FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

みやざき「おび杉セミナー」

大阪の木材関連と設計・施工会社へのPRのために行なわれた、
みやざき「おび杉セミナー」での有馬孝禮先生の基調講演を伺った。


建築業界に定着している「杉は弱い」を
「杉がいかに強いか」に覆す説得ある講演内容だった。

杉の持つ耐久性、耐蟻性に加え

梁には米松、が関西の建築業界では一般常識とされているが、
E110(たわみにくさを表す数字)の米松と、
E90の杉では曲げ、圧縮、引張とも強度的に変わらない等
具体的な数字を示し説明。


学校にみるインフルエンザの学級閉鎖率として

鉄筋コンクリート校舎・・・・・22.8%

木造校舎・・・・・10.8%

内装のみ板張り・・・・・12.9%

考察

空気が乾燥すればホコリにも水分がなくなり
風のウィルスと共に空中に舞うが、

調湿性能のある木部から出た水分がホコリを潤すため
舞うことが少ない。

             

考えさせられたのは(宮崎県森林組合連合会より)

山では・・・・・

「おでん」の大根を食べていても、
1年で30万円になる大根の価格と
50年かかって育てる杉が1万にしかならない
理不尽さに嘆かざるを得ないという。

関西は値段にシビアなところですが、
少しは、山のことも考えてお手柔らかに・・・と
訴えておられたのが、印象的だった。


こんな状態が、山を守る人を年々減らす結果につながる。


兎に角、今は杉を使うこと。





スポンサーサイト