FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

女性の会 in 箕面茶寮

「相手を活かし自らも活きる方法」をテーマに

月一度開かれる「女性社長の会」が茶寮で開かれました。


相手が子供であれ、大人であれ、「解かっているよね」という問いかけは

どう応えてよいか困惑させるだけ。

又、「わかりやすく!」は、真の理解のジャマをするなど、

思いあたる節ばっかりです。



問題やトラブルが発生したとき、

    なに?・・・学ぶ質問で、具体的な情報をつかむことと

    なぜ?・・・考える質問で、因果関係や、問題の根拠を問うこと

  
まずは質問する側が冷静であることからのようです。


それにしてもこの茶寮の会席料理はすばらしい。

茶寮

板前さんの自信と誇りが伺えます。


そのすばらしいお料理も、

仲居さんの対応ひとつで倍化も半減もすることがあります。


様々なお客さんがおられますが、

    嫌な顔ひとつせずはやっぱり難しいのかな。


今日、鶯は鳴きませんでしたが、学びの多い一日でした。





スポンサーサイト

リフォーム of わちゃわちゃ

築80年のリフォーム工事がお引渡し直前ですが・・・

内部は完成し、午後より洗い屋さんがはいるのですが・・・

わちゃわちゃ1

外部周りの左官がまだ終わっとらん!


仕上げの塗装があるというのに・・・


理由はいろいろあるにせよ、引渡しは31日やで、

どないすんねん、ッタク!



もくれんも笑ろてるやろ。

わちゃわちゃ2

棟上3日目 in  武庫之荘

今回3人ということもあり、思った以上に進んでいない。

小屋組みの丸太(末口50cm)の存在感に圧倒される。

上棟3日目?

上棟3日目? 上棟3日目?

今日中には垂木を架け野地板まで張りたい。

今夜は雨との予報。


となりの田んぼには雑草が青々、

   体長18cmぐらいの鳥が3羽、

    虫でもついばんでいるのか、せわしく嘴でつっつく。

上棟3日目?

       なにやらのどかぁ?

上棟3日目?

                     
 (注)末口とは・・・丸太の直径の細い方。 反対に太い方を元口という


棟上スタート in  武庫之荘

ピットがあったりと難易度の高い基礎工事を終えたのですが、

3月23日に降った雨でベタ基礎はプール状態です。

基礎

水抜き穴を設けることもありますが、

ここは隣地の田圃から水が入り込まないよう開けていません。

この状態を心配されるお施主さんもおられますが、

水をきれいにかい出せば、何の心配もありません。




今日3月26日、棟上がスタートです。


全ては土台(ヒノキ120mm角)の敷きこみから始まります。

1階の柱(杉120mm角)を立て、桁を廻したところで本日の作業を終え

上棟? 上棟?

上棟?

27日からクレーン車を入れ本格的な棟上に取り掛かります。


木材の量が多いため屋根の野地仕舞いまで大抵3日はかかります。


雨雲よ、心あらば暫し待て

桜はもうすぐ

3月8日に紹介のリフォーム工事が3月末日のお引渡しを前に

現場が立て込んでいました。

ホコリ舞う中、ガス屋さん、左官屋さん、大工さんと身の置き所がないほど

ほこり舞う中・・・。

仕方なく大工さんが外で木材を加工していました。

大工さん

基礎のなかった時代の建物に、新しく基礎を敷設し、

以前の増改築工事で、2階が跳ねだしていた部分の下に柱を立て、

建物のバランスをとり耐震性を高めました。


桜はもうすぐ開花のもよう

瓦ツアーに行きました。 パート?

淡路の土はイグサの泥染めにも使うとか、色持ちが良くなるようです。

ブレンドした土を又、2種類ブレンドして瓦の土にしてました

瓦1 

鉄分が多く、形造られた瓦にもう一度泥をかけ鉄分を封じ込めます


1000度近い温度で焼成され、いぶし瓦になるのですが、

瓦3 瓦4

一枚一枚リフトに乗せられ二階から一階の釜に運ばれる様は

瓦2

チャーリーのチョコレート工場さながらです


ジョニーデップ? いてへん、いてへん


震災時バッシングを受けた瓦業界ですが

地震にも台風にも耐えられる工夫を重ねています。



重い屋根は地震に弱い、はよく耳にしますが、

建物は地盤と基礎と骨組みをしっかりし、壁量のバランスをとることです

耐久性、断熱性を兼ね備えた瓦は屋根材としてもっとも優れた素材です。


いくら瓦が優れていても虚弱な骨組みでは持ち堪えることはデキマセン。


地震だけでなく、台風も大型化することを頭に入れておいて下さい。

 瓦7 瓦8

ユニークな鬼瓦や、庭園灯や庭のデザインとしても

瓦6 瓦9

瓦の新しい魅力も加えられ、大いに楽しみました。


おみやげは・・・デコポンとペーパーウエイト(早い話が文鎮)

瓦10

ハッピーでラッキーな一日!!

瓦5

瓦ツアーに行きました

総勢27名のバスツアーで淡路瓦の見学会にいきました。

折角だから、野島断層に寄りました。


リニューアルされて、一層、断層がくっきり

野島断層? 野島断層?

震度7の揺れ体験に、ビャア?!   やっぱり地震はコワイ

野島断層? 野島断層?

忘れない為にもいい体験でした。


慶野松原で昼食   
                                         

ツアーの期待はやっぱり食事なんですね、

予算があろうがなかろうが、とくに関西人は食いもんに執念を燃やします。


とりあえず、満足いただけたようでホッとしました。



                        ーつづくー

夜ばなし(咄)とはなんぞ

 気の抜けたサイダーのようですが  

 1月末に参加したお茶事、遅ればせながら・・・・

めがね

 冬至の頃、長い夜をお茶で楽しみましょ、と開かれたお茶会が

夜ばなしの発端と伺いました。

夕方4時ごろから始めて夜中まで続いたという。なんとなんと。


その想定で、雨戸を下ろして和蝋燭の灯火の中でお茶事がおこなわれました。

お茶事とは、お濃茶をいただく前に、お酒を酌み交わしながら軽い会席料理を

楽しむ事も含めています。


夜目遠目蚊帳の中とは、女性が美しく見える状況を言いますが、

食事ばかりは明るい場所にかぎります。


和蝋燭のほか、油(なたね油?)に浸した紐に火をつけた灯り台が

用意されていましたが、猫化けをイメージし、この部屋に一人でいることは

ごめんこうむりたく存じた次第です。


おもしろいのは、

その紐ですが、淀川の河川敷に生える葦の茎中心部にあるスカスカ部分が

使われているとか、それも減っているそうな。

「確かスッポンて言ってたよね」の知ったかぶりに、

応えてくれる年齢は一人もいませんでした。



たまに蝋燭の明かりも荒んだハートにいいのかも、

しばし古人の侘びさびにふれたひと時でした。

木レンジャー

建築士事務所民家の現場ブログを立ち上げた。

立ち上げた以上は更新されていないと気になる。


この性格が解っているからスタートを渋ったんだろなぁ。


ただただあなたの寛容と根気が頼りです、としたが・・・

現場の人となりが出ればと願っているのだが・・・。


まだ更新できとらんやないか。


でんでんむし


我以外みな人の師

はな

梅田に30年来の付き合いのあるクラブがある。

といっても、ここ25年は7年に一度のご無沙汰でしかないのだが・・・


2?3日前に、流れと勢いでフラリ寄ってみた。

この界隈も店の出入りが激しいと聞いていたが・・・あった。


30分を待たず駆けつけてきたママさんと昔話に花が咲く。


びっくりしたこと、

当時、良く着ていた着物に着替えてきたこと、

7年前の飲みかけのボトルが昨日来たようにキープされていたこと。

いつ来てもいいように、線を引いて新しいものに入れ替えているとか。



職種によらず永続する店はどこかが違う。


・・・、まだまだやと感じた次第。

あっぱれ、ひよこまめ玄米カレー

武庫之荘の現場の帰りに、3年前、民家で改装をした

ナカムラ(喫茶・軽食)さんに立ち寄りました。

カフェ食堂ナカムラ 看板

ひよこまめの玄米カレー(750円)の旨かったこと!

またまた写真を撮り忘れるほど。

デザートは手づくり伊予柑ケーキとコーヒーで、

てづくりケーキ&コーヒー


それにも増して嬉しかったことは、

年齢も様々にお店が大繁盛で待ちが出るほどだったこと。


ヒャッホーーー、やったねナカムラさん!

足場が下ろされました

 尼崎の土壁の住いが完成間近です。

足場が外され、ご近所さんにその立ち姿を現しました。
外観

嬉しくて離れたり近づいたりして見ました。

中では、左官屋さんが最後の仕上げに入っています。

左官屋さん

床框と仏壇框のうるし塗りが完成し、大工さんが慎重に取り付けていました。

大工さん

ご近所の方も仕上がりを楽しみにしておられるのか、

作業中の職人さんに様々な質問をいただくようです。

丸窓


現在、門塀など外構工事の段取り中です。

喉元過ぎればシックハウス

ねこ

この15日にエルおおさかでセミナーを開きます。

ひところ騒がれたシックハウスも少し鳴りを潜めた感じです。

ホルムアルデヒドという耳慣れない言葉が定着し

なんとなく終わったかに見えますが・・・・・。


メディアに取り上げられなくなっただけで、

新築しても入居できない方の話を聞きます。


スタッフがCDを持ってきてくれました。
 
改めて見れば、化学物質過敏症の難かしさを以前にも増して感じます。


とかく人間は喉元過ぎれば・・・を自覚することか。

初体験の風力発電

尼崎に店舗住宅(リサイクルショップ)が建ちます。

現在、基礎工事中です。

基礎工事

この建物は、どこまで自然エネルギーで生活できるかを提案し、

都会で育ち、次世代を担う子供たちに発信したい

という想いが込められた建物です。

風力発電にソーラー、雨水利用にコンポストや壁面緑化などです。

大掛かりではありませんが風力発電は始めての経験でもあり、

今から楽しみです。


隣地が畑のため、野菜などの育ちの妨げにならないよう施工も慎重です。


棟上げは3月下旬の予定です。

ふくろうと花かご

幾つになっても誕生日は嬉しいもの

友人がアートフラワーを創作してくれました。

ふくろうと花かご

小さな卵が3つ入っていました。


まだお茶漬けにも生まれ出るものが3つもある

ということでしょうか。

今なら

チェンソーアーチスト?の伊東さんから頂いた

正確には、かっぱらったふくろうと、アートフラワーが

事務所の玄関で微笑みかけてくれます。

あたりまえだった土壁

2月13日に紹介したリフォーム工事が

基礎の敷設と床張りを終え、玄関周りの解体に取り掛かっています。


土壁も80年を経て、黒く鈍い光を放っていました。

tutikabe

昔はあたりまえの様に施工されていた土壁ですが、

土壁は今の家造りをどう見ているのでしょうか。


ちょっと聞いてみたくなりました。

うわさをすればツチノコ

12?3年前、ツチノコ騒ぎでちょっと脚光を浴びた奈良県の

とある村のとある人とは協会の運動を始めた頃からのポンユー

(年齢、性別は言わぬが花)です。



ここ3?4年音沙汰なしだったんですが、何を狂ったか「お茶漬け」を

思い出したからと可愛い電話をいただきました。

プログを始めたと伝えれば、お茶漬けは任してよと力強い返事、

そういえば「茶がゆ」のメッカでした。


さして必要でもない会話が続き「今度呑みにいこか」で、

いつも通りに電話は終わりました。



翌朝、めざましのテレビで「奈良でツチノコ」と騒いでいるじゃありませんか、

ひょっとして奴はツチノコの化身かも。そういえば・・・・・(ココハカケマセン)、

なにやら因縁めいたことを考えてしまいました。


水道やさん、かっこいいね。

築80年の二階建て住宅、

水道メーターの検針で、使っていない筈のメーターが回っていることを

指摘されました。何軒かの水道やさんに漏水箇所を探してもらったのですが

見つからず、元栓を開けたり締めたりの毎日。



台所のリフォームと屋根の葺き替えを依頼され、

同時に水漏れの原因究明に出かけました。


台所をめくり、給水管を台所、風呂、便所と区分けし、検査をした結果、

トイレからの漏水が判明しました。

ただいま点検中!

「見つかったんですね」お施主さんの弾んだ声

水道屋の神庭さんが、格好良く見えた瞬間です。


普段はそうでもありません。

岡町の家、完成お引渡しです。

引渡し前の完成チェックは事前にお施主さんと共に行い、

5日の夕方、完成したお家でお引渡しを行いました。

庭 

立会いはご夫妻と娘さん、各設備機器の取り扱い説明をし、

鍵と10年保証の保証書に

登記関係書類(確認申請書副本、引渡し証明、印鑑証明、資格証明)など、

の受け渡しを行いました。

庭2

薄闇に面格子から洩れる灯りが、切り絵を見るようで美しい。


この景色がみたくて早く家に帰りたくなる、とは奥さんの言葉です。

サイディングのお家が並ぶ中、

住いはその地域に語るように存在していました。

咳・咳・咳の見学会

万全を期して見学会に望む段取りだったんですが、

週はじめに引いた風邪が輪をかけてひどくなり、声も出なくなった。



カラス天狗のようなマスクをしたものの、湯気が眼鏡をくもらせ

何とも間が抜ける。

さわやかにご案内をしたかったのですが、咳ばっかりに気をとられ

ほとんど説明ができませんでした。


スタッフが頑張ってくれたようですが・・・・、

皆様にご迷惑をおかけしましたことお詫びいたします。