FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

仕事おさめです




年々早くなる年の瀬です。


御堂筋のイチョウが黄金色に染まったな

と、思てたら


もう、仕事納めです。


みんな頑張ってスギの床板に

ワックスがけしました。


カレンダーの付け替えをし、

お開きです。


仕事始めは6日からです。


さてさて


新しい年を寅にするか、猫にするか・・・

うんにゃ


トラでっせぇ?トラ  ビックリマーク

みなさん、良いお年をお迎えください。

















































スポンサーサイト

土地購入する前に、立ち話をするべし


京都で土地を検討している方がいて


その依頼を受けて

チェックに行ってきました。


土地を見る場合


道路との高低差や

P1100700.jpg

日影や風の通り

地面の水はけ状態

擁壁などの状態

P1100703.jpg

隣家とのかかわり等々

P1100714.jpg

数えれば切がないほどです。


プロでないと判らないことも多いのですが、


自分で唯一できることは

ご近所さんからの情報収集です

立ち話で充分情報は得られます。


例えば・・・

処理場跡は、何の処理場でしたか?

P1100687.jpg

下水の処理場でしたよ。


雨水が溢れることはないですか?

水はけはいいですよ、それだけは自慢できます。


この地域は快適ですか?

坂道が多くて、車しか通りません。

人が歩いてないので、防犯が心配です。


生活は便利ですか?

お店屋さんがないので、もっぱら生協さんの宅配です。


今一番気がかりなことは、

向こうの山が開発され、山頂にあるお墓の周りにまで

P1100702.jpg

家が建てられることです。

土砂崩れしないか心配です。


ほらね

知りたいことが殆どわかったでしょ。


後は、

お値段と比較して

妥当かどうか、と

土地を購入した後

生活するために建物以外に

土地にどれだけのお金がかかるかです。


安価に購入できた土地は

何らかの理由があります。


後でお金がかかることだけは間違いなさそうです。



さてと、どうしたもんか 考え中






























































なんじゃかんじゃでいそがしおます



ジングルベルにつられるように

毎年

この頃になると気ぜわしい


何がどういうわけでもないのに

落ち着きませんな。

一つ年取るいうことは

それだけ大変なことなんですな・・・



今日は又、大好きな方の訃報が入り


ふぅ?   オチはっぱ

って、なってます。


イエスさんも御釈迦さんも


見たはりまっか・・・おおきに



みなさん

もう一踏ん張りでっせ


頑張りなはれや




好評です階段壁面の本棚



土曜日の見学会で

一番の好評は

P1100653.jpg

階段の壁面にとった本棚です

壁の中に入れ込むこともあるのですが

20センチまでの幅であれば

そんなに苦労することもなさそうです。

P1100682.jpg

子供たちにも好評でした。

造りつけ家具は建具の費用が嵩みます

扉をつけずにロールカーテンなどで


仕切っておくもよし、


かえって棚だけのほうが

本を手にとる回数も増えるというもの。


ユニットバスは

ビジネスホテルについているような


バス、洗面、トイレ付のものです。


お施主さんが

便器の蓋(ステンレス)だけを

イケヤで買って来られ

つけました。


お洒落という人や

新幹線みたいと思った

スタッフがいたりで


感じ方は様々なようですが


ちょっと工夫することで


家づくりが楽しくなることは


間違いなさそうです。


あなたのセンスを試されてはいかがでしょうか。










































益々スギに惚れました

鼻からツララが下がりそうな朝でした

こんな日に見学会とは


えらいこっちゃと思てました。

見学会が終わってからのお引渡しで、

まだ暖房器も入ってません。


とりあえず女性スタッフの足元に置いている


ミニあんかを2台持参したんです


ところが、家に入ると全く寒さを感じません。


なんと

1階のリビングに陽がさんさん。

P1100658.jpg

ぞろぞろ入ってこられた参加者も

その暖かさにびっくり

スギの力に感動


論より証拠とはこのことかいな

と、納得しまくりました。


クリスマスの飾りつけもバッチリです。

P1100643.jpg

P1100660.jpg

P1100647.jpg


お施主さんちのタッチャン(小1)


が神妙な面持ちで、問いかけました。


「オバちゃん、クリスマスやゆうてケーキ食べるだけやったら、オモシロないんと違う?」


ほへぇ?

うちのスタッフも考えんような提案に

うろたえたのであります。


「ぼくはね、色々考えたんやけど、親父ギャグをしょうと思う」


オヤジ役って?

「違う、親父ギャグや」


それどんなんよ

「* * * * 」

(タッチャンが何を言うたんか、忘れましたが

例えば、この羊羹ようかんで食べや  みないなもんです)



オバちゃんは絵本を読むつもり、と

P1100674.jpg

毅然と

対等に応えるお茶漬けでした。


子供たちは階段に鈴なり状態で

P1100679.jpg

お気に入りの本を読んでました。

P1100650.jpg

二階の天井に

シナ合板を張ったのですが

その臭いが気になり

国産材住宅推進協会おすすめの

微風(シックイに竹炭とゼオライト入り)を塗ったところ


嘘のように臭いがなくなりました。


論より証拠 第二段でしょうか


本日、スギに惚れなおした一日となりました。


































































さみ?



ひぇ? う☆に

なんちゅう寒さや


木族の原稿やっとこさ

間に合いました。


明日は奈良の登美が丘で

新築の離れの見学会ですが


お施主さんにちょっと早めに


クリスマスツリーを飾ってもらい

リース
ミニクリスマスをします。


20人くらいの方が参加されるようです

あったかい飲み物と


ケーキを奮発します


人いきれで暖かくなればいいのですが


おしくらまんじゅうでもしょかな














福知山の熱い兄弟

かつて建築士事務所民家で

現場監督を務めていた伊東和哉さんが

福知山の

親父さんの事業(伊東建設工業)を継いで

早いもので8年が経ちます。


林業から製材を担当する4男坊

不動産を手がける3男坊


3人兄弟で、頑張っている姿を

取材に行ってきました。


中国縦貫から舞鶴自動車を走り

1時間30分で到着です。

製材所が同じ敷地内に存在し

10数台の車が止められ

賑わっています。


「ごっつう、車が止まってるけど、駐車場に貸してんのん」

我が毒舌にも屈しません。


敷地から見える裏山を含め

500ヘクタールもの山持ちさんやそうです。

P1100641.jpg

1ヘクタール未満の山持ちが多く

管理されず放置されている山の手入れを

請け負い、

その山で生産された木材を販売することで

お金を還元する方法を続けておられます。


手放された山を購入するうちに

500ヘクタールに増えていったようです。


それにしても頼もしい兄弟です。

悩みは、山から製材、不動産に建築と

P1100633.jpg

(民家にいた頃は、浪速のブラピと異名を誇り、行け行けどんどんでした)


どこに所属しなくても何でもできる反面

自社だけで固まっていていいのか

と、自問自答しているとか


今は林業という仕事を

一般の人に興味を持ってもらうことから

始めてますという弟さんと


地産地消の木造建築がオモシロイ

と手放しの伊東さん。


とにかく熱くて火傷しそうな二人でした。

雨の舞鶴道から

中国道に入った途端、雨の気配は全くなし



取材の様子は木族1月号で紹介します。





































楽しかった日々譚レシピ


12日に武庫之荘の「せいのう」さんで

「日々譚レシピ」のセミナーをしました。


リメイクに興味がある参加者ばかりで

P1100598.jpg P1100607.jpg

「日々譚」の山口明香さんの

やさしい語り口調に

ほんわか包まれたセミナーになりました。

P1100615.jpg

着られなくなったワイシャツが

P1100604.jpg P1100620.jpg


山口さんのアイデアとセンスで

重宝でおしゃれな

P1100619.jpg

かっぽう着に生まれ変わります。

それぞれが好みのかっぽう着に手を通し、

にわかファッションショーです。


「あたりきしゃりき堂」(天下茶屋)のこだわりドーナツと

せいのうさんの有機農法の

コーヒーや紅茶、チャイにリンゴジュースと

P1100606_20091214102426.jpg

サロン風で今年最後のセミナーにふさわしい


和気藹々の雰囲気でのお開きになりました。


来年も楽しいセミナーを目指します。


乞うご期待































神去なあなあ 



これ読みました?

と、お施主様から贈られた本

三浦しをんの

「神去(かむさり)なあなあ日常」

P1100597.jpg

就職もままならない若者が

親から押し付けられるように

全く未知の世界である

林業という職に就くはめに


神去村の林業に携わる人達との

かかわりをとおして


林業という産業の

置かれた状況が見えてくる。


村が守り続けるしきたりや

祭りごとの数々


しきりに意味や理由を尋ねても

誰もが「なあなあ」で、

昔からやってるから、とそれなり


死ぬことも生きることも

たんたんと繰り返され

生きとし生けるもの総て

自然と同化し


若者の普段着のままの語り言葉が

映像を見るように伝わってくる。


読み終わって思わず、

神去村を探したほどです。


あっぱれ!三浦しをん


国産材に興味のある方は

ご一読あれ。


三坪さんに感謝します。 プレゼント





















だいくさんありがとう

岸和田のリフォームが終わりました。

1ヶ月と5日間あまり

娘さんのご家族は、

母屋のほうで泊まっていただきました。


2階の総てを解体して

書斎と子供室を設けました。


以前は部屋数を確保し、

その間に押入れがあったため


光と通風がさえぎられ

各部屋とのコミュニケーションが

とり難い状態だったんですが

100_3458_20091209155859.jpg 100_3429.jpg 100_3460.jpg
(子供室からリビングを見る)(左が書斎、引戸の裏は寝室)(子供室の引戸を閉る 成長に合せ間仕切り)  


100_3440.jpg 100_3432.jpg  100_3467.jpg
  (落ち着く書斎内部)       (リビング脇の洗面)     (スギに木のおもちゃが似合う)

すっかり開放的になり、

ベランダのデッキは

グゥ?ンとワイドに

CIMG0158.jpg

これなら焼肉スペースとして最高です。


小学校1年のお兄ちゃんから

大工さんへの感謝状です。

P1100596.jpg

大工さんの勲章が又増えたようです。




























はちゃめちゃ餅つき 第2弾


午前中は生憎の小雨でしたが

ちっちゃな木材市に来られた方にも

つきたてのお餅をと

張り切って9時半のスタートです。


前日に水に漬けておいた餅米を

朝、ザルにあげて

蒸しあげます。

火力が強かったこともあり

20分で蒸しあがりました。


「餅つき奉行」の采配で

とにかくお湯はバンバン沸かしておけ、と

P1100550.jpg

残念ながらリースの杵は

なんと樹脂系です。

もち米はコープ自然派さんの

無農薬やったのに・・・・・


どうゆうこっちゃ

P1100579.jpg P1100585.jpg
 

物珍しさに、

ご近所さんもつきにこられました。

P1100575.jpg P1100590.jpg

回転すし「とれとれや」の

威勢のいいオネェちゃんも参加です。

可愛い女子の参加で、

場は一層の盛り上がりようです。


45キロのもち米を

つきあげ

P1100595.jpg

手際よく???丸めたお餅は

みんなの胃袋へ


ご近所さんの声

「毎年しはったら、もっとようけ集まるやろな」


ちょっと・・・、なぁ

考えときます。


思いのほかのエネルギー放出に

へたりぎみの

言いだしっぺでした。




















































監督の攻防



現場では設計の意図とするところと

現場監督のこだわりが

交差することもあります。


お施主さんとの打ち合わせで


天袋に建具を取り付けず

かわいいカーテンか、

ブラインドにすることになったんですが、


それなら12mmのシナベニヤに穴をあけ

建具代わりにしましょ、埃も入らへんし、

お金もかからへんし、ということに


うまくいけば、これからも使おと思ったんです


ところが監督さん


過去に嫌なことでもあったのか

まさかの攻防です。

「反ったら困る、後でクレームになりまっせ」

ということで、


反らないための3重構造に

それが、これ

P1100538.jpg

まま、きれいには収まってるんですが・・・

ちと、意図するとこではないんですが・・・

設計も根負けしたようで・・・

一途さに負けたぁ?

こんな歌があったよな



この窓は、全開にしたいというご希望で

ちょっと珍しい

外側に開く両開き窓です。

P1100541.jpg

網戸も内側に取り付け、

両壁に引き込むようになっています。


ワンフロアーですが

造りつけの書棚の裏には

ご主人専用の

5帖ほどの書斎があります。

P1100543.jpg

風の通りを考え、上部は明けてつうつうに。


とかく加齢は頑固になり勝ち


やわらかに、やわらかに、はんなり


と、ね。





















































はちゃめちゃ餅つき大会



この不景気を吹きとばせ !

と、ばっかりに企画したもんの

餅つき大会、

意外と大変


職方さんらに声掛けして

きてもらう事にしたんですが


みなさん餅つき経験ありの

田舎育ちに見えたもんですから・・・

ところが

日が近づくにつれ


みんなシティボーイやと

自己評価をしはります。

う☆に

どこがや、と

はやる言葉を飲み込む始末


兎に角、全員聞きかじりの

つなぎあわせマニュアルで

餅つきです。


事情聴取すれば

餅をひっくり返す役がおらん

全員ピッチャーで、キャッチャーがいてまへん

uha

もたついてたら餅は固まるそうな

当たり前やがな


我こそはと思われる方

どうぞお越しください 

この5日です。


この分やと

食方ばっかり増えそう


な、気配


あちゃァァ


アイコン名を入力してください




















よかった! やっと出てきた汚水枡



下水道課が探してくれた筈の

地下2mにあるという汚水枡がない


1週間まえから

毎日のようにユンボや手掘りで

探すが見つからず


最悪、新設せなあかんか、

と諦めかけたとき


現場から「あった!!」との知らせが


なんと

2m掘り下げていた上にあったとか

そら、出まへんで


兎に角、物事の殆どは

思い込みが狂わせるようです。

P1100498.jpg P1100497.jpg

なにはともあれ、出てきてくれてよかった。

P1100503.jpg

現場は、今週で完成のようです。

古い欄間がなかなかええ感じに

おさまってました。

予算の都合もあり

2階の昇り天井に針葉樹合板を選択されたのですが・・・

いかんせん臭いが気になって

結局、微風(そよかぜ=シックイに竹炭、ゼオライトが入ったもの)

をその上から塗りました。

流石です、臭いが消えてました。



今年最後の見学会を

12月19日にさせていただきます。

お施主さんも一緒に

ミニ・クリスマスです

おしゃべりしませんか。







170年前にタイムスリップ


離れを建築中のすぐ傍に、

旧鴻池邸が移築され喫茶室になっている

とお施主さんに聞き


現場の帰りに早速寄りました。


大塩平八郎の乱で、鴻池邸は焼き討ちにあったのですが

残った表門や、


P1100506.jpg P1100507.jpg


生活用品などが展示され

P1100525.jpg P1100531.jpg
(輿入れに使われた籠)        (両替と書かれた看板と、番頭はんが使こうてたソロバン)

当時の豪商ぶりが

P1100529.jpg P1100515.jpg
(ようけの賄いをしたおくどさんの蓋) 
よう分りました。

P1100524.jpg P1100512.jpg

建具なども当時のものか

味わいのある手作りのガラスでした。

P1100509.jpg

おぜんざい(600円)で、

200年前にタイムスリップした気分


ラッキーな一日




もみじ色の尼崎

尼崎の園田で

ご両親の家を木造3階建てに

と希望する方がおられて

行ってきました。


20年前に園田の公民館で

住宅セミナーをしたこともあって

懐かしく出かけたのであります

P1100483.jpg

現場近くの通りで

見事なイチョウの木と

真っ赤に紅葉した木(桜?)に

出会いました。

P1100482.jpg

一瞬、目を疑ったほど、

尼崎のイメージがひっくり返ったんです。


現場は、準防火地域の木造3階建てとあって

先日、お引渡しをした東成区の家の事例を

参考までにお話しました。


民家の設計スタッフ・Kさんが

地鎮祭から、地盤改良、基礎、棟上、

P1100491.jpg P1100492.jpg P1100493.jpg

造作、屋根、外壁工事と工程を追って

詳細に写真を纏めていたのが


非常に分りやすく、好評でした。

苦労は報われるんですね。


気分が良くて帰りに

スパゲッティをご馳走する羽目に

P1100481.jpg

また、来れますようにと

イチョウの木に

お願いしたのであります。