FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

冬が来る前に・断熱リノベ

断熱・耐震リノベーションの現場が
11月末のお引渡しを目指して頑張っています。
P1060601_20141121112628d3c.jpg
(before)

P1070142.jpg
(after)

P1070135.jpg

二階の床板を増し張りしたので、
本日、建具屋さんが入り
既存ドアの調整を行っていました。

外気は少し冷え込みがキツクなっていたのですが、
心なしか室内は暖かさを感じます。

「部屋の中、少し暖かく感じませんか」
作業中の職人さんに同意を求めて聞きました

「そう言えば、そんな感じがしますね」と
嬉しい反応が返りました。

想いが膨らみ、
3か月をかけての大改修になりました
冬の寒さも大変ですが
夏の西日が半端なく厳しいようで、
そのためのリノベーションと言っても過言ではありません

建て替えた方が良かったんじゃないの
というご意見もあるようですが
戻ってくるのを心待ちにしておられる
お母様のために、を
第一に考えてのリノベーションでもありました。

P1070139.jpg

ところで前回「紫式部」と紹介した大好きなお花ですが
「ホトトギス」でした
葉裏にいた毛虫ちゃんも冬支度でサナギになって、
どっかにぶら下がったはるんでしょうか

大好きもええ加減なもんです


スポンサーサイト



現場に咲いた紫式部

猪名川の現場は

夏の厳しい暑さ対策に
内部からの断熱工事に加え、
外壁の遮熱・断熱と2重3重の工事を続行中です。

P1060925.jpg

何やらキッチン前で
設計、監督、大工さんの3者打ち合わせが行われていました
タイル割を巡って懸念されることを
それぞれが確認し合っているようです

P1060914.jpg

ユニットバスの入れ替えも完了

P1060927.jpg

手入れの行き届いたお庭が工事の為、若干ざわついているようです
大好きな紫式部の花が咲いていました

P1060928.jpg
(左の葉裏に黄色いトゲトゲの毛虫)

うん、葉の裏に大きな毛虫!!!

P1060926.jpg

足場が外れるには
後1か月ほどはかかりそうです
監督さん、お庭の水やりもお忘れなく

モコモコな断熱

猪名川町の現場は

ただいまアイシネン(断熱工事)吹付けまっ最中でした

RIMG0031.jpg

イソシアネート(硬質ウレタンフォーム)と水とレジン(樹脂)を現場で
調合し吹付けます。
断熱工事は施工密度が命です
少しでも隙間があればそこから外気が流入し、
断熱機能は低下し、結露なども引き起こします
発泡にフロンガスを使わないのもよし
特にリフォームなどにはうってつけの工法と言えます。

P1060731.jpg

ここは大阪市内とは10度の温度差がある地域です
敷地の立地条件が良すぎて
とくに夏の西日に悩まされておられます

P1060726.jpg

これだけ気密性をアップすれば
どれだけの効果が得られるか
1年間の温度・湿度計で立証
チャレンジ中

来年の夏まで待ってね

スッキリ、内部解体

9月Ⅰ日から始まっている猪名川町の内部解体は

P1060690.jpg

10日目にしてようやく落ち着いたようです

P1060663.jpg

一応、断熱材は入っていたようですが、
断熱性能を上げるため、アイシネン(発泡充填断熱)を施工します

P1060668.jpg

浴室横の窪んだ部分は、収納スペースとして・・・・

P1060689.jpg

大工さんが解体すればやっぱり美しい
本日、サッシ搬入です
全ての窓は樹脂サッシになります

P1060682.jpg

二階のサッシは枠との間にかなりの隙間が・・・
これでは断熱は何の役にも立ちません。

P1060667.jpg

お風呂も解体後が思っていた以上に綺麗でした

シロアリの被害もなく一安心

P1060661_20140911175954c5d.jpg

大工さんは無口なM組です、
ハンサムな息子さんも加わってトリオでやってます。

温熱環境がどう変わるか楽しみな現場です

お清め儀式  for リノベーション

9月1日から始まる猪名川町のリノベーションのお宅で
本日、着工前のお清めの儀式を執り行うということで
設計のHさんと出かけたんですが・・・・・・・

空港線閉鎖、御堂筋線大渋滞で
行くとこ行くとこ大渋滞で
ナビはまっかっかの点滅状態です
30分も遅れて到着したのですが・・・・・

P1060601.jpg

お施主さんのご配慮で、お待ちいただきました。
祭事を執り行われるのは、多田神社の宮司さん
築20年、ご両親が建てられたお住まいです

地鎮祭と同じような手順で、屋敷の気になる箇所を隅々まで
ほんとうに丁寧な「お清め」を行っていただきました。

清々しい空気が流れたようです

P1060602.jpg

ツユクサに似た可憐な花が一輪、微笑みかけているようです

西南の角に位置するため、陽当りが良すぎて
夏は厳しい暑さで、冬は耐えがたい寒さのようです
今回は
断熱と耐震を主眼にし、3か月をかけてのリノベーションです

温・湿度計をセットし、ビフォー・アフターを計測します。
画期的な温度変化を期待しての取り組みですが
どう変わるか今からドキドキしています