FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

白アリの食後の後片づけ





東淀川のリフォーム現場ですが

浴室、洗面、トイレと水回り部分も


当時、多かったのですが

全て米栂材で建てられていました。


ベランダから雨漏りがあったらしく

ベランダを支える支柱も

上の方まで白アリの

被害にあってました。
P1080237.jpg P1080079.jpg

可能な限り、蟻害にあった部分を

削除し

ヒノキに差し替える作業をしています。

P1080232.jpg P1080233.jpg P1080247.jpg


あまり防蟻処理はしたくないのですが

床下に換気扇(ソーラー)を検討中ですが、

ここまでやられていると

しなくて大丈夫とは

言いきれず、

出来るだけ

害の少ないものを

選択することにしました。


無口トリオの大工さんの

作業姿を収めようと

カメラを向けるたびに

無表情に

固まる大工さん、

P1080241.jpg

この状態で固まられても・・・・・


語らずして笑わす術を

持っているんです。


























スポンサーサイト

ジャジャジャジャーン、旅立ちを前にして

3か月のベールを剥いで

ヒナが様子を窺うように

顔を出しました。

D3X_0020_20090328_020_m.jpg DSC_0015_20090328_015_m.jpg


給排水の外部の配管が行われ

現場前は、

わちゃわちゃになってます。


ご近所さん、すんません。


今しばらく、堪忍してください。

D3X_0025_20090324_025_m.jpg

玄関ドアは木製建具やさんの

手造り建具です。


4月4、5日は10?3時まで

オープンハウスです。

















隠れキリシタン




昨日の千利休の庭園で、

灯篭の下に

お地蔵さんが彫られていました。

珍しいもので、

マリア様を現しており

灯篭の下場に

閂(かんぬき)のように

十字になるように

石が差し込まれています。

P1080124_20090328135731.jpg

隠れキリシタンが考えたもので

査察が入れば

閂を引き抜き


単なる灯篭に変身できるよう

工夫がされているようです。


規制されるほどに

信仰心は熱くなるんでしょうね。


いつでも入れると思えば

信仰心も芽生えませんわな。


























































千利休の茶室(復元)を拝見


ケイエスケーさんの研修で

堺市で工務店を営む

岩田さんの事務所を訪ねました。


応接室のえべっさんと熊手の

どデカさにびっくり
P1080103.jpg

「今年はこの熊手で、かき集めなあかん思て」

迫力のある夫人の言葉が返ります。

ユニークな置物を見つけ

作家名を訊ねました

今井眞正さんの「家を背負った象」だそうです。

P1080101.jpg

方違神社の隣にある

朝雲庵に


(450年前にあったという

千利休さんのお茶室を復元したもの)
P1080129.jpg P1080128.jpg

案内してもらいました。


下世話な話ですが

なんでも

二億五千万円をかけて

建てられたとか・・・・


まず、金額に後ずさりします。


丁度、炉を切った畳の縁の

位置が知りたかったので

(お手前をする向かい側に縁がありました)

勉強になりました。
P1080137.jpg 


ここにはなかったのですが、

金の茶室は野点(屋外でお茶を)も

楽しめるように、組み立て式であったそうな。

P1080140.jpg

裏には仁徳天皇の三男坊である

反正天皇の御陵が

1600年前のままで

眠っておられるとか

P1080113.jpg


各界の大物が通うという老舗

侘助さんで寿司会席をいただき

こだわりのある器も楽しく

P1080111.jpg P1080104.jpg P1080107.jpg

夕方には老舗中の老舗

「ちく満」の蕎麦を堪能し

お土産に名物

くるみ餅まで頂戴し、


幸せの一日は終わりました。

堺って、大阪商人の心意気が残る

ほんま豊かな街でした。



感謝です。























わちゃあ、シロアリや



築35年の木造二階建ての

リフォーム工事が

23日から始まってます。

P1080076.jpg P1080073.jpg


全面改装とあって

まず、浴室、洗面、

キッチンの

床、壁、天井と

剥がしていくんですが、


25日朝一で

現場から連絡が入りました。


解体したところ、

P1080066.jpg P1080063.jpg


シロアリに相当やられてる

ということで


現場に駆けつけました。


外部の地盤面より

床下が10センチ程度

低いため、


床下の湿気が

気になります。
P1080082.jpg


大引き、根太はもちろん

蟻害にあった柱や土台を

差し替える必要が

あります。

床下の湿気も止める必要あり


増改築に

アクシデントはつきものです。


木材はオール米栂ですが

外部から見たところ

シロアリにやられているのは

P1080093.jpg

分からないほど

上手に食ってます。


ごらんあれ

蟻んこの


頭脳的ウラ技を

P1080094.jpg

P1080095.jpg
(奥の方に黒い棒状のものが見えますが、固い節を残したはるんです)

やるよねぇ

ったく




































































隣家の養生は



工事も終盤にさしかかり

外壁のリシン吹き付が

始まりました。

D3X_0005_20090324_005_m.jpg

一番気を使うのは

近隣の養生です。


車や隣家の屋根など

懸念されるところは


全てシートで覆います。


いくらやっても

出入口がある以上

完璧には困難を極めます。


先日、おが屑の粉が

車についていたと

お叱りを受け、謝ったようですが、


「ごめんなさい」では済まず

責任者に電話させろと

おっしゃっているようです。

で、


現場に行って、話を伺おうと

携帯に連絡したのですが


応答はありませんでした。



工事中は音がしたり

埃がしたりで

ストレスをためることが

多いと思います。


しかし、近隣のことでもあり

もう少し寛容になれないものかと

思うんですが


お互いさまは

もう通用しないのかな





























































タタミ屋はトトロの街にあった

20年来のつき合いのあるタタミやさんに

取材に行った。


九条界隈といえば

大阪の中央市場も近く


大層活気のあった街


父親の代から始め

タタミ職人として50年

営業してはります。


最近、メチャクチャ忙しいそうで、

内心

立派な事務所やろなと

訪ねました。

近頃、大きな事務所を訪ねると

玄関脇にお自動さんが

据えてあるんですが


なんと、お地蔵さんが・・・

昭和の景色そのままに

P1070924.jpg


あんまり時間無いでぇ

といいつつ

たっぷり1時間半

聞いてきました。

本人は下戸(酒を飲まない)とかで


手土産に持っていった

ロールケーキをしきりに気にしてましたが・・・


昔話になると調子が上向き

昔、年に2回は大掃除したよねぇ、に


「あんなん無い方がええねん、

わしゃガキの頃から

あれがあるたんびに、親父から追いまくられて

40キロもあるタタミを担がされたんや」



たっぷり1時間半

しっかり聞いてまいりました。


タタミも奥深いわぁ

この続きは


協会のホームページ(コラム)で

お知らせします。


読んでや。

































































お公家さんが使ってたのかな




お雛さんの時の

白酒をいただいたんですが


もてなしの酒器が


これ

P1070980.jpg


なんです。

木製で漆仕上げでした。


しかぁし

あまりの大層さ(ぎょうぎょうしい)に

驚きました。


日本文化の奥行きは深?いです。

ぐい飲み派には

ついていけません。











困ったなぁ 地耐力が無い




地鎮祭を済ませ

P1070931.jpg

地盤調査をしました。

東成区で以前した時

良い数字が出なかったこともあり

心配してたんですが・・・


やっぱり、ここも

P1070984.jpg

N値が3前後しかなく

(3階建てには、N値5が必要)

報告によれば

この地域の支持地盤は

地下18mにあるようです。

18mまで鋼管杭をするか

シート工法にするか

検討中ですが

また、お施主さんに負担が

掛かるのが

つらいところです。

お見事!しだれ桜の盆栽




馴染みのお店で

見事なまでの盆栽のしだれ桜を

P1070975.jpg

見せていただきました。


幹は直径5センチ程もあります


これほどまでにするには

相当の年月がかかるんでしょうね

P1070982.jpg

痛んだ幹に樹脂状のものを詰め


手厚く手術が施されてました。

立派に育てようと思えば


尽しきれないほどの

心配りが必要なんですねぇ。


何かに寄らず。































なにやらめでたい日


18日は大安とあって

地鎮祭と

棟上げがダブりました。


東成区の地鎮祭は

神主さん二世で

ジャニーズ系の

イケメンです。

P1070935.jpg

少しいつもと違っていたのは

降臨の儀式で

神主さんが

オオ???と声を発するのですが

オオ??、オオ??、オオ??と

3回続けられたことです。

何か吟じられそうで

神様が上がったり下がったり

しないか、ちょっと気がかりでした。


棟上げは西宮の

武道場です。

P1070960.jpg

今回は宮崎材を使っています。

P1070967.jpg

圧巻は

3本の松丸太で

迫力さえ感じます。

P1070957.jpg

大工さんはいつもの高下組さんですが、

なぜか、全員固まってました。


丁度3時の休憩

おりしもWBC

韓国との9回表

携帯電話で観戦中

P1070961.jpg


ついに

鼻歌は聴けませんでした。


たのんまっせ

侍ジャパン



























定額給付金の行方


国道176号線でのこと

信号は赤ですが

直進の矢印が出ていました。


右折をするため

交差点の中ほどで

対向車の通り過ぎるのを待ってました。


後ろにピタリとパトカーが

ついていたのですが、


パトカーさんは

流石です

交差点の中には入らず

おとなしく停止線で

止まっておられました。


ひょっとして

右折したらあかん・・・?って

一瞬よぎったんですが・・・


けど、対向車線に車の姿はなく

「いけるやん」と思ったんです。


無事に右折して

パトカーも静かやし

「やっぱり、よかったんや」と

自信を深めた矢先に

信号待ちで

コツコツと紳士的に

ドアをノックする人が・・・

消防団のような帽子をかぶった

おまわりさんでは?!?。


「信号見てましたか」

「ハイ」

「信号無視ですよ」


「ヒェ」

「後ろについてるの知らなかったんですか」


「見てましたけど、

あれはOKと思ってました」


黙って切符を切る

おまわりさん。

「信号無視は高いですよ

9千円です」


貰わんうちに

あわれ我が

定額給付金の

使い道は決定したのです。

先・の・駐・禁・と・あ・わ・せ・て・・・です。


義理堅くも

国に戻す結果に・・・


なんのこっちゃ。




















































































住み上手な10年目の住まい




10年目のお住まいで

見学とお茶体験を

させていただきました。

P1070896.jpg

広い空間に張られた

斜め張りのスギ板は

ますます透明感を増しています。

P1070906.jpg

お伺いするたびに

その住み方上手に

感動します。


いつも季節を感じさせる

おもてなしの心が

あちらこちらに、

3月の節句にふさわしい

はまぐりの

P1070889.jpg

貝合わせが

飾られていました。


リビング、ダイニングの

吹き抜けには


ほやの無いランプの

金具をつりさげて

P1070902.jpg

菜の花が、


骨董市で見つけたという

本箱が

P1070903.jpg

食器棚として

飾られていました。


お茶席には

ご亭主様として

旦那さまに

応対していただきました。

P1070873.jpg

趣味で集められたという

茶器のお話を伺いました。


大切な日曜日をさいていただき

ありがとうござました。


スタッフ一同も

大切なもてなしの心を

学ばせていただきました。






































































盛況だったアルミサッシと木製建具セミナー

初めての新事務所での

セミナーが開かれました。

P1070857.jpg P1070863.jpg


アルミサッシは

千野ガラスさんに

木製建具は

上田建具さんに

講座を担当していただきました。

会議室は15名で


パンパン状態ですが

お子様づれの方が


参加されていましたが

事務所に展示の

勉強机で宿題をされたり、

P1070907.jpg

小さなお子さんは

スギのフロアに

P1070908.jpg

スギの積み木で遊んだりと

P1070909.jpg


なかなかアットホームな

感じで講座は進みました。


熱心な質問が多く、

中にコーヒーブレイクを挟み


4時半過ぎまで

続きました。


次回は4月11日(土)


左官屋さんにお願いして

シックイや珪藻土など

様々な塗り壁の実技とお話を

していただく予定です。





























































池を埋めてどないすんのん



以前建てた

東大阪のお宅を

訪問した

その帰り道で、


池を埋め立てている

現場に遭遇しました。

P1070855.jpg P1070854.jpg

付近には3つの池があったのですが


そのうちの一つが

なくなるのです。


だらだらとした坂道がつづき

ミニ開発の新興住宅が

20件ほど建ち並んでます。

早咲きの桜がチラホラ。


古いお寺の似合う

場所やったのに


後の二つも

埋められるんやろか


それにしても

よっぽどの地盤補強をせんと

えらいことになりまっせ


ほかに

手をつけるとこおまへんのか

何の規制もないんかな


はがいたらしいなぁ


石切りさんも

きっと

怒ったはりまっせ
















築31年延べ18坪のリフォームです


第一回目のお見積りを

提出するときは

いつも緊張します。


これで進めてください

という言葉に

ほんとうにホッとします。



延べ18坪の可愛いお家です。

階段の勾配を変え

P1070694.jpg

お風呂、洗面、トイレ、キッチンなど

P1070590.jpg P1070593_20090313172213.jpg P1070704_20090313172230.jpg

少し使いやすく、広げ

すべての水回りを

リニューアルします。


ご結婚を前にしての

リフォームで


5月末には完成とあって、

今月20日頃のスタートです。


少なかった窓も3か所増やし

明るさを確保


どれだけの変化がみられるか

施工する方も

とても楽しみです。











やってよかったと思えるリフォームを


お仕事が忙しく

施工するにも

タイミングが必要でした。


ほぼ一年をかけて

計画され

広すぎて、熱効率の悪かった

キッチン、リビング、ダイニングを


効率よく

障子で間仕切ることで

R0010499.jpg 

その時々の生活に合わせ

R0010494_20090312094143.jpg R0010498.jpg



楽しめる落ち着いた空間に

変わりました。

なんだか家族の会話も

弾みそうです。


キッチンの取り合いに造った

カウンターは

R0010506.jpg R0010504.jpg


テーブルの上に散らかりそうな

新聞、雑誌のラックにも、


必要な場所に必要なものを

が、収納術の基本だそうです。

R0010502.jpg

ただ単に

きれいになるだけでなく、

どんな風に生活がしたいのか

が、


リフォームを成功させる基本です。









クロス仕上げ真っ最中

総持寺の現場は

左官屋さんが

外壁の仕上げ中です。

内部は

クロス工事の真っ最中です

D3X_0004_20090310_004_m.jpg

クロスを貼る前に

ビス穴をパテで埋める

D3X_0008_20090310_008H_m.jpg

作業をします。

D3X_0007_20090307_007H_m.jpg D3X_0013_20090307_013_m.jpg

キッチンなどの据え付けをし

電気、水道の仕上げをし


玄関周りの工事が

終われば


最終の仕上げの

美装とワックス工事に

取りかかります。


この調子でいけば

3月末には

工事の完成をみそうです。








今年最後の「ふじ」です

ずうっと「木族」で

ご紹介していました

根っこやさんの

通信が


紙面の関係で

4月から

なくなるのですが


その根っこやさんから

ありがとうのお便りと一緒に

りんごが届きました。

P1070853.jpg


根っこやさんは

5年前に

協会がかかわり

建築士事務所民家で

そのお店を

建てさせていただいた間柄です。

画像 023

りんご農家の

ご長男(宮大工を目指すも腰を痛めて・・・)が

大阪に来られた折

根っこやさんの建物に

関心を示されたことや


一度は覗いてみたい

赤目の自然農に

毎月、100名を越す人が

各地から集まって来られる

ことなど、

嬉しいお便りでした。


根っこやさん

事務所は「ふじ」の香りがいっぱいです。


またチャンスがあれば

一緒にイベントなど

させてください。

ありがとうございました。


今後ともよろしくお願いします。












































武道場の基礎工事完了です


基礎工事も完了し、

事務所部分と

玄関土間の

コンクリートの増し打ちが

行われていました。

P1070845.jpg


基礎はベタ基礎ですが

増し打ち部分には

新たに

メッシュが敷かれ

その上に生コンクリートが

流し込まれます。

P1070846.jpg

生コン車から一輪車に移し

後は手作業で

コテ抑えで完了です。

P1070849.jpg

愈々

16日から棟上げが

始まります。


















東成区の現場、解体工事完了っす

1週間前に始まった

東成の解体現場に

ようやく行きました。

P1070647.jpg

まわりがけっこう立て込んでいるため

さぞかし現場は

ごったがえしているだろうと

思いきや

解体は完了していました。

P1070836.jpg

開発業者との

いきさつで

左側の道路を不要としたため

P1070838.jpg

このブロック塀を壊せば

左の道路とも接していることになり

2方向から道路斜線にかかり

3階建てがますます

建てにくくなるようです。


法律は難しい。

付近は

3階建ての多い

地域でもあります。

P1070843.jpg からふるう?です


土地にからむことは

あらゆることを

想定して

結論を出さないと

とんでもないことに

なってしまうようです。


ご用心

ご用心。










田舎饅頭とデコレーションケーキ



昨日の夕方

女性スタッフが

デコレーションケーキを

おごそかに運んできた

おめでとうございます

お誕生日。

エッ

何で今頃。


お昼過ぎに

現場から戻り

なにかしら


甘いものが食べたくて

5時前に

田舎饅頭を買ってきて

皆で食べた後でした。

P1070835.jpg


「みんな出かけて誰もいてへんし、

まいったな

と思いながら出しました」



タイミングがずれるとは

こうゆうことなのか


かわいそうに

折角用意してたのにね

申し訳なくて・・・・


饅頭なんぞ食うんじゃなかったと

チョコレートプレート付きの

ケーキをいただきました。


どうでもいいようだけど

やっぱり嬉しいんですよ


いくつになってもね

わたしだけの

誕生日ってね。


おおきに



































あったかですよ



昨年末にお引き渡しをした

垂水区のお宅に

P1070828.jpg

「木族」の施主インタビューと

撮影を兼ねて

お伺いしました。


リビングの薪ストーブは

いつみても

存在感があります。

P1070822.jpg

室内の間仕切りは

ほとんどありませんが

P1070824.jpg

それぞれの部屋に

可愛いスタンド照明や

小物入れタンスなどが、

スギの板張りを

表情豊かにしていました。


間仕切りがないため

寒くないかと

気にしていたのですが
P1070823.jpg


薪ストーブを晩につけただけで

十分あったかだったようです。


つけ始めたころ

煙が出ないか

気になったようですが

近隣からのクレームも

なく、


楽しんでおられるようでした。


あったかくなれば

お庭の方も
P1070825.jpg


自分たちで工夫したい

とのこと。


まだまだこれからが


楽しみなお住まいです。





























ちっちゃな木材市 菜の花月



本日

第2回

ちっちゃな木材市

を開いてます。

P1070806.jpg P1070798.jpg

お天気もよかったのか

朝から大勢の方が

来られ、

お釣りの調達にてんやわんやです。


中には1200円のケヤキを

千円値引きしてくれ

という

すごいおじさんもいてたりで


大阪人も少々びっくり。


まだ、始まったばっかりです


午後から

どんな方と

出会えるのか


期待してます。
















雨に喧嘩をうられてる



総持寺の現場は

ラス貼りを終え

左官屋さんが

外壁下地のモルタルを

D3X_0010_20090304_010_m.jpg


2日前から塗り始めました・・・が、

小雨です。



西宮の現場は

ようやく

きのお

ベースコンクリートを打ったのですが

今夜も雨だと・・・か



小雨で

喜んでるのは

2日前に始まった

東成区の解体現場だけ

埃がたたず

水を撒く必要が

なさそうです。


あめが

オムニバスを

創りだします。


時と場所で

悲喜こもごも


本日

お茶漬け

風邪気味

うつ気味


こりゃいかん















「木族」も脱皮でっせぇ



4日

木族の4月号から

今までの8ページを

4ページに変えることになり、

編集会議をやりました。


「減らしました」と言わんとこが

みそでございます。


その分

ホームページの更新率を

上げることに、


「木族」で

建築の様々な問題を

掲載していました

下会所豊先生のコーナーを

「会所せんせの おえりゃあせん」

で、紹介することを決めました。


名古屋の会所せんせ(1級建築士)が

欠陥住宅や住宅建築など

数多くの取り組みを通し、

行政、業者、職人、ユーザーさんなどに


感じてきた「おえりゃあせん」を

書いてもらおと

思ってます。


会所せんせ

ユーモアのセンスが

問われますぞ、


「何文字くらい?」

などと、聞いて来ないでください。


その時点でセンス

ダウンでっせ。





















自然の住まい協議会



神戸市西区に新設された

コープ自然派事業連合の

本社で

自然の住まい協議会の

会合が開かれました。


会議の始まる前に

配送センターの

工場内を見学


冷凍品、冷蔵品、その他と

種分けされた発泡スチロールの箱に

P1070774.jpg

一軒一軒インプットされた

商品が詰め込まれ

レーンを流れます。


そとはミゾレのような雨

冷蔵室で作業する人は

P1070772.jpg

それを跳ね返すような

スピードで動いてました。


保育室が設けられ

保母さんは二人

現在、10人の子供を

預かっているとか

P1070775.jpg

職場で子供を預かってもらえるなら

これほどの安心はありません。

さすが、コープ自然派です、


給食室の設備も完備され

本日のメニューは

芦屋コロッケにカキフライ

春キャベツとあさりの煮物

栄養バランスもGOODです。

せっかくのこだわりの食材を前に

若い方の持込みカップめんが

チラホラ

嗜好まで規制できず

つらいものがあります。

食堂で、4年前に建築された

お施主さんの

ご子息にバッタリ

驚きの出会いでした。



会議は

2008年度の事業報告と

れいほくスケルトンの

今後の取り組み方について

熱い意見が討議されました。


それにしても部屋が熱い

あと3℃は下げられまっせ。












































































屋根と外壁のチェック


通りがかりのリフォーム屋さんに

屋根瓦を変えた方がいい

と言われたんですが

一度見てほしい、

合わせて、外壁のチェックも

ということで・・・・・


屋根屋さんと

民家スタッフで

伺いました。


屋根瓦の問題点は

平瓦を敷き込み

一番上に棟瓦を積むのですが

棟瓦と平瓦の間の

重ねしろが無く


もう一枚小さな瓦を

入れる必要があり、

DSC_0029_20090228_029_m.jpg
(これは高槻の現場ですが、棟瓦のすぐ下に細い瓦が一枚入っています。)


隣地との境界を意識してか

妻側の瓦(ケラバ)が

外壁に埋まっている状態でした。

P1070754.jpg

雨水の切れが悪く

雨水が侵入する恐れあり。


外壁も、

あちこちでヒビ割れがあり

P1070753.jpg P1070749.jpg

その修復と

塗装の必要がありそうです。


問題は隣家の屋根瓦です。

現在、無人状態で

棟も落ち

もうすでに

ヒビや割れもあり、

足場をかけることも

出来ません。


はてさてどうしたものか。

兎に角

施工前に現状写真を撮り


慎重な施工を

心がけることしかなさそうです。

































配筋検査 in 西宮



雨からやっと解放され

本日、配筋検査であります。

P1070768.jpg

鉄筋の通りもビシッと

きっちりとした仕事は

気持のいいものです。

P1070763.jpg

鉄筋工の職人さんは

新しくできた

居酒屋のうわさ話で

盛り上がってました。











2年越しのリフォームです

枚方のリフォーム現場を

覗きました。


一昨年の秋ごろに

訪問したお宅ですが

お忙しくてなかなか時間がとれず


丸一年を過ぎての

施工です。


その間

施工することしないことを

じっくり選択し、決断されました。


久しぶりの訪問で、

ビックリ!


外壁は塗り替えたと

伺っていたのですが

まばゆいほどの

鮮やかな

山吹色に変身してました。

メタボチック蛙 P1070756.jpg
吹き付け前と                 吹き付け後        

門柱のメタボカエルも

心なしか、

はしゃいでいるようで・・・。


中では

無口な大工

トリオ・ザ・モリッチ

の伯父と甥が

P1070758.jpg P1070760.jpg

間仕切りを

もくもくと

造ってました。


帰りの高速

梅田の降り口で

あまりの鮮やかさに

あまりのダイナミックさに

P1070716_20090228143249.jpg

見とれました。



前向いて運転せえよ