FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

えらいこっちゃ


こうなるとは思うてたけど、

こうまでいくとは

思わなんだ。


圧勝なんて、喜んでおられまへんで

現状の嵐、乗り切れるんか

どうか

なったらなったで心配や

今度は追いまくられる番でっせ


息子が

がんばって国立大学に入ったけど

絵文字名を入力してください

果たして追いついていけるんか

どうか、みたいな

複雑な心境


兎に角、

早よ

なんとかしてくれ?!

絵文字名を入力してください

夏、終わったがな











スポンサーサイト



のび太くんになった茶レンジャー


計画中の奈良のお宅に

打ち合わせに出かけました。


民家の設計と施工担当とで

敷地のレベルを測りにいったんです。

P1090774.jpg

前回

スポンジボブの絵を描いてくれた

6歳の男の子がいます。


今日は自転車の練習に一生懸命で

お母さんが後ろで支えて練習してるんですが

なかなか上達しません。

お母さんは自転車に乗れなくて

どう教えていいのか解りません。

P1090776.jpg

見かねて茶レンジャー(民家の監督)が

それじゃ、上達せえへんわ、とポツリ


いきなり6歳児が

「のび太くん、教えてください」に

顔を見合わせました。

「そう言ゃあ、似てるわ」

変な汗

恐るべし6歳児の感性。















夢を食いものにしたらあかん




建築士事務所民家に

急成長で

全国展開をしているフランチャイズの組織から


グループに入りませんか、という

勧誘のDMが頻繁に入る。


同じように国産材の活動をしている

友人の工務店にもよく入るようです。


新聞の全面を使って

すべて本物で建てても

○○万円安くて

お客さんは感動のあまり即決

必ず○○棟は決まる!!


となれば、

この時期気がそそられる工務店も多いはず。

ところが

知人の設計事務所に、

そこで施工中のお施主さんが

駆け込んで来たようです。

むか むか むか はあ
 
モデルハウスを見て一目惚れ

何度か現地まで出かけ、

いざ建築となり、紹介されたのは

全く初対面の工務店で

契約はその工務店と交わすことに


基礎の段階で

あまりにも工事が杜撰であることに気づき

工事を進めるかどうかで悩んでいるということです。


契約は工務店と結ぶため、

その組織は責任を追求されないような仕組みになっているようです。

う☆に う☆に う☆に

フランチャイズの怖さはここにあるようです。

一般のハウスメーカーは

お施主さんと直接契約をするため

責任の所在は、ハウスメーカーにあり

当然、傘下の工務店への指導は厳しくなる筈です。


ノウハウ売りだけをしている組織は

加盟工務店を増やせば増やすほど

高額の入会金が入り、


直接責任を負わないため、

加盟した工務店のモラルと技術力で

右にも左にもなるということです。

急成長をしている組織であれば

なおさら、

工務店教育も追いついていないのでは・・・


なんかのマジックを使わん限り

そんな旨い話はおまへんで。 へっ






























メタボマジック点灯




ここんとこリフォーム工事が多いんですが、

行く先々で、収穫のお野菜をいただきます。


トマト、ゴーヤ、キュウリなどなど

手作りならではの日向の味がします。

3週間前にした

健康診断は

メタボラインすれすれで

要注意のマジックが点灯しました。

アイコン名を入力してください 生ビール

こらアカン 

ということで、


いただいた野菜をセッセと食べるんですが・・・

やっぱりビールと縁を切らな・・・恥ずかしい--   あかんかなぁ。
















改築をされ方から再びのご依頼です

2年前にLDKの改築をされたお施主様より

今度は2階を全面改築したいという

嬉しいお電話をいただき

行ってきました。


このお宅は

曾ばあちゃん、

おじいちゃん、おばあちゃんと

若夫婦とチビちゃん2人の

4世代が同じ屋敷内で

生活をされています。

改築したLDKが4世代のコミュニケーションの場として

大変喜ばれているとか

P1080882_20090826180921.jpg

保育園児であった

お兄ちゃんは小学1年生に

当時お腹の中にいた女の子は2歳に

成長していました。

顔1号 こんちゃ♪

ひ孫ちゃんは、

なにをしても怒らない曾ばあちゃんが大好きだそうです。

あらためて大家族っていいなぁと想いました。


骨組みは重量鉄骨ですが

杉の香りいっぱいの住まいに生まれ変わります。


室内には、

ゼオライトと竹炭が入った塗壁「そよかぜ」を

と、考えています。


































木造3階建ての完成見学会をしました


8月12日にお引渡しをし、

お引越しされたばかりです。

DSCF2905.jpg

お施主様のご協力で

木造3階建ての完成見学会を

行いました。

残暑の中、10組のご参加をいただきました。


ここの地は支持地盤が15m下にあるということで

一般的に施工する改良杭と比較判断して、

ジオクロス工法を選択しました。

地盤に始まり、法的規制や、構造の説明まで

民家のスタッフが全員で当たりました。

DSCF2906.jpg DSCF2875.jpg
(外階段から2階への2世帯住宅)  (3階は燃え代設計による構造現しです)

「外観からは想像できないくらい、木が生かされてるお家ですね」

「浴室のヒノキは憧れです」

P1090733.jpg
(床はコルクタイルで冬でもあったかです)

「この障子の間仕切りは良いですね」など

P1090732.jpg
(階段格子の2本目は前の家にあった想いでの自在鉤です)

会話の弾んだ見学会でした。


2組の方が、お子様連れだったのですが

お施主様が託児を申し出てくださり

大助かりでした。


何から何までありがとうございました。





瑕疵担保保険の基礎配筋:検査を受けました。

まもり住まい保険

瑕疵担保保険の

基礎配筋の検査を受けました。


役所が委託している検査員と

同じ人だったようです。


そんな場合は、

検査員は帽子を替えて検査するようです。

キチンとすれば

基礎の検査を2回する必要はありません。


全くその通りなんだけど・・・・

1回の検査に役所と瑕疵担保の

両方に検査料を払わなあかんて

横の連携をとれば

一件分の検査料で済むと想うんですが・・・

結局はお施主さんの負担になるんやから・・・


ま、ま、

現場はこんな風に進んでました。

P1090729.jpg P1090726.jpg

立ち上がりの型枠を組む前に、鉄筋が真ん中になるようスペーサーを入れておきます。


条件付だった土地の条件を外して、

土地だけ購入された敷地です。


地鎮祭時に取り掛かっていた家は

既に完成し、

販促の旗がはためいてました。

P1090731.jpg





































大和棟のお隣に離れ


先日来

ご相談を受けている

大和棟のお屋敷に隣接する敷地に

離れを建てることになりました。

P1090572.jpg

今日も植木屋さんが入り、

広いお庭にたくさんの植木鉢を収納する

棚を造っておられました。

P1090721.jpg

その中から「サギ草」をいただきました。

鷺が飛び立つ姿にそっくり。


いつもながら

設計者が提案すれば

どんどんグレードが上がってしまうんですか、


それはいいものを提案したい

という「想い」がそうさせるんですが、


なんせ譲られへん予算枠があるんです。


先日ドキュメント番組で

ドンキホーテのリーダーが

スタッフに

一喝したはりました。


売り手側の「こだわり」の

ほとんどは

売り手側の

自己まん(満足)に過ぎんのや。


お客はそんなもん望んでへん!


ドンキホーテさんおおきに

勉強させてもらいました。

こんちゃ♪

忘れがちですが

お客さん目線で物を見なあきまへんなぁ





























どうにかならんもんか



25年?30年経った住宅の

相談を受ける中で

建て替えか、リフォームかで

悩んでる方が多い。

大概は

建て替えをしたいけど、

今の基準に合せれば

北側斜線に、道路斜線、道路後退に

もちろん建蔽率に容積率

採光面積になんちゃらかんちゃら

とつけば

既存の家より狭くなり、

とてもじゃないが家にならない、

といった内容がほとんどです。


家の傷み具合を考えれば

改装にそれほどお金をかけても

いいものかどうか、となる。


今まで見てみぬふりを

決めこんできたお上の責任は

ないんかいな。


せっせとローンを払い

ようやく自分のものになった敷地に

家が建たんなんて

ようわからん わ

わん

ドドドッと厳しい規制を敷きこんでも

その裏をかいくぐる能力に

長けたやつはいてるやろけど ね



















またまた大和屋根


昨日

友人の薦めるままに

奈良の活元運動を体験しました。

お訪ねしたお宅は

大和棟の立派なお屋敷でした。

P1090681.jpg P1090684.jpg

P1090687.jpg P1090688.jpg

P1090690.jpg P1090668.jpg

最近、なにやら大和屋根にご縁がありそうで・・・



気を集注させ

人が自然に持つ治癒力を

アップさせることで、

整体につながるという

運動だそうですが、


お茶漬けはこの大和棟だけで

すっかり治癒力がアップしたように

感じたのであります。


明けて本日、たった5日間の休みで

仕事がごっつう溜まってる

ブログにかかわってる

暇はないんや エヘッ






















トホホ お盆を前に免停

お盆を前にして

30日の免停です。

12日に講習・・・で

丸一日搾られます。


それにしても

ネズミ捕りは

みごとな場所に

猫

仕掛けてあるものです。


みなさん

とにかく

先が見えない上り勾配と

トロトロ走ってる地域の車を

絵文字名を入力してください ?? ・・・・・ 目が点

追い抜かんことです。


ショボッ 絵文字名を入力してください


















アットホームに太陽光発電セミナー



国も力を入れている

太陽光発電システムについて

京セラさんに講師をお願いし

セミナーをしました。


京セラさんとは

ソーラーシステムに進出された頃から

20数年のお付き合いになります。

ソーラーの元となるセルを

独自で生産し

チェックの厳しいドイツでも

高い評価を受けているようです。


過去のお付き合いの中でも

メンテナンスの取り組みが良く、

学ばせていただいております。

P1090630.jpg

狭い会議室に

サークルの輪が2つ

アットホームなセミナーとなりました。

P1090632.jpg

ご出席の方々も質問がしやすかったようで

デザイン的なことから

具体的な価格まで

話が弾みました。

興味のある方は

ご相談ください。

































木造3階建て 完成まじか




ベランダから眺めれば

P1090615.jpg

ご近所さんは3階だらけです。

その中で

お玄関も階段も水周りも

完全分離型の2世帯住宅です。

P1090598.jpg

3階の若夫婦エリアは

コンパクトながらも

若い感覚を生かした

スパニッシュ風のキッチンです。

P1090606.jpg

パエリヤが食卓に出そうな雰囲気に・・・

P1090607.jpg

これから子育てというキッチンの足元には


油汚れなどを考慮し、石風のタイル敷きになってます。


1、2階はご両親とおばあちゃんの

P1090604.jpg

居住空間です。

P1090626.jpg

とくに1階は、

慣れ親しんだ畳の生活を重視

キッチンとリビング(茶の間)は

その時々を

P1090627.jpg

障子で演出できるようにしています。


8月22日(土)セミナー

8月23日(日)見学会

2日間をかけて「木造3階建てのノウハウ」を

勉強します。

これから木造3階建てを、という

アナタ

ぜひご覧ください。















水都おおさか森林の市2009


今年も10月10?11日に

森林(もり)の市が開かれます。

近畿中国森林管理局で

第2回目の実行委員会が開かれ、

行ってきました。

P1090585.jpg

出展者の受付状況や

ポスターのデザイン提案に

スタンプラリーの方法などの

検討が行われ、


昨年の2万8千人の来場者を

超える3万人の来場を目指します。



さぁーてと、

協会は何を出そかいな。

3万人の

ハートに残るイベントにせんとね。








大和棟の隣に、離れを建てたい



大和棟は奈良に多く見られる

庄屋層の民家型住宅ですが、

最近ではあまり見られません。

ここは

40年前に大和棟をいかし

デザインされた住宅で、

P1090575.jpg

母屋と門型の塀がマッチし

独特の雰囲気をかもし出しています。

P1090576.jpg

P1090579.jpg

敷地内に倉庫兼フリースペースの

P1090574.jpg

離れを建てたいということで

伺ったのですが、


大和棟の存在感に圧倒されました。

とにかく

予算内にどう仕上げ、収めるか

試されるところです。


素晴らしい建物は

いつの世にも美しいものであることを

教えられました。











模型をつくろう



本日は茨木市のセミナーです。


今回は模型にチャレンジです。

平面図は理解できても

立体的に見ることは難しいのですが

P1090547.jpg

模型は組み立てていくことで

P1090571.jpg

家の全体像が掴め

家具の位置や壁までの有効幅など

窓の大きさ、高さなど

具体的に捉えることができます。


我が家をより理解するためにも

有効なばかりでなく

家族とのコミュニケーションにも一役買ってくれます。


茨木のセミナーは

午前10時?12時までとしているのですが

休憩もとらず、

午後2時まで延長することに

完成までは至らなかったものの


みなさん達成感のうちに

宿題を抱えて

お開きとあいなりました。


















6年経過のお宅訪問



10年経過したお家を拝見したい

という方がいて

7年目を迎える

武庫之荘のMさん宅を訪ねました。

以前も2、3回

イベントで使わせていただいたお宅です。


床の間には

山葡萄が活けられ、

P1090543.jpg

涼しげな表情をみせていました。


外気は蒸し暑さが一段と厳しい中、

クーラーも回さずして

室内は丸で別世界です。


やはり土壁のお家は違います。

訪問された2組のご家族も

「帰りたくない気分です」

と評価をいただきました。

それにしてもMさん、

ヒノキ、杉、節の話に始まって

大黒柱やヒノキの階段など


セミナーの優等生ぶりを

発揮していただきました。

その説得力は脱帽もんでした。


いつもながら心より感謝いたします。


ほんとうにお施主様に支えられていると

実感した次第であります。



敷地の3方に施した竹垣が

本物の為、少し腐食している

(腐食を嫌って今は殆どプラスチックですが、

Mさんは無垢にこだわり竹を選ばれました)


ということですが、

せめて10年は我慢して、

何にするか選択するということになりました。


それにしてもプラスチックが本物より高いのは許せん。


























































遊土で遊ぼ



夏休みバージョンで

お子様と一緒に土遊びです。

P1090523.jpg
P1090527.jpg

地球環境さんオリジナルの

「遊土」(ゆうど)を

つかって、それぞれ好きなものを

創りました。

トリケラトプスに

P1090526.jpg

かいつぶりの親子

P1090520.jpg

アンパンマンに

P1090518.jpg

ちびチャンの足型を押したりと

P1090528.jpg

真剣に取り組みました。

P1090531.jpg

後は、お父さんが塗り壁に

チャレンジです。

P1090536.jpg

ゼオライトと竹炭を入れた

「微風」(そよかぜ)を

P1090542.jpg

親子で完成させました。