FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

東京からC先生が来られた 


農林水産省の委託を受け、

東京からC先生が

「地域材による家づくりネットワーク」

の調査に来られました。


NPOなりが、どの地域と、どう関わり、

どんな取り組みをしているか、

また、会員構成はどうなっているのか、

などの聞き取り調査です。


今年の調査第一号だとか。

協会自体もそうですが、

現在、機関誌「木族」は254号目になり、

こんなに長く続けていることに

驚かれたようです。


建築した家を見せて欲しい

とのご要望で

数件見ていただきました。


嬉しかったのは

突然の訪問にもかかわらず

中を見せていただける

お施主さんがいることです。


長く続けてこられたのも

皆様のご理解と

ご協力があってのことと

改めて

感謝した次第です。

ありがとうございました。

また、

先生と呼ばれる人は

決して偉さを外に出さず

他者の作品に対して

「学ぶことが多い」と

言える人であることを

学びました。
スポンサーサイト

諸塚村に学べ

毎月

宮崎県の諸塚村から

村報が送られてくる。

P1060251.jpg
村報 もろつか   山学校で学生が牛の世話の体験


村議会のお知らせや

しいたけの近況

畜産品評会に


夜神楽やお祭りの情報

短歌会の紹介に

フォトコンテストと

文化も充実しています。

ことさら祭り好きのお茶漬けには

たまらない魅力です。


ときどき意味不明の方言も

ありますが・・・

「ぎゃあな祭り」ってどげんな祭りや


村民の冠婚葬祭や

村で唯一の病院の

若い院長さんによる

コメント「内臓脂肪を減らそう」は


愛情あふれる言葉でつづられています。


大人も子供も生き生きし、

豊な生活が伝わってくるような内容です。


今月は、東国原知事が来られて

フォーラムが開かれ

村民50名が

それぞれの立場で質問を用意し

活発な意見交換があったと

報告されていました。


2年前に土砂災害で

商店も家も流された村とは

思えないエネルギーを感じます。



大阪もどげんかせんと

元気出せよ!!




10月1日ホームページをリニューアルデビュー



「協会のホームページを一新します」


10月1日にホームページを一新すると

機関誌「木族」で発表したもんだから

何が何でもということで、

朝から打合せです。


やればやるほど欲が出て

あれもこれもになり、

お施主さんの気持ちが良くわかります。


できるだけスッキリ

おしゃれに纏められたらと・・・。


前回は特定の人に管理をさせた為

情報が伝えきれていませんでした。


今度こそスタッフの誰もが

参加できるものにしたいと考えています。


是非、ごらんくださいませ。

リフォーム 階段の行方 パート2

3回目の打合せです。


階段の架け直しができるか

P1060244.jpg

天井をはがして

見せてもらうことに

P1060245.jpg


よかったぁ

梁の架け方向は予想通りでした。


階段の上り口をキッチン側から

としていたのですが、


2階の間取りを優先して、

リビングから上がることになりました。


年内の入居を希望されています。

かなり大掛かりのリフォームになりますが、


現在お住まいを別にされているので

助かります。


大工、電気、水道屋さんなど、

現場チェックに入った後、

見積もりにかかります。


なんとか予算通りに

納めたいところですが・・・。


打合せを重ねるごとに

施工内容が増えていくようで、


心配じゃ、心配じゃ。


リフォーム 階段の行方

築30年

リフォーム相談です

リビングとキッチンダイニングの間に

デ?ンと縦にいすわる階段


これがそれぞれの目線を遮るばかりでなく

風の通りも悪くし、

広い空間をセセコマシくしています。


思い出せば、

若い頃、住んでた家も同じ、

部屋数勝負の時代でしたから。


そこで、

階段の勾配もゆるくし横向けに設置、

キッチン側から上がる

ことを提案しました。

P1060243.jpg


もちろん

梁がジャマにならないか

知る必要があるのですが、


しかし、そうすることで

二階の廊下が長くなり

ロスが生じます。


どこへ移動しても

すべてクリアにするのは難しく

縦に据えていたのも

コンパクトに

2階の部屋数を確保するに

もってこいの場所だからなのです。


どう収まっていくか、

また、紹介します。


現在、進行中。

動物愛護週間って

朝の散歩で、

毎朝

トイプードルを散歩させている

人がいる。



犬は白内障にかかり

両眼とも乳白色

見えていそうにない。


人もまた初老の域だろうか、

犬の歩調に合せ、

慈しむように立ち止まっては

また歩く。


癒し癒されての

長い時を一緒に過ごしたのか

はりがねの自転車


動物愛護週間なんて

関係ない

風の日も雨の日も

その周りだけ

やさしい空気が漂う。



そのうち

子供愛護週間、

後期高齢者愛護週間が

できそうな

社会風潮


トイプードルが幸せに見えた日


水の流れに

水の流れが秒速2メートルになれば、

水深が膝下であっても、

歩行がきわめて困難になる、

とか。


神崎川の側道を車で通ることが多い

阪急のガード下を

通過するたびに

ここに水が流れ込めばと

想像してゾッとする。


バンパーが水に浸かれば

エンジンが止まり、

水位が

ドアの三分の一になれば開きにくくなり

三分の二になれば開かない。


慌てず早めに窓を明けておくこと

最悪、天井まで水に浸かれば

中と外の水圧が同じになり、

ドアは開く。

らしい


水没予想地域にカメラを設置し

チェックするくらいは

できんものか。

こまめに回ってくる

駐禁おじさんに

お願いするもよし。


お茶漬けであっても、

水漬けは怖い


車の中で、

水位が同じになるまで

待てるかっ!!


水の流れに身は任せられんぞ

サッサと通行止めにせんかい。


垂水区の家、基礎工事中

垂水区の家は

れいほくスケルトンの第一号です。

関西は地耐力の弱い土地が多いのですが、

幸いにも強度のある地盤で

ほっとしました。

 
いよいよ

基礎の配筋が始まり、

現場を覗きました。

P1060233.jpg

少し涼しくなり、

作業もやりやすいようです。

休日も出る、と張り切っています。

10月4日の上棟に向けて

もっか進行中。

P1060241.jpg


わがナビちゃんは、

月見山が好きとみえて

明石であろうが、

垂水であろうが

月見山で下りろと指示をする


つられて下りるほうも下りる方やけど

現場は「高丸」のすぐそば

15分はロスった


次は絶対下りてやらんぞ。

某テレビ局の取材を受ける

某テレビ大阪の取材を受けました。


9月23日(祭)の夕方17時13分のニュース番組の中で

3分ほど紹介されるようです。


日ごろ共稼ぎで忙しい家族向けに

国産材のニュースを

流していただけるなんて

ほんとに嬉しい限りです。


ご入居された住いを訪問し、

なぜ国産材を選ばれたのかなど

お話を伺いました。


おかめ2


それにしても

テレビとなると

年甲斐もなくアガリマス。

最後に油断をしていたら

「あなたにとって国産材とは」

難しい振りにあたふたでした。


引きつってる自分を見たくありませんが、




ま、見てやってくださいませ。


右に倣えは、やめてんか

気に入って通う割烹があるのですが、

P1060226_20080919153832.jpg

一番は、懐石料理の最後に出される


季節ごとの炊き込みごはんです。



大きな信楽の土鍋釜で

そのまんま出るのですが、


そのお焦げが

すばらしい。



久しぶりに訪ねたところ

名物亭主の顔が見えず、

土鍋釜も無くなりがっかり。


品の良いお茶碗で出されたごはん

お変わりは、と進められても

興ざめです。


こんな風にして

老舗のこだわりが

無くなって行くんですね、きっと。


どの業界も一緒でっせ、と


戒めました。


吉兆の右へならえは、

せんといて。

やっと事務所が見つかった!!

探していた

倉庫つきの事務所が

やっと見つかりました!


阪急宝塚線「三国駅」から

徒歩3分です。


1、2階あわせて220?ほどですが、

国道176号線の際にあり

車でも便利です。


現状貸しですが、

メリットはどんなふうに

リニューアルしても良いとのこと、


11月から内装工事に掛かります。

P1060227_20080919112414.jpg

やりたいことが一杯ですが、

どう国産材色に染めようとかと


ない知恵をめぐらすこの頃です。


どうリニューアルするかは

随時、お知らせしたいと思います。



ただ、

現在の事務所への解約通知が

6ヶ月前と定められており、

頭を痛めています(交渉中)。

P1060229_20080919112444.jpg
写真とは関係おまへん

年内に引越しできますように、

ジニーちゃん(魔法のランプの精)、

よろしくお願いしま?す。


コンポストトイレ


富士山で利用されているものと


同じ


おがくずの

コンポストトイレですが


設置されているお店で


恐る恐る覗いてみました。

P1060222.jpg


生ゴミも捨てている


そうですが、

よっぽど

働き者のバクテリアなのか


ぜんぜん臭わない。


これには驚かされました。


やがては堆肥として


立派に利用されます。


無農薬で育てても


化学肥料をどっさり


与えた野菜が

安全と言い切れるのかなぁ。



馬肥ゆる秋にふと・・・・・。





どいつもこいつも




ヒェ?、


待ってんか、



宝山に



かのか



美少年って


ぜぇんぶ呑んでるう



今さら


どないせぇちゅうねん。


毒には毒を以って制すってか。

P1060223.jpg


ったく、


どいつもこいつも。

開発しました「足首くん」


20年来の友人

奈良県下北山村のOさんが

ひょっこり事務所に来られた。

話題はいつも

村の木を何とかしたいだが、


20年程前に宮崎空港イベントとして展示する

木の動物100体の現地製作を

お願いした木工作家でもある。


来るたびにユニークな木工製品を拝見している、


今回は「足首くん」

写真と寸法

友人のリハビリに使って

抜群の効果がある

ということでした。

写真は

木族へ写真


大人用のカタカタみたいで、

思わずニヤリ。


足裏を刺激する

コロコロが付いていたりで、

木族へ写真3

使いこごちはよさそうです。

(実用新案 第3140186号)


価格は3万5千円です。


いつまでも元気で歩き続けたい人に

お薦めということですが、


彼の魂胆は


お茶漬けにやれということかも・・・


なんとなく腑に落ちます。
 


林業を産業に、山を走る


木材を山から伐りだし、

売れたとしても

伐採や出材費用に市場の経費を差っ引けば、


山元に入るお金があるかどうかは

判らない。



というのが、林業という現実です。




9日宍粟市のY木材を訪ねた。

近隣の山の間伐?出材までを請負い


山元が驚くほどの収益を

還元し続けているというから

ビックリ。


どこでそんなに差がつくのか、

最新のプロセッサー等

大型車を11台駆使し、

列状間伐(列状態に伐ることで陽が入る)や

択伐(伐採する木を選んで伐る)を主に

皆伐(丸坊主状態)は一切しない。



作業効率は一般の山林稼動の5倍をこなす。

おそらく

日本で一番稼働率が良いという。


兎に角、


スタッフ全員、山を走っている

というからスゴイ。(友人から聞いた)

からす天狗の降臨か



Y社長の

迫力に魅せられた一日でした。


尼崎の家、ちょっとお見せします

尼崎の家の写真が上がってきました。


お施主様にお許しを得て

10月号で

機関誌「木族」で紙上公開を


させていただくことになりました。


カラーでないのが残念ですが・・・


そこで、先駆けてちょっとお見せします。

C_20080827_029.jpg
家とのバランスを考え、冠木門にしました。

C_20080827_025.jpg
どの部屋からも、庭が楽しめます。

C_20080827_019.jpg
キッチンとリビングの取り合いに窓を設け、開閉できるようにしました。

C_20080827_004.jpg
出書院ではないのですが、2室続きの和室は重厚に。

C_20080827_016.jpg
トイレは広く、小便器の足下には汚れ防止に御影石を貼っています。

C_20080827_017.jpg
浴室の上部はヒノキ板貼り、床は御影石のバーナー仕上げ(滑り止め)

身につく研修会

当日参加は、沖縄、宮崎、大阪とバラバラ


羽田の

ANAとJALの出迎えは

駐車場の移動で、ややこしい。

便利なようでまったく不便です。



昨年末お引渡しの神奈川のお宅へ

まだお片付けは、これからだと

お嬢さんが申し訳なさそうに出迎えられた。
P1050895.jpg


裏の月見台から

下の用水路を見れば

蛍の餌になるカワニナが繁殖

P1050900.jpg

来年6月には蛍の乱舞が

見られそう。うらやましい


畑にはなんだかんだの野菜が


発見 !

真っ黄色の苦瓜 
P1050911.jpg


ちゃうちゃう、

苦瓜は熟したらこんな色になんねん


表の汲み上げポンプは主の主張を

立派に伝えていました。

P1050908.jpg


住いは、その人の生き様を表す。

また、賢くなった研修会でした。

何の研修??



最後の見学は

一時、建築士事務所民家のスタッフでもあった

すずきくんち(30歳になったとか)
P1050942.jpg


既に、可愛い奥さんと、

3歳と1歳半の良きお父ちゃんです。


P1050958.jpg


木造にガラスブロックを

大胆に取り入れたデザインです。


とりわけ

1階の4畳半のモダンな和室が

気に入りました。
P1050950.jpg


次回、宿泊はここと決めた次第。

新妻は少し青ざめたようですが

ほとぼりが冷めた頃に

伺いますから。


新幹線でありがたい言葉を見つけました。

「難義は、選ばれし人に送られる宅急便のようなもの」


ケケケッ








スズキさんちは下戸揃い

宮崎県産直住宅の研修が

千葉県のスズキ建築設計で開かれました。




千葉県の新習志野には、

国産材住宅推進協会の創設者・

竹中東吉さんが眠っています。

(平成6年10月12日永眠)



前日に千葉入りし

鈴木さんの計らいで、

真紅のバラが好きだった人

の墓前に手向けることができました。

P1050883.jpg



帰りに立ち寄った梨農家で
P1050885.jpg


「梨畑でガチョウにアヒルに山羊と

ウコッケイが除草作業をしています」

の張り紙を見つけ、好奇心にそそのかされ覗きました。


飼い主が見ていないにも関わらず、


彼らはせっせせっせと

仕事にいそしんでいました。
P1050888.jpg


「エライッ!!」


その夜は、墓参りのお陰か

なにやらスッキリし、


下戸揃いの鈴木家を無視し

おこげマッコリで


一人大盛り上がりでした。



鈴木さん、ご迷惑をかけました


つづく

既成概念が一つ解けた日

新築をご計画の

熟年のご夫妻

ご相談を受けて訪問しました。


玄関脇で出迎えてくれたのは

MGBモーリスガレージ(イギリス車)の

真っ赤なオープンカー

P1050881.jpg


1960年代の車だと

教えていただきました。


ハーレーダビットソンに乗る勇姿も

飾ってありました。


後期高齢者などと

誰がいうのでしょうか、


既成概念が又一つ


解けた一日。



欲しい方にはお安くしますよ、

ということです。

沙羅双樹の花の色

ご入居から2ヶ月、

尼崎のお住まいに

写真撮影にお伺いしました。


国産材の運動を長年していても


杉、ヒノキ、松以外の樹木に

精通している訳でなく、


これが

沙羅双樹の木です、と教わり

P1050837.jpg

「これが、平家物語の」と

感慨もひとしおでしたが、

帰って調べると

日本で言われている沙羅双樹は

夏椿らしいのですが



沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。


と詠われたのはインド産で


生長の過程で幹が分かれるため


双樹といわれるのだとか。


この樹木を見ていると


幹が分かれているし、

はてさて、どこの沙羅双樹か



ご存知のお方、教えてくりゃれ。