FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

明石の住い  お引渡しです

明石のお家のお引渡しがありました。


外構工事はまだこれからですが、


「この日をどれだけ待ったことか」

とお施主さんに言っていただき、


お引渡し日に、お引越しになりました。
P1050845.jpg


木製建具が一般の住宅より2倍近くあります。

造り付け家具が多く、

その引き違い戸の建具もあるからですが、

全て、兵庫県の杉を使った手づくりです。
P1050844.jpg


雨戸の戸袋までヒノキの手づくりです。


内部の殆どは左官工事で

シラス(火山灰)の刷毛引き仕上げです。

何とも

やさしい表情の仕上がりでした。


この住いは、ルーラル工房の岸田さんの設計です。

彼女は

どこかにコルクを使っていますが、
P1050842.jpg
P1050843.jpg


今回は、洗面室の床と、

浴室の床には炭化コルク(使った方から好評の)

を使っています。


石油の高騰でコルクの輸送が

ストップしているとか。(床暖房さんの情報)


すべてに

秋風が沁みそうです。





スポンサーサイト

明石の現場・仕上げ真っ盛り


24日の見学会を前にして

明石の現場は完成に向けての


仕上げ工事にとりかかっています。


足場が外され


漸くその外観を現しました。

P1050575.jpg

内部は、トイレ、洗面などの機器類の


取り付け工事と


木製建具の取り付け待ち状態です。


浴室はタイルやさんが施工中


真っ白の250?タイルと

床に貼るこげ茶色のコルクタイルが


真っ白の浴槽とタイルを


際立たせています。

P1050569.jpg

コルクタイルは足ざわりが暖かで


なかなかの人気商品です。


色を懸念される方もいますが、


目地をさわやかな色使いに


工夫すれば


グッとモダンに変身です。


一色だけを見れば


暗いのですが、


持ってくる色で引き立てあいます。


人も又こうありたいもんですね。







ただいま現場はサウナ風呂




8月20日の完成を目指し、

明石の現場が進んでいます。


塗装やさんが二人、

イナバウア状態に体をそらせて


外壁の吹きつけ塗装の為、養生テープを張っていました。


軒裏や破風板などの木部や、サッシなど

吹きつけ塗料がかからないよう、

何事も下準備が肝心。


開口部を封印され

内部は、まさにサウナ状態です。


大型の扇風機が2台、

汗を飛ばさん勢いでブンブン回っています。


「アァ?、のど乾いたなぁ?」

このタイミングを外すのは、ちと勇気が要ります。


結果、

ポカリスエットとアイスを差し入れることに



今日は、逃ゲラレンカッタ。



二、三日来たら痩せまっせ?、だと。