FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

水道やさん、かっこいいね。

築80年の二階建て住宅、

水道メーターの検針で、使っていない筈のメーターが回っていることを

指摘されました。何軒かの水道やさんに漏水箇所を探してもらったのですが

見つからず、元栓を開けたり締めたりの毎日。



台所のリフォームと屋根の葺き替えを依頼され、

同時に水漏れの原因究明に出かけました。


台所をめくり、給水管を台所、風呂、便所と区分けし、検査をした結果、

トイレからの漏水が判明しました。

ただいま点検中!

「見つかったんですね」お施主さんの弾んだ声

水道屋の神庭さんが、格好良く見えた瞬間です。


普段はそうでもありません。
スポンサーサイト

一年点検 イン 京丹後

早いもので京丹後のお家が1年を経過し、建物のチェックに伺いました。
京丹後1
1年前のこと、現場の土を採取し地鎮祭を神社で行うことになっていたのですが、

当日は大雪で、現場に積もった1メートルの雪を掻き分け掻き分け、

やっとのことでコップ1杯の土を運んだことを思い出しました。

雪の降ることが想定されたにもかかわらず、長靴もシャベルも用意されていない

状態に、担当者を叱ったこともあったような・・・・・。 

    アクシデントが多いのも建築現場です。

    それだけに気配り目配りが要求されます。


かなり大きな部材寸法の木材を使用しているため、

梁などに割れが入っているかと思いきや、ヒビや割れも殆ど無くて

乾燥が安定していたことが伺われました。


自然素材を使っていれば、大抵の住まいは建具調整が必要になります。

差し鴨居(構造材として上部の荷重を支える為、成の高い材が使用)

ということもあり、3箇所ほど開けにくくなってました。

また、一年使ってみて、業務用のシンクが深いため洗い桶が低く

腰に負担がかかるため、検討することになりました。
京丹後2
特に業務用などの場合、実際に当たってみる必要があると痛感しました。



二階に上がれば、家の中に家がありました。
おうちのなかのおうち
クリスマスを前に、お孫さんのために手づくりのダンボールハウスが建っていました。

愛情という見えない断熱材に包まれて、あったかそう。

                  お 見 事 !