FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

犬格

事務所前マンションの

5階に飼われているワンちゃん


欲求不満からか

ベランダに出ては

通る人に吠えまくります。

P1120985.jpg
(これは多分ネコ)

CONFORT9月号で

犬の行動欲求を満たすプランニング

というのが載ってました。

それによると

犬のためを思って覗き窓なんて

造らない方がいいようです。


外が見えることで、人の往来、声、音

が気になって落ち着かなくなるようです。


なんせ犬の聴覚は半端じゃないんですから


それと

寝る場所のすぐ傍にトイレは嫌なようで

犬はきれい好きなんですって


何のことは無い、人も犬も一緒っていうことですか

主の姿がちらちら見えるくらいの

関係がよろしいようで

これも人間さまと一緒ですか

兎に角、犬には犬の犬格があるってこと

P1110968_20100930105338.jpg

考えれば

4年前まで一緒に暮らしたペコちゃん(ヨークシャテリア)

18歳で天命を全うしたんですが

長生きできたのは

やつが家主だったから・・・かも





スポンサーサイト



積小為大

サクセスなにわさんから

「成功への道しるべ」小冊子

が送られてきました。

P1120981.jpg

一説を紹介します

小惑星「イトカワ」への探査を成功させ

無事帰還した

惑星探査機「はやぶさ」が話題になりましたが、


小惑星のイトカワは、

ロケット博士で有名な糸川英夫博士からとった名だとか


その糸川さんは多彩な才能をもっておられ

様々な分野で発揮されたようです


あるとき貝谷バレエ団の貝谷八百子さんから


年一度の公演には父兄役で出演できますが、いかがですか?

ただし、足が頭以上に上がることが条件です


当時、御歳60代の糸川博士は

数10センチしか上がらず


その日から風呂上りに

数10センチの台の上に新聞一部を

毎日重ね続けて


クリアすること1年半で

頭以上に足が上がり

60半ばで国立劇場に出演され

当時の週刊誌に写真がのったようです。

積小為大

小さなことでも積み上げていくことで

大成をなすという逸話です。



ところでトウホウ

酔っ払うと足を上げる癖があるようで

頭上まで上がるのですが・・・

そういえば、最近、足が上がる程飲むこともなく・・・


「積小胃大」に甘んじている次第


あカンがな













































時効とは言わせません!!


16年前に建てたお施主様から

連絡が入りました。


7年前にもキッチンの排水が詰まり

修理したにも関わらず


また、詰まるなんて・・・どうゆう事ですか!

あの水道屋さんはダメです

とお叱りの電話です。

とりあえず現場を見ないことには、と

施工担当者と水道屋さんが出向きました。


結果は・・・

キッチンを据え付ける際に

メーカーの作業員が

P1130266.jpg

P1130269.jpg

P1130270.jpg


ジャバラの接続部品を配水管に

落としたままにしていた為と分かりました。


7年前は詰まっていたゴミが流れたので

解消したとばかりに思ったようです。


ちょうどエルボ(曲がり)部分に留まり

長い時間をかけてゴミが溜まったようです。


配管を切断したため

その復旧費用を誰が支払うか、ということですが


お施主さんとすれば

いくら16年経過したとはいえ

時効にはならないはず、


メーカーの取り付け責任として

工事代金はメーカーに支払わせてください

結果報告も書いてください。

ということでした。


いくらなんでも、落とせば分かると思うんですが・・・

一人の作業員がおこたった不注意で


水道屋さんは猛烈な煽り風を受けたようです。

どこにでも起こりがちなミスですが


誰にせよ責任ある仕事をしたいものです。

兎に角、

水道屋さんの嫌疑が晴れたことは確かです。



































































片付けベタ


落ち着いたら読もう、明日中に片付けよう、

なんて、考えてたら

机の上がいつの間にか煩雑になり、


書類、雑誌、印刷物の山、山


そこでどなたかの真似をしました。

9月9日に

こんなことを書いて置いたんです。

P1130265.jpg

笑ってしまいそうですが

以外と効き目あり


要は意識の問題ですが

習慣になっていることを修正するにはもってこい


なんなら一度お試しあれ







新米のブッキング


新米の一番乗りはみやざき米5キロ

やっぱり旨いと納得の三段腹に

P1120978.jpg


綾部特別市民の会員としてあやべ米

5キロパックが届きます。


そうこうしている内に

滋賀の友人から新米30キロが・ドサッ


40キロの新米は古参米と名前が変わるまで

トンガラシやワサビの

親衛隊に守られ


なんとか虫も付けずに

玄関脇の定位置(ここが一番気温が安定してる)に


一年近くいたはります。


今回は何とか半年で消耗せんと・・・


この罰あたりが!!!!
















雷あけの秋日和

23日にお寺参りで

300段の階段を上がったり下りたりで

足がパンパン


何とか現場に到着


玄関周りにスギの床板が張られていました

既存の壁にあわせて


床板に色をつけてほしいということで

オスモカラーを塗ったようです。


殆どの現場が生成りのままで

使っていることもあって

スギと解釈するのに時間を要しました。

P1130239.jpg

木は何とでもあわせやすく

まず合わないものが無いといってもいいほどです。


30年前ともなれば

断熱材は入っていたりいなかったりで

P1130251.jpg

床板の下には断熱材が敷かれています。

P1130252.jpg

断熱材が落ちないように受け金物が付けられています。


ユニットバスに洗面、トイレに

キッチンと総て入れ替えです。

P1130245.jpg

広いリビングにはスギ板を張るための

下地合板が張られていました。


P1130257.jpg

棟梁がもっているのは4mの箱尺ですですが、

今はスタッフというらしい。

なんとも従順なスタッフで、羨ましいような、羨ましくないような・・・

P1130259.jpg


お庭が広く、秋の草花が

お施主さんを待っているようでした。


帰り道で

P1130262.jpg

珍しい建築にゆかりの地名を見つけました。


































木族


ようやく木族(機関誌)の校正が上がり

本日、木族から解放されました。


25年も書き続けていると

「ネタ」がぁ・・・


短い文章でも

ふうふうゆうてます。


年々きつくなる一方で

間違っても、作家になんぞなれません


2ヶ月に一度になって

楽勝と思ったんも束の間


今度こそ、早めに書くぞ

と、毎月思う始末


われぞと思わん方は是非、是非


ご寄稿賜らんことを

こいねがいつつ・・・・・


明日は休みかぁ















堺の蕎麦屋・ちく満さん

祭り好きの友人と

岸和田のだんじり祭りに行こかと・・・

出かけたまでは良かったが


目に飛びこんだ懐かしの蕎麦どころ「ちくま」に

P1130234.jpg  
(蕎麦屋とおもえない工場)

怪しげな化学工場のようですが、蕎麦粉の精製から

蕎麦になるまで一貫してやったはります。


ついふらふらと誘われて・・・(ちくまは30年前に見つけたお気に入り店)

P1130230.jpg

ここはあったかい蕎麦オンリーの老舗です

1斤と1斤半の二種類

そば出汁に生卵を入れて食します。


あったかくて

コシがなくてレロレロ

江戸っ子からは、ざけんな!と言われそうですが


変に癖になるのど越しなんです。


ビールのあては


出汁をとった残りの鰹節に

刻みねぎと山葵を入れただけ

究極のもったいないバージョン


広い座敷に点在するちいさいお膳を囲んで

P1130228.jpg

カップルや家族がひたすらに蕎麦をすすっていました。


レシートは無く、

P1130237.jpg

レトロっぽい領収書をくれました。


帰り際に手渡された印刷物には


昨今の不況で、消費税分の値上げ余儀なくされたと

泣きの告知をしてました。


で、だんじりですが

満腹で流会ということに・・・・・


次回は寄り道せずに行こうと
 
決めたのであります。













































解体はいつも刺激的


よかった、やらんで

洗車を迷っていたら恵みの雨


昨日から始まった解体現場へ

30年前の軽量鉄骨系プレハブです。

P1130224.jpg


区画が広くゆったりした街並みが

広がり、阪急川西へ一直線の道路が整備されています。


住宅産業にとって良き時代でした。



例によって内部は

すっからかんに

P1130207.jpg

この地域は冬期には結構冷え込みが厳しく

配管には凍結防止の布が巻かれていました。

P1130209.jpg

浴室の解体もほぼ終わっていましたが

P1130220.jpg

やっぱり土台は腐っていました。

P1130203.jpg


天井をはぐれば軽量鉄骨の骨組みが顔を見せます

P1130218.jpg

1ヶ月で総ての水周りのやり換えと

スギの床板、壁、天井、木製建具、造り付け家具と

工期は限られています。


そつなく工事が進みますように


よろしくね


当方、木族(機関誌)の締切が明日だというのに

内容が固まってない


えらいこっちゃ


















高知ツアー 熱ッチッチィー

9月11日大快晴ッ

毎回ご参加いただいている

ツアーファンがおられまして


今回も3?4名お越しいただきました。

とりわけ、Oさんは森昭木材の田岡氏の大ファンで


このいで立ちでお出ましです。(山伏スタイル)

P1130056.jpg

ベタですが「仙人」です。


ユニークな方とそうでない方と

総勢27名

賑やかなツアーとなりました。

P1130158.jpg

7時?20時まで

日帰りでどこまでクリアできるか

勝負どころです。


山の中は清々しく


必ず見ていただくポイント

手入れされた山と、

P1130097.jpg (間伐が行き届き下草がはえている)

されていない山

P1130070.jpg  (間伐がされず陽が射さないため薄暗く、下草も生えない)

早明浦ダムの上での食事タイムは

P1130125.jpg

いつも感謝です。赤牛とあまごの旨かったこと。


原木市場はこの熱さで

例年に比べ出材量も少ないとか


それにしてもカンカン照り

田岡さんのしたたる汗にも屈せず話される迫力に

P1130157.jpg

感動しました。

モデルハウス見学

P1130164.jpg

P1130169.jpg
(心なしか後姿に疲れが・・・・・)


気がつけばタイムオーバー16時

なにっ! 土産が買いたいだと!

道の駅にユーターンし15分


結局お買い物を15分でクリア


北淡路島のサービスエリアで

「トイレ休憩5分です」に


ブーイング

「あかん、じゃあ7分で」


7分やて

大慌てで、とるものもとりあえずバスにご着席


誰や!一人足らん、仙人がおらん

店舗のガラス越しに見える赤シャツは

まだミヤゲ品の物色中


昼食の冷酒が利いたようで

思慮深く、冷静沈着な仙人が


くめの仙人に・・・


車中の視線も気にならなくなったようで

このおおらかさ(映像はありません)


アンケートにありました

もう少しゆっくりしたツアーに・・・・・


やっぱり一泊せなあかんかいな


徳島からツアーに合流された方から


写真と礼状が届きました。


「仙人の理事長さんによろしく」


へっ  


センニンハ、リジチョウデハアリマセン

彼女のハートには

どんな団体と映ってたんやろ・・・


とりあえず

次回から仙人のコスプレは厳禁ということで

































































初めての和歌山城

和歌山の方から相談があり

新築かリフォームかで迷っておられる

ということで伺いました。


築60年を経過した木造2階建ての住宅です。

何でも平屋の上に二階を建て増したものということでした。


いわゆる「おかぐら」といわれる手法で

1階と2階を繋ぐ通し柱が無いため

地震になった場合、上下に別々の動きが生じ

耐震性に期待が持てないと言われています。


和歌山は白浜や勝浦のイメージが強く

かなり遠くに感じていたのですが

1時間15分で現場に到着です。

道路網の日進月歩に

日本が益々ちっちゃくなるようです。


ほん和歌山城の側で、車からちらちらとお城が見え隠れします。

P1130192.jpg


徳川家康の十男、頼宣が城主とか

十男って・・・ご立派


柱などはしっかりしたヒノキが使われ

この住まいもこだわりを感じます。

P1130197.jpg
(ここのお宅ではありません。これは城門です)


昔は店舗ということもあって

室内側からの見通しが良く、


まだお若い奥様ですが

閉鎖的でなく、いながらにして外が見渡せる

そんな感じが好きなんだそうです。


今の状態では多少のお金をかけたとしても

それほどの耐震性も望めなさそうで


建て替えを検討された方が

結果としてよさそうです。


使えそうな建具や木材は何かに活かすことを

望んでおられます。


この家を大切に思っておられる

ことが伝わり嬉しくなります。


もう少しお城を見たかったのですが・・・

次回お尋ねするときに

まともな和歌山城を

撮ることにしました。










































それでもヒノキのシッカリした柱が使われ





カフェ食堂 ナカムラさん


西宮からの帰り道

ナビに逆らった挙句、道に迷って・・・


武庫之荘に

そういえば、店舗改装をしたカフェ食堂ナカムラさんが近くに

P1130050.jpg

P1130049.jpg

久しぶりに玄米ごはんも食べたくて

立ち寄りました。


脱サラで喫茶と食事のお店をされたのですが

いつ伺っても盛況です。

こころなしかご主人のオツムが

P1130052.jpg

やや軽めに・・・


玄米ごはん、小松菜のたいたん、サツマイモときゅうりのサラダ

キャベツロールにタマゴ、お漬物、大根とあげの味噌汁

引きたてのコーヒーがついて千円です。


いつも写真を食べてから思い出す始末

職人にも負けないほどの早食いですが

ここではいつもゆっくりめ

玄米効果か


9月25日(土)午後6時から

無添加ライブをされます。

チャージ¥1500(ワンドリンク付き)

お料理も注文できるそうです


出演は

武楽ぶらざーすBAND・すすむ と

松永明子、若宮功三さん

です。


いってみよかな





























お不動さん

本日調査に伺った土地(中崎町)の

すぐそばで


立派なお不動さんが祭られていました。

P1130046.jpg

P1130045.jpg

どうやら ひがし茶屋町を守るお不動さんのようです。

s-P1130039.jpg

s-P1130038.jpg

このあたりは、まだ大阪の下町情緒が残っています。

このマークは何やろか?・・・と話していたら

s-P1130034.jpg


通りがかりの人が「一方通行です」と答えてくれました

「さよか」とはいいませんが、

このあたりも大阪っぽい。



既存の解体工事が400万円(不動産屋)かかるそうですが


もう少し安くならないかの検討も含めての調査です。


一瞬の通り雨で少し暑さが和らいだようで・・・

 

週末の高知嶺北行きは満杯状態です。


それまでに気温が下がらんかなぁ




玄人裸足(はだし)


土曜日に開かれたちっちゃな木材市

2ヶ月に一度とあって

なつかしいお客さんも来られ

大盛況でした。


日曜日、川西の清和台まで行きました。


30年前に勤めていた建築会社の出張所が

川西にあったこともあって

清和台は懐かしい場所でもあります。


大阪から遠いばかりに思えた清和台は

すっかり様変わりし、

熟成した街に変化してました。

P1130015.jpg

15日からリフォーム工事がスタートです

お施主さんの趣味は木工ということで

作品をみせていただきました。

P1130018.jpg

P1130017.jpg

P1130019.jpg

なんと、玄人裸足の出来栄えです

おまけに全部国産材


ここの現場監督も木工好きですが、

その比ではなさそうです。


仕事がきれい

ほんとに器用な方はいるんですね。


協会を知られたのは6年前

丹波年輪の里での

「ルーラル工房」岸田裕子さんのセミナーだったとか


ご縁はどこにあるか分かりません






















木材市と魚の目と

本日午前中、ちっちゃな木材市が開かれます。

昨日、Yさんが施術した魚の目が痛むと早退し、

出てこないか心配していたのですが

対応してくれるようです。

魚の目も凍結させて切除するとか

必殺「タコの吸出し」に任せたほうがよかったんちゃう。



わたくしめは

午前11時に行われる

西宮のリノベーションのお引渡しに

立ち会います。

建具も入った仕上がりが楽しみです。


設計の先生はお施主様のご友人でもあり

いつもの施工とは少し趣きもことなり

大変勉強させていただきました。



午後1時には事務所で柏原市のお客様の

第2回目の見積もり提示です。

見積もり提示はいつの場合も緊張します。





5日は川西のリフォーム工事の

ご契約に伺います。


お施主様は板張り教室に参加されたご夫妻です。

P1080673.jpg

頼んでよかったと言っていただけるよう

頑張らなね


すべてのご縁に感謝です。

ウェイズさん

3、4ヶ月に一度

国産材住宅推進協会のHPの


アクセス解析を

ウエイズさんにお願いしています。


P1110968.jpg

解析表でおもしろいくらい

色々なものがみえてきます。


まあ、ズボラをきめれば、反射的に即、結果が・・・・


訪問者の足跡から、

どこに興味を持ち、どこがおもしろくないか迄

教えてくれます。


今はウェィズさんの若い頭を拝借というよりも

半ば強引に搾り出し

協会のイベントや、

機関紙「木族」の提案などにも参加していただき

ギャラの話になると目線を泳がせています。


本日危うくつかまりかけました。

「少し、上げていただ・・・」

待って、  「いつまで」  半年・・・・・・、



という訳で、お返しにPRを・・・


ウエイズさんはネットショップも開いています。

オーガニックな化粧品から生活用品まで

実に幅広く、ほしいものだらけです。


是非、是非、ご訪問ください。


ちなみにウェイズさんは、なかなかハンサム




お神楽の耐震性は

築60年の2階建てですが

定かではないんですが


何年か前に、平屋の上に2階をのせたようです。

P1120331_20100902155913.jpg

いわゆる「お神楽」で

通し柱を立てないで

管柱だけで2階を増築することです。


地震が発生すれば、

上と下が一体化されていないため

バラバラな動きが懸念されます。


新築かリフォームか悩んでおられます

そこで、現地調査をすることになりました。


ちょっと行ってきます



和歌山市まで

なんちゃない

泉佐野をまたげば


楽勝、楽勝






ア、ソウソウ

前回の

古民家の定義やけど

60年の前に伝統構法が基準です

かんにん・ごめん

お許しください。



古民家鑑定士

古民家鑑定士の試験を受けませんか

財団法人職業技能振興会

という誘いのDMで、

いつもの好奇心が湧き

行ってみよかいなと・・・


運転免許のように写真が2枚と

受講と受験に大枚2万9千円を払い込み


3時間の講習後、

45分間で35問をクリアするものです。

1週間前に教材は送られてくるのですが


「そのときでええわ」を選択し、

その日を迎えました。



50名中に・・・と、女は・・・・と

ワタシだけ?


居眠り防止でしょうか

名指しの質問です

「古民家とは、何年ぐらいからですか?」


エェッ! ええっと、80年くらいからですか


「あなた、想像で応えても回答と同じでなければ通りませんよ」


おっしゃるとおりです・・・

「明確な定義はないのですが、この本には60年以上となっています」




今年ハ、戦後65年デスネ

トイウコトハ・・・

戦後ノドサクサニ建テタ

バラックデモ

60ネンタッテタラ

コミカン、ジャナクテ


コミンカ カ ?

(やっぱり、へりくつかな)

とも聞けず


3時間は、早口を聞き漏らすまいと

耳をとんがらせ

P1120357.jpg

45分35問

近眼と老眼のメガネをバッタバッタと

二挺使いし


なんとかかんとか

マークシートは埋めたけど


ハテさて・・・




まぁま、ゲリラ猛暑でくたばりかけの脳みそには


刺激になったようで