FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

つばめの巣  その2

前回、お引渡しのころには雛も孵って、
などと楽しく語ったのですが・・・・・

あかん、あかん、

考えてみれば外壁の仕上げは「そとん壁」(火山灰の塗り壁)

鳥の巣のある土間はフン害もかなり酷いようです。

かといって巣を払うのも惨酷で、
そんな勇気はありません。

せめて白い壁にはひっかけないように願うのみです

P1170830.jpg

P1110928_20140418175929e96.jpg
(よそで見かけたつばめの巣)

なかなか都会では見られない「つばめの巣」ですが
喜んでばかりもおられんようで

心配じゃ、心配じゃ
スポンサーサイト

つばめの巣

5月1日のお引渡しをめざし
工事の進んでいる川西のリノベーション現場へ・・・

大阪市内と比較し気温が若干低めです
さくら吹雪きが美しい

現場はクロス工事の下準備が済んでいました

ビスを打ち込み窪んだ穴に、パテ処理がされています。

P1050692.jpg

梯子は外され、固定階段に付け替えます

P1050690.jpg

1階の壁は「そよかぜ」の仕上げです
やっぱりクロスとは違う質感です

P1050693.jpg

クロス工事のための内部足場も取り付けられて

P1050694.jpg

玄関ポーチの上につばめの巣が3つ出来ていました。

家の周りを8羽ほどのツバメが飛び交っています

P1050695.jpg

目を凝らしてみれば土と藁を丸めたようなあとがあり

まさにツバメが造った土壁です

小さな雛がピーチく鳴くころには
お引越しも終わっていることでしょう

ヒノキ板を再利用するの巻

もったいないので

今の店舗で、天井に張っているヒノキボードを

現在リノベーション中の洗面の床板や、
ロフトの床に再利用することにしました。

既存の剥がしはお施主さんがされました

P1050622.jpg

600mm角程度の大きさですが、
裏にはクッション材が貼ってあります
天井に使っていたので、見た目も美しいです

P1050614.jpg

今日は、無口な兄弟大工にハンサムな息子さんが加わり
心なしか穏やかな雰囲気です

P1050620.jpg

大壁(柱が表の出ない)のため、
ほとんどが石膏ボード下地で覆われています。

P1050613.jpg

リフォーム前の名残は
丸太の梁が少し顔をのぞかせている程度で

この上は子供たちの大好きなロフトになります
この調子だと
あと大工工事は1週間ほどかかりそうです

P1050623.jpg

阪急宝塚沿線(庄内付近)のさくらは満開でした

それはそうと、
「さくら」の開花は、大阪より東京の方が早いってご存じでした?

二組の大工のコラボで

川西のリノベーション現場で
2組の大工さんが1階と2階に分かれで造作中です

P1050475.jpg

シャイで無口な兄弟大工組は、
1階の間仕切りや断熱材工事をしていました

こども発達現場

サッシやさんが玄関脇の上部にある窓を取り付けました
一つの窓がどれだけの明るさを取り込むか
上の写真と比較してご覧ください。

P1050484.jpg

二階は天井が高いため、ゆったりしたロフトが確保できています。

P1050486.jpg

二階は兄弟大工とは対照的なT大工組です。
話し好きでなかなの情報通です。
 
P1050485.jpg

違う組の大工さんがコラボするのを
嫌がる大工さんもいるのですが

職人さんの手が足らない昨今です
状況を見て、適切な判断でコラボすることで、
仕事の効率を計ることはとても大切です

お弁当タイムがコミュニケーションタイムとなり
お互いの情報交換や
施工の問題点など語り合っているようです

横で聞いていても、
教えられることの多い会話ばかり
大分慣れてこられたのか
兄弟大工さんの口数が心なしか増えた模様

お互いが助け合い、いい関係になることを心から願います