FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

計画中・土間キッチンのある家



当初

新築を計画されていたのですが、

P1110429.jpg

求めた土地に先に買い手がつき

断念されました。

P1110420.jpg


そこで築20年の中古住宅を購入され

水周りを総てやりかえ、


キッチンに土間を採用し、

ダイニングとの取り合いにテーブルを設け

子供と同じ目線で

一緒に料理が楽しめるよう計画中です。


キッチンの上の納戸部分を


一部吹き抜けにし

薪ストーブの煙突を通し


暖かさが2階にも伝わるよう検討してるところです。


お二階には

床の間のある和室を造り


後は、お子さんの成長するまでを

オープンスペースにし、

シアタールームをご希望です。


お若いご夫婦で

今後、どんな風に生活をされたいのかが

明確にイメージされていて

ストレートに伝わり、


設計者(ルーラル工房・岸田裕子さん)としても

大変やりがいのあるお仕事に

なりそうです。


古いイメージの土間を

どれだけ使い勝手の良いものにするか


今から楽しみです。

P1110439.jpg


乞うご期待。










































































スポンサーサイト



熱帯魚復活



震災で熱帯魚の水槽を木っ端微塵に破壊され

暗闇の中、

フローリング上でピチピチ跳ねる音を聞いてから


一時、その気も失せていたんですが

リフォームのお宅で飼っておられ


やおら、癒しも欲しくて

再挑戦とあいなりました。


水槽は30センチの小ぶりに


まずは、ネオンテトラとテトラ系でスタート

P1110539.jpg

となると


珍しいのが欲しくて


ついつい

こんなんと

P1110540.jpg

こんなんを

P1110538.jpg

つがいで・・・

P1110541_20100327163952.jpg

育てるのは難しいという

アドバイスを振り切って、

飼ったのですが、

日に日に下に沈み、

引きこもり状態で

ひょっとして産卵か、

と淡い期待をしたのですが


事態はそんなに甘くなく


1週間で寿命を終えたのであります。


もう、買いますまい。


ベランダの植栽の根元に埋葬


ごめん
































太陽光発電・ここだけの話



24日の武庫之荘のセミナーで

太陽光発電を数多く手がけられた

職人さんの話を聞きました。


各メーカーが販売に乗り出している

太陽光発電ですか


何を基準に選択をすればいいのか

それぞれのメーカーは

当然ですが、

自社製品のいいところしかPRしてくれません。


あなたなら、どうします?

価格優先ですか

発電効率ですか


安くて、効率よく発電してくれるものが

一番いいのは解ってますが・・・

真南に30度の傾斜を持つ屋根が

ダントツ発電にはいいようですが、


実際の屋根の状況は

お隣の樹木の陰になったり、

敷地の加減で南が少しブレたりと、

様々で、営業マンの言う様に

自社製品の発電試験の100%出力には

ならないようです。


100%太陽光がふりそそぐ

試験場所のような敷地で家を建てる方は

ほとんどいない訳で


又、安価なものは

見過ごしがちな


架台や、設置金物の素材など

内容の脆弱なものもあるということでした。


屋根構造の解らない職人さんも多く

雨漏りなど問題になっているようです。

なにかによらず


総て価格で選択するのは考えもんです

P1110558.jpg
昔から言うてまっせ

安物買いの銭失いにならないように


選択はくれぐれも慎重に



































































年中恋するハイビスカス

杉プレゼントの一棟目の見学会を

先週させていただきました。


完成状態をごらんください。

P1110547.jpg

P1110553.jpg

P1110549.jpg


お施主さんはまだ3泊しかされておられないとか、

梅雨時にはきっとよかった、と

言って頂けると思います。

P1110554.jpg

このハイビスカスは2年目だそうですが

年中花を咲かすそうです。


塗り壁に反映した影も美しく

きっと

杉との相性もバッチリの筈。



お施主様にはたいへんお世話になりました

感謝いたております。

塗り壁のヘアークラック




今協会でお勧めの

「そよかぜ」ですが

1週間前に施工した現場で

おそらく

下地の関係と思われる

ヘアークラックが入ってました。
P1110556.jpg

(写真にとっても写らない状態ですが)


塗り壁の働きは語るにつきませんが

ヘアークラックばかりは


上塗りしても又、同じ箇所にクラックが入り


塗り替えればその箇所だけ色が違ったりと

結構、難解です。


ちなみに、施工後、風通しを良くすると

クラックの原因にもなります。

(ゆっくり乾燥させるのがベター)


一旦、剥がして、下地から塗り替えない限り

満足のいく状態は望めません。


なんとか左官仕事を残したいと考えますが


塗り替えのリスクを考えれば

左官工事はやはり高価なものに

ならざるをえません。


今回の取り組みは

塗り壁を安価にと、

提案したものだけに

頭を抱えてます。

左官屋さんに聞けば、いたずらに手を加えないほうが

いいということですが、

兎に角、

しばらく様子をみていただくことにしました。


結果は、また後日知らせます。


































休みが2日もとれるやなんて、しわよせ(幸せ)


一日は観梅で使い果たし


さて、後の一日をなんに使うか

やっぱり朝一で「ハート・ロッカー」を見ることに


久しぶりに最初から最後まで

寝ることなく鑑賞しました。


さて午後はと・・・

コープ自然派でゲットした

小鯛とアジの干物づくり

P1110546.jpg


鯛は背中から開いて一塩し


ベランダへ・・・

昨日、靴下をぶら下げた

洗濯ばさみに吊るして

半日でOK


生乾きが最高!

その日のうちに

黒キリの当てに


かくて2日間の休日完了


























































桜の前に梅ありき




まだ朝晩肌寒くて

梅が満開だと聞いて

加東市にあるお寺に参拝をかねて

P1110525.jpg

行ってきました。

お寺の雨水受けに

P1110521.jpg

P1110522.jpg

御影石のカエルが載ってました。

朝一番に行ったので

人も少なかったのですが

P1110527.jpg

P1110531.jpg

後期高齢のご夫婦が仲睦ましく

写真を撮っておられました。

P1110529.jpg

梅と重なり

なにやらほんのりと


思わず見とれておりました。


老梅も味わい深いものが・・・と

「どこから来られたんですか?」


ご夫婦に声を掛けられ


あたふたと狼狽ぎみのお茶漬けさんでした。


このオチは今一でっせ。





























ちょっと こ耳に挟みました

中部地域で横行しているようですが

P1110309.jpg


なんでも新築にご入居され

10年未満のお宅に

設計事務所から

一律15万円で

建物のチェックをしますという案内があり


お願いすれば

建物のボルトが緩んでいる

という報告で


手の施しようがない壁体内の

ボルトの緩みを指摘し

相手の工務店に対して

訴訟をおこすことを勧めるようです


グループには弁護士もいるようで


200?300万の賠償金を提示し


成功報酬として分配するという話を

聞きました。


どこの木造住宅であっても

乾燥材を使ったとしても

木材を使えば

多少の収縮はあります。


弱小の真面目な工務店をターゲットに

それを指摘し、合法的に責められれば

どんな立派な工務店もお手上げでしょう。


実質、倒産に追い込まれた工務店もいるようです。



法律を厳しくすればしたで


それを逆手に商売する輩がいるようです。


その歯止めをどうすればいいのか

国交省さんお知恵をください。


























富田林のひなまつり




COM計画さんのお誘いで

富田林の寺内町ひなまつりに

P1110492.jpg

P1110493.jpg

P1110474.jpg

机を並べさせていただきました。

P1110481.jpg

P1110476.jpg

杉山家や奥谷家、仲村家といった古民家の並ぶ

P1110475.jpg

町並みは有名ですが


それでも年々古民家が解体され

今時の家に様変わりしていく傾向にあり


何とか街並みを残し、

建替える場合も違和感のない建物を

という趣旨で、COM計画さんが企画

設計した住宅が建てられていました。

P1110483.jpg

P1110477.jpg

地域振興のひなまつりに合わせて


今回は3スペースの空き地で

P1110480.jpg

後ろに法面がある条件で

手ごろな価格帯で

民家型住宅を建てませんかという

PRを兼ねたものでした。


駐車場なども

塀囲いをしないで、4?5件のお家が

共有して使うという

コーポラティブ精神によるものです。

P1110479.jpg

昼食に鴨そば(つけめん)を

食べたのですが、


大繁盛で慣れておられないのか

30分待ちと

気の短いお茶漬けさんには

久々の体験でした。


もちろん

食べることに要した時間は3分

旨かったです。




































神戸市北区・杉板のリフォーム現場へ




杉板プレゼントに応募された

床板の張替え現場を覗きました。


前、前日と悪天候に見舞われ、

P1110408.jpg

雪が降ったという証が残ってました。

嘘のように

本日はポカポカ陽気です。


リビングの床の張替えですが

めくったところで蟻害を発見し

P1110407.jpg

急遽、土台の差し替えを行ったようです。

P1110415.jpg

そのまま気づかなかったら大変なことになっていたと

お施主さんから感謝の言葉をいただきました。


それだけ喜んでいただけたら

こちらも嬉しい限りです。


ご馳走になったミルクティのおいしかったこと

P1110409.jpg

















服部緑地で取材です



大阪教育大学で

楽しいジョギングの公開講座を開いておられる

佐藤光子さんの取材に出かけました。

場所は

近くにいながら一度も行ったことがない

P1110401.jpg

服部緑地です。


大阪国際女子マラソンに11回も参加され

ベストタイムが2時間47分53秒

というスゴイ方です。


ランニングの基本的レクチャーを

教わりました。

足のつま先と同じ方向に膝頭が向いてないとあかんそうです。

肘は曲げて後ろに引くようにすれば

反動で自然に手が前に振れるようです。

P1110396.jpg

なにはともあれ

1週間に90分程度の(6日×15分)

ランニングから始めることやそうです。


その前に体重は減らしたほうがいいようです。

足腰に負担がかかりすぎるようで

トホホ


パドックと思いきや

P1110405.jpg

乗馬クラブがあるとかで


今、一番元気なシニアが集ってました。

















バラのお風呂


誕生日に思いがけないプレゼントが届きました。



早速、あけるとバラの花がドッサリ


なんと!!!


薔薇のお風呂にどうぞ


嬉しくなって

P1110384.jpg

早速、浴槽に浮かべました


こんなことでもない限り

薔薇をお風呂に浮かべるなんて

発想は皆無です。


しばしゴージャスを堪能した次第です。


いくらしたんやろか、

なんて


考えない、考えない


晩に使った薔薇はすくい上げて

翌日、朝風呂にもう一度

貧乏性は直せません


後は又、すくい上げて


新聞紙に広げて

P1110386.jpg

ポプリとして

使います。


これだけ使いまわせば

薔薇も喜んでくれるかな


若干、薔薇に振り回されてる感はあるけど


これ  


なかなかいいプレゼントよね。









































マンションに竹炭入り塗り壁

マンションに

「そよかぜ」(シックイにゼオライトと竹炭入り)を

塗っています。


伸びがよくて、塗りやすいと定評の

「そよかぜ」です。


塗り方はシックイのように

平滑に塗ると思っていたんですが、

勘違いしてました。


P1110381.jpg

ランダムに塗るのが基本のようです。



化学物質や臭いなどを吸着し、

分解する能力があるんです。


昨年、施工現場でそれを証明する

出来事がありました。


予算の都合もあり、

2階の勾配天井にシナ合板を張ったのですが


不愉快な臭いがあり、

「そよかぜ」を塗ったところ


臭いがいっぺんに無くなったんです。


ところで色ですが

塗りたてはビックリするような

P1110379.jpg

濃い色ですが


乾けば薄いベージュ色になります。


クロスを剥がさずに

直接下地材を塗り、

1時間後仕上げの「そよかぜ」を塗っていきます。



左官工事にしろ

塗装工事にしろ

壁と天井の境目に

養生テープが残っていますが


しっかりと養生して取り掛かることが重要です。


塗り終れば、3日ほど乾燥のため寝かせておきます。


乾燥を速めようと、風を入れると


ビビの原因にもなります。


塗り壁は


あせったらあきません。


興味のある方は

3月20日の見学会にお越しください。















冷蔵庫の裏



なかなか動かせない冷蔵庫

はて、さて、その裏は・・・

P1110376.jpg

恐るべし静電気のなせる業


思わず我が家を想像しました。

おそらく

えらいことに・・・


紺屋の白袴の所以


クロスを張り終わり

P1110373.jpg


あとは左官工事を残すばかりに


「微風」の仕上がりが


楽しみです。




スイッチカバーは

お施主さん好みの

P1110378.jpg

陶器です。


ベランダは

P1110375.jpg

もうすっかり春色です。


















育てる家を実践


1,2階とも杉板を張って欲しいという


ご依頼があり、伺いました。

30年前に

ご両親が建てられた注文住宅だそうです。


土壁に柱はヒノキと

随所にこだわりが見られ

その想いが伝わってきます。

P1110366.jpg

階段も厚さ35ミリの松が使われていました。

2階は何もしないで土壁のままで

納戸として使われていました。

今回は、その2階を寝室と、子供室、書斎

と、造作を考えておられます。


よくセミナーなどで

「使わない部分は、仕上げをしないでそのままにし、

使うときにその時に合う間仕切り仕上げを・・・」

と、話していますが、


実践される方は少ないのですが、


30年前にそれを実勢されていたようで

頭が下がりました。


2階は荒壁のままで

P1110355.jpg

P1110342.jpg

両妻の上部は通風を考えて

土をつけずに施工されていました。


クーラーをつけたことがないと

言われる筈です。


構造もどっしりとし、

大工の意気込みさえ感じます。


どれだけ立派なシステムキッチンが入っていても

意気込みが伝わることはないのですが


不思議です。


ご両親の意思をつないで

大切に使って欲しいと


お願いしました。



帰りに

見つけた『家電回収』の看板

P1110372.jpg


こんな「家」あれへんで

ちょっと

こだわり過ぎでっせ。

























現場で見つけた春




急に暖かくなると

いっぺんに春の気配です。

訪問したお宅で

P1110268.jpg

みごとな桃の花が

P1110285.jpg

あわてものの桜も

開花です。

椿はちょっとあきれ顔で

P1110300.jpg

この後始末をどうつけたものか

P1110301.jpg

戸惑っています。


我が家のベランダでは

ボケのミニ盆栽が

横着な家主に

言い訳ほどの蕾をつけて

P1110307.jpg

抵抗していました。



P1110299.jpg


ヘッ

信頼のあるなしで・・・・・

民家でリフォームをされるかたに

杉板をプレゼントします。

に、たくさんの応募をいただきました。


お問い合わせも多く

一番が

「一部屋いくらで、できますか?」

という質問です。

P1110316.jpg

一般に張られているフローリングであれば

6帖の間であれば○○円です

と応え易いのですが、

25?30ミリの厚さがあり、

下地の状況で、施工方法も変化し、

他の部屋との取り合いの段差や

P1110330.jpg

建具との関係など、

戸建ての住宅であっても

明快に答えられないのが現実です。


まして、マンションとなれば

遮音の方法や

掃き出しのサッシとの高さ調整など

検討事項は多くなる一方です。


そこで

現場を拝見させていただいて、お見積もりを・・、

見積もりまでは無償ですし、

するしないは、それからの判断で、

とお応えしているのですが

なかなかご理解いただけないようです。


リフォームは施工だけでなく

現場によっては

P1110312.jpg
(内、外部の養生が必要です)

施工するために家具を

P1110319.jpg
(総ての家具を養生)

あっちこっちと移動させながらの施工になり

移動だけで半日かかることもあります。

既存を剥がして廃棄処分をするのにも

すべて、価格に反映します。


また、上の階になればなるほど

4メートルの板材はエレベーターに入らないため


階段を運ぶわけにもいかず

クレーンで対応できるか、

クレーンがだめであれば

2メートルの材料を加工することで

P1110333.jpg
(上 エンドマッチの凸、 下は凹型実加工)
P1110334.jpg

エンドマッチ加工(縦つなぎの実加工)が

必要になるなど


現場により違ってきます。


板材と大工さんの日当だけで

出来ると思う方も多く

苦笑させられることもあります。


「じゃあ、お宅は何が安いのですか」と

立腹される方がおられるのですが、


・・・だから・・・、

板材を無償で提供するということなんですが・・・

それ以上も、それ以下もないのですが・・・。


いつもと同じ積算方法による

見積もりをし、

使用する板材の代金をゼロにさせて

いただいております。

どうやら

減額する分を上載せしているかに

お考えの方もおられるようで


信じられない体質が建築屋に

定着しているせいでしょうか。


良かれと思い企画したことが

素直にとっていただけないとは

トホホで 

寂しい気もいたします。


嬉しかったのは


民家で過去に施工されたことのあるお施主さんからのご依頼も

数件あり

「ラッキー!!」と言って頂いたことです。


人間関係の信頼のあるなしが

いかに大切かを学ばせていただきました。