FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

うっとこは大丈夫、と思っているあなたに

実はそう思ってました。ところがです、、、、

空き巣にやられました。


 10階建ての9階に住んでいます。(オートロック)

夕方帰宅したところロビーが何やら騒がしい。

いやな予感に、9階に上がれば「盗難事件です」と警官が伝える。


「へぇ、そうですか」と鍵を開けようとすれば、

「入らないでください。お宅もやられてます」。


ウン、なに? と見れば、消した筈の電気は煌々とし、玄関の施錠は外されていた。

聞けば、真ん中のお宅の面格子を外し、窓をピッキングし、
   
ヴェランダに出て、両方の界壁を蹴破り両隣に侵入し、掃き出しのサッシを割り、

3軒共、荒らした模様。
空き巣にご用心? 空き巣にご用心?

なんという手際、なんという効率。

防犯カメラは4人の背広姿を捉えていた。

犯行時間は午後5時45分?6時40分、

サラリーマン風が帰宅しても怪しまれない時間帯だ。


居住者が帰宅するかしないか、ギリギリの時間を狙っての犯行だった。

よほど周到な下調べをしたのだろう。


全ての部屋が引っ掻き回され、その上、鑑識さんがサッシや箪笥の取っ手など

指紋の想定箇所にアルミの粉末をふりかける。


緊張感あふれる現場に立会い、一部始終を拝見しましたが・・・、


現金の被害はないものの、OL時代の思い出の品々がゴッソリ消えていました。


出くわさなかったのが不幸中の幸いでしたが、


部屋の片づけが出来ていないことが、近隣に露呈しました。


シュン。

これで、整理をし、捨てる決心がついた次第です。


それにしても簡単に外れる面格子の働きは無いに等しい。

防犯として面格子を謳いこむのであれば、決して外れないものでなければならん。


高齢化は進むばかり、早よなんとかせなあかん。
スポンサーサイト

行ってきました「ぶらぶら歩記と見学会」

申し込みが殺到し、どうなるかと思ったバスツアーは

参加者総勢37名となりました。

伊丹?
岡田家酒蔵ではボランティア2名の方が待機、「えらい多いなぁ」の

つぶやきで、2班に分かれての説明とあいなりました。

雑貨商を営んでいたという旧石橋家は、大店を彷彿とする造りで、

往時の匠の工夫と技が随所に見られ、改めて先人の知恵の深さに感銘しました。

伊丹? 
開口部に施された工夫

伊丹?
階段に取り付けられたスライド形式の仕切り戸(水平)

伊丹?
防火のために竪格子を土で塗りこめる虫籠窓(むしこまど)には、

町民が身分の高い武士などを上から見下ろしてはいけないという配慮もあったそうで、

ヴェランダなんぞは、即、打ち首でしょうなぁ。よかったぁ今の時代で。



「関西人は食い物にうるさい」とは定評です。
伊丹?
白雪「長寿蔵」でのベルギー料理、果たして吉とでるか凶と出るかヒヤヒヤもんでした。
正直、このコースが1500円とは安い、感動でした。

あまりの旨さに写真を撮り忘れた次第です。


途中下車の人も出るかと思いきや、全員、岡町の現場に雪崩れ込みました。

男性スタッフ全員が緊張しまくって待機していたのが、なんとも新鮮でした。
DSCF0278.jpg

皆様から頂戴いたしましたアンケートの言葉を励みとして

明日のセミナーも頑張ります。



 見学会の終了後、お施主さんのT様ご家族が現場に来られ、

お菓子の差し入れまで頂戴しました。   



何ていい日なんだろう!!     みなさまに感謝します。

姪の嫁入り

35歳の独身者は男女とも過半数を占め、年々結婚年齢が上がっているらしい。


 
 念願の姪の結婚式に参列しました。

なかなかシンプルで実のある式でした。

嫁入り
親戚、友人知人と70名の披露宴でしたが、

形だけの仲人さんもなし、あふれるほどの過剰な飾りつけもなく、

ゴンドラもドライアイスの煙もありません。

高くも低くも無いウェディングケーキ、

ホテルはお料理に力を入れているらしく、食いしん坊には至福の時、

料理も赤ワインもなかなかのものでした。


どのテーブルに新郎、新婦のどんなつながりの人が座っているか、

一目で分かる冊子がそれぞれの手元に用意されていました。

どうやら姪の手製だとか、これには重宝しました。


新郎も30代半ばとか、味のある大人の式でした。

それにしても親、姉妹、伯母など近しい人は留袖を着るもんだと

着付け教室でも厳しく格付けされていたけど、

もう少し柔軟な対応にならんもんやろか。


結局のところ、服にしたんですがね。(なんのこっちゃ)



娘を嫁がす父親の心境は察して余るものがあり、

弟となれば尚更で、大泣きしないかと気がかりな結婚式でした。

最後のご挨拶の後で、新婦が両親に贈ったのは

新婦と同じ年齢のワインでした。粋な演出でした。


まずは、めでたしめでたし。

職人日和

建築やにとってはお天気が何より


尼崎の現場にダブルラス(外壁モルタルの下地)が張られ、

隣家との隙間で左官屋さんがモルタルを塗っています。
職人3   
 室内では陽だまりの中、大工さんは造作に余念がありません。
職人1 職人2
天井の杉の無垢板張りが完了し押し入れなどの板張り(杉板)

にとりかかっています。

 
内壁の仕上げはもう少し土のヒビ割れ状態をみて乾燥度合いを

チェックし、上塗りをします。

願わくばお天気が続きますように・・・・・

 
この住いは大工工事のウエイトが高く、大工工事が完了すれば


完成は間近という建物です。
職人4



新春イベントに申し込み殺到

特別企画・ぶらぶら歩記と岡町の家見学会が、

締め切りを待たずしてバスの定員オーバーになりました。

再度、車の手配を検討中です。



伊丹市の造り酒屋・古民家めぐりと、ブルワリーでのベルギー料理セットが

人気を呼んだのでしょうか。
伊丹
伊丹の街並みも素敵ですが・・・・・、

是非、見ていただきたいのは岡町に建つ町家風住宅です。


決して派手ではありませんが、主張のある住いです。
格子戸 焼き杉

ツアーを外し、岡町の住いのみの見学も可能ですので

この機会にご覧ください。(担当者までご連絡ください)

見積もりてんやわんや

吹田市で耐震補強を基本とした増改築工事を依頼されながら、

年末提出の見積もりが4?5件重なり、結果的に年明けの提出となった。


築80年で

二戸一の住宅であったものを、すでに片一方は取り壊され、二度ほど増築されて

いたがまともな基礎はなく、柱も数箇所腐っている状態でした。


先の震災では、おそらく竹小舞と貫と土壁で持ったのでしょう。



 先ずは見積もり提出の遅れをお詫びしましたが、

「もうこの家はしてもらえないのかと思いました」に、返す言葉がありませんでした。



それでも2月からスタートすることでお許しをいただき、ほっとしましたが、

ホッとしたのはお施主さんも同じ筈、


ここに頼んでよかったと心から喜んでいただけますよう、

精一杯努力いたします。




 



2008年・始動

2008年・仕事始めは雨降り

石油の高騰が留まるところを知らず、建築にもその影響が出ていますが、

石油に頼らざるを得ない新建材住宅は尚更のようです。

いずれにしろやがて尽きる石油の運命、改めて自然素材での住いづくり

に想いを馳せました。


 築8年目を迎えるお宅へ、新年のご挨拶に伺いました。

玄関でのもてなしは「いけばな」、松を使っての「お流儀」です。
松
松を金銀の水引で締め、凛とした佇まいは新春の清々しさを漂わせます。


案内された和室の床には「おもと」が活けられていました。

おもと1 おもと2

お茶を運んでくれたのは、何と6歳のお孫さん「お茶が入りましたのでどうぞ」に

思わず「お気遣いありがとうございます」と答えましたが、

正しい言葉には、自然と正しい言葉で反応することを6歳に教わりました。



ここの住いには「お正月」があり、和の礼節が残っていました。
庭1 庭2
家を活かすのは、間違いなく棲み方ですね。


今年もよろしく