FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

ハートにメンテナンスを

メンテナンスの電話がかかれば、一刻も早くと思うが、

建築士事務所民家には、思いがけないメンテナンス依頼がある。


「こうもりが壁の間に落ちたようで捕って」

「何かが天井を走っているので、見に来てください」

「ハチが巣をつくりかけている追っ払って」

こんな連絡が入ると・・・・・、

現場監督がおっとり刀で捕獲作戦に乗り出す。


完了後、お施主さんの「ありがとう」がすべてを癒やす。


ところが・・・

「さっきまで点いていた電気が消えたから見に来て欲しい」

??????????

さっきまで点いていたのなら球切れじゃないの、と思うんですが・・・

願わくば電話の前に、自分でできる点検(高齢者でない限りですが)は、やっていただきたいのです。


電球は消耗品ですから、運が悪ければ半年で切れる(ごめんなさい)こともあるのです。



駆けつけた電気屋さんから「やっぱり球切れでした」との報告があった。


トホホホホホ・・

スポンサーサイト