~い長屋門を通り

P1110203.jpg

漸く玄関です

P1110196.jpg

門にはツバメの巣
親ツバメがせっせと青虫を運んでました。

P1110204.jpg

門前の用水路にヤゴから今、羽化したばっかりのトンボがいる
と参加者がはしゃぎます。

P1110208.jpg

大庄屋さんとあって、玄関が二つ、
右側の妻入りの玄関は、大名などの関係者を受け入れたとか
左側の平入りの玄関はその他一般的に使われていたようです。

座敷に上がるまでに小休止です



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

かろうじて軽トラ

阿倍野の敷地調査の現場は
前面道路は2mあるのですが

P1110149.jpg

そこに行くまでの道路幅は1.7mしかなく
軽トラが何とか通れそうです。

P1110153_20160527170306e82.jpg

奥は行き止まりで神社の階段になってます。
本来なら道路の中心から2m下がって(セットバック)
家を建てないといけないのですが、
比較的に新しい建物も2mさがっていません。

恐らく完成検査を受けた後で、
塀などの外構工事をしたのでしょう。
ネズミとイタチの追っかけっこさながらに
4m道路は永遠に望めません。

完成検査後の検査が必要では
なんせ道路なんやから

P1110159.jpg

降雨時でもOKなママチャリは
お施主さん愛用の
無敵の子育てチャリ
これなら1メートル道路も楽勝です



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ


シロアリの薬で住めない家に

北摂にお住まいの方からご相談です
築20年のお宅でシロアリの羽化が見られ
シロアリ駆除をしたところ
4人家族の内3人が体調を崩し、
その家に入ることもできず、
現在はマンションで生活されているようです。

ところがそのマンションも
新建材で覆われているため、依然として体調が良くないようで
出来るだけ早い時期に建て替えたいということでした。

問題はご家族の内ご主人だけ体調に変化がないため
そこまでしなくてもという思いがあるようです。
健康な人にとっては大袈裟にも感じ
なかなか理解するのは難しいようです

P1100490_20151008103933601.jpg

リノベーションの現場で蟻害にあった土台(外材)です

P1090551.jpg

真ん中の斜め棒状の木は節です
おそらく柔らかい個所を食べたのでしょう
大工さんに聞けば米松やということですが
古い家の米松の梁がシロアリにやられているのを時々見かけます。
強度があるということで米松の梁が多用されていますが
シロアリに対しては注意を要します。

以前新築したお施主さんが、松梁を使うことを嫌い
梁にヒノキを使ったことがありました

一度過敏症になれば、建材の何に反応するか
一つ一つ調べて選択する必要があります
また、土壌にも駆除剤を散布しているので
土を漉き取り、入れ替える作業を要します。

羽蟻が一度飛んだからと言って、
慌てて駆除剤を散布するのは危険です
よりベターな方法を相談して
できるだけ体にリスクの少ない方法を選択してください

協会で国産材を進めているのは、日本の山を守ることだけではなく
蒸し暑い関西で、家を1〇〇年保つ為には、
シロアリや腐朽菌(木材を腐らせる)に強い、
日本の山で育った木を使いましょう、ということです

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

「ちびっこ棟上げ体験」に未来の大工さん

4日に恒例「森林の市」が開かれました

P1090528_201510051721357f9.jpg

今年はセレモニーが行われ
「ミス日本みどりの女神」さんのご光臨を仰ぎました
引き立て役の理事さんがズラリと揃い、一層女神は光を放ったのであります。
どうゆう訳か愛媛のみきゃん君も花を添えて・・・

P1090534.jpg

国産材住宅は今年も「ちびっこ棟上げ体験」で頑張りました
この構造部材の元はなかなか取れそうにありません
ここ当分は続きそうです

P1090532-M.jpg


大工さんになりたいというチビちゃんは繰り返し順番を待ち、
釘打ちにチャレンジしていました
パパママはわが子の雄姿に感嘆の声をあげ
シャッターチャンスに夢中です

P1090538-M.jpg
(かんにん前から撮ってしもた)

もはやこの市の目玉に位置づけされそうな
餅まきは、どこから湧いたかと思える程の賑わいです

P1090536_20151005173245dc5.jpg

工作のコーナーも引きを切らず満員です

P1090535.jpg

小学5,6年生の男の子が、阪神タイガースのプレートを、
なかなかの出来栄えですが
肝心の阪神さんは
その日は広島に負けて、4位転落の瀬戸際です

ジビエを捜して会場を歩いていたら
猟銃会の展示ブースに出くわし

P1090524.jpg

構え方のリサーチまで受け、写真まで撮っていただいて・・・・・
こんなことでいいのでしょうか、あかんやろ
オバマさんに叱られそうです

P1090525.jpg

ボランティアの民家のみなさまお疲れさんでした

阪神いいかげんにしなはれ!



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

両親の家から受け継ぐもの

北摂でリフォームを計画しておられたのですが
色々考えて取り壊し新築をしたい
というご相談で伺いました。


土地を色々探されたようですが、
なかなか見つからず
ご両親が棲んでいる家を取り壊し
2世帯住宅を計画されています。

P1090506.jpg

キッチンとユニットバスを2年前に入れ替えたそうで
出来ればそれを使いたいということでした。

P1090514.jpg

キッチンは十分使えますが、ユニットバスは浴槽など
上手に解体できればいいのですか・・・・・、解体時に
キズなどつく恐れもあり不安が残ります

P1090515.jpg

長年生活された住まいでもあり
それぞれに愛着があります。

P1090519.jpg

床柱の絞り丸太や

P1090520_20151003181429df1.jpg

階段手すりの親子柱も思い入れがあるようです
そのまま同じ個所に使うのは難しいですが
どこかに使いたいものです

ご両親の想いも一緒に受け繋げたら嬉しいですね
いい提案が出来るよう頑張りましょ!



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ







思っている以上の事をしてもらった

「とくに職人さんには思っている以上のことをしてもらいました。」
こんなことをお施主さんに言われたら
職人冥利に尽きるというものです。

P1090479_20150929094702cbf.jpg
(天板の設置のみを大工さんにしてもらった、自作の洗面台)

お気に入りの陶器の洗面ボールの背がたかくて
雑誌で見つけた水栓の台(7cm)を頼んだのですが
木でしない方が良い、ということで
ふつうの水栓にするしかないと、諦めていたところ
黙ってつくって手渡してくれたそうです

たったそれだけのことですが
ほんとうに欲しいものはことの大小では表せません
技術以上の感動や感激を与えるのは
ちょっとした親切と思いやりです

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ






棲み継いでいただく方に譲りたい

本日、築40年のリフォーム見学会です

10年前に
築30年の中古住宅を購入し
段階を追ってリフォームをされ、
大学でデザインを学ばれたこともあって
2、3回のプチリフォームを楽しまれました

P1090141_20150926091821e37.jpg


今回もう一軒の家に転宅することが決まり
手放す前に、皆様に見ていただけたら
という嬉しいお申し出をいただき
早速、見学会をさせていただくことに

P1090146_20150926091857e63.jpg

ここを気に入った方に買っていただきたい
出来ることなら、数年は取り壊さずに
暮らして欲しいと願っておられます
愛情をかけたからこその願いです

P1090140_201509260918198bd.jpg


今日の見学会で
いい出会いがあればいいですね

南海高野線の「しらさぎ」駅、1時半の待ち合わせです
ご注意
堺はお祭りで混雑するため
当初「中百舌鳥」駅を「しらさぎ」に変更しています

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

あの家は今

10年点検に同行して、
神戸のお宅を訪問しました。

01higuchi020 樋口邸リビング
(完成時の写真)
土壁貫工法のお住いです、ご家族に加え、構造見学会で
土壁の塗り体験をさせていただいたことを思い出します。

樋口邸
(杉の手造りキッチンです)
手づくりキッチンは
少し歪はでていましたが、使いこなしておられます。

P1090326.jpg

屋根緑化の芝生は枯れていますが、
セダムは青々とし、鳥が運んできた草花が紫色の花をつけていました
今でも花火見物はここでされているようです。

P1090334.jpg

仕切の板金が土に押され傾き、補修が必要です。
外壁の板の塗装が褪色し、そろそろ塗替えの時期です

P1090324.jpg

2階の簀子状のヴェランダは、
褪色しているものの腐れなどは起きていませんでした
これも軒の出を深くとっていたお蔭でしょう

P1090321.jpg

雨がかりのデッキは、
庇を新設して造り替えることになりました

樋口邸 子供手形

玄関に残っている手形は、完成時のお孫ちゃんのもの
現在、小学5年生とか

ご家族もお住まいも熟成されています
メンテナンスでどこまで一新するか楽しみでもあります



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ