FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

ひさびさのお茶事

築11年目を迎えた生野のKさん宅で

お茶事が開かれ

1年半ぶりに参加させていただきました。

多くの方が訪問され

いつもきれいに使っていただき

この家はほんとうに幸せです。


お庭はお茶事に備え、水が打たれ

P1130601.jpg

金柑や秋の草花が植えられていました。

P1130602.jpg
(キセルに葉タバコです)


腰掛待合にはおもてなしの気遣いとして

タバコ盆が置かれています。


急に冷え込んだこともあって

P1130607.jpg

炉に炭が入り、今日は釜開きでした。

P1130598.jpg

床の間にはお軸が掛けられています

二代将軍徳川秀忠が

柿を2箱贈られたお礼として

家来に出させた礼状だとか

P1130626.jpg

お茶事のお花は、

庭に今咲いているものをさりげなく飾ります。


お茶事に出される懐石料理は

すべて、その後に点てられるお濃茶とお薄のためにあるのです。

P1130610.jpg
(ひらめのお刺身と、粟麩と小豆の入った白味噌仕立てのお吸い物)

P1130611.jpg
(蟹しんじょうの椀物)

P1130613.jpg
(鮭の塩釜焼き)

P1130614.jpg

季節の食材を生かし

手間ひまかけて造られたものばかり


ごはんはほんの一口、二口を、3回に分けてよそいます。

その間、お客様にはお酒が出され、

ご亭主とも杯を酌み交わします。


好きな人はもうヘロヘロ状態、やめられません。

P1130632.jpg
(表千家の御点前です)

P1130628.jpg
(お濃茶を飲んだ後のお茶碗の景色なども観賞します)

P1130630.jpg
(和菓子も楽しみの一つ)

12時過ぎに始まった席が終わったのは17時でした。

P1130633.jpg

使い込むほどに艶が増していくようです

P1130620.jpg

P1130619.jpg

次回は1月28日(金)に開かれます。

P1130593.jpg

一度、体験されたい方はご連絡ください。

体重を減らさないと

正座の苦痛は半端じゃない





スポンサーサイト



外壁塗装真っ最中

ようやく阪神高速松原線が解禁です

初日とあってか

覆面パトロールが多く出動してるのか

車のセンサーの反応がひっきりなしです。


柏原のリフォーム現場へ・・・


先週から外壁塗装は始まっているのですが

途中、雨が降ったりで長引いているようです

「明日は台風の影響が出るやろうから、

今日中には終わらせたい」

ここはローラー仕上げですが

風の吹きようで塗料が飛散するようです。


隣接する駐車場には車が数台駐車中

P1130585.jpg

P1130584.jpg
(国産車です)

BMWやベンツやとなると

カバーをかけるのにも気を使うようです


まっさらのカバーを掛けただけで

怒鳴られたこともあったようで

現場の気配りも大切です。


室内はクロスやさんが作業中で

P1130575.jpg

壁は左官屋さんが微風を塗る前の

下地調整を済ませていました。


階段部分の施工は腰板に杉を張っただけで

ジュラク壁はそのままということですが


腰板の下地が必要なため、

ジュラクをそのまま残すというのは

至難の技です。

P1130568.jpg

金槌を使うたびに小口がボロボロと剥落し

何らかの手立てが必要です。


塗り壁を残して施工するのは技術を要します。


なかなか簡単にはいかないようで

プロの真価が問われます。

建築士事務所民家の

ニューフェイス山下君が

真剣な眼差しで現場のチェックをしてました。

職人さんにもなかなかするどい質問を

投げかけているようです。


ヨシッ!


























おはがきありがとうございました。


建築士事務所民家にハガキが届きました


「ホームページの会社概要を見ました。

1級建築士の事務所登録と

建設業許可申請書の

期日変更がされていません

情報は正確に伝えてください」

という内容でした。


どちらも今年が更新年で

1月と10月には更新していたのですが

うっかりHPの変更を忘れたままに・・・

P1120974.jpg


この親切な方に礼状のハガキでもと

思ったのですが、あて先が書かれていません

この場を借りてお礼申し上げます。


HPは製作時は一生懸命ですが

読み返すことは怠りがちです。


HPも呼吸していることを忘れず

今後気をつけます。













ちょっと変 90%アルミサッシ普及率

5台の車に分乗して

木製サッシのタミヤさんの本社へ

玄関には出迎えの活け花が

P1130508.jpg


様々な種類のサッシの説明を

民谷社長から説明をうけました。

P1130472.jpg

P1130473.jpg

ドレーキップは内開きと、内倒しが

レバーハンドル一つで操作できます


ケースメントは竪滑り出し窓で

角度が自在に、心内から外部の掃除が出来ます


オーニングは滑り出し窓で

あけた状態で雨をさえぎり、

適度な換気がとれるというものです


ヘーベーシーベは大型引き戸で

引き込み、引き分けと大きな開口部を

どんな風にもデザインできるようです


金物は基本的にドイツ製のものを使っているとか

P1130507.jpg

工場内では網戸を張る女性の姿も

P1130495.jpg

杉の30分耐火の実験をするということで

P1130497.jpg

試験体を造っていました

サッシ枠を接着する機械だそうです

P1130499.jpg

P1130490.jpg

ヨーロッパの主要国では

木製サッシの普及率が45?95%で

日本の気候風土に似たイタリアで65%

だそうです。

P1130479.jpg


高い断熱性が求められる窓に

高い熱伝導をほこるアルミが使われていること

が不思議といえば不思議です


火事になって最初に溶けるのはアルミサッシ

ガラスが割れてフラッシュオーバーは致命的


アルミサッシが90%の日本は

世界でも特異な存在だそうです


価格はアルミサッシの2?3倍

高い?

という人もおれば

思ったほど高くないという方もいたりで


ここや!!と思う箇所に

1?2本取り付けられたらいいですよね


それにしてもアルミはなぁ

腑に落ちん





















木製サッシ見学 VS えらいこっちゃ松原線

奈良の田原本にある

木製サッシの「タミヤ」さんの見学会を

23日(土)に行います。

s-P1120811_20101022112922.jpg

よりによって阪神高速の松原線が

工事で全面ストップやて


田原本の駅からタミヤさん迄、

車で迎えに来ていただくことになってます。


が、参加者が25名を超えそうで

スタッフとあわせると30名には・・・


タミヤさんに取り合えず人数報告を、


「エッ、5人くらいやと思てましたわ

会議室には20人くらいしか椅子があれへんし」

と、戸惑いのご様子で


ご心配なく、椅子なかったら立ってます。

s-P1120832.jpg

皆さんに興味を持っていただき

需要が増えれば増えるほど

木製サッシの価格も下がると期待してます。


お陰さまでこちとらは

長年のイベント慣れで

ご参加いただける人数が多ければ多いほど

やりがいを感じます。


参加者の明日の反応が楽しみです。




















「せいのお」さんの発電報告 

武庫之荘の「せいのう」さんで

コープ自然派FPの小谷さんによる

「保険の見直し学習会」が開かれ、

多様化する保険の仕組みを

学びました。

より具体的に、こんな特約は実際はこの程度の保障にしかならない

といったように、保障期間の払込保険料と

保障額を照らし合わせて判断するべし。

P1130470.jpg

感覚だけで、進められるままに

保険のかけ替えをすることが

どれだけおろかなことか

1ヶ月前にかけかえた張本人として

身に沁みたのであります。



それにしても参加者が少なくてもったいなくもあった

ほんと、身に付くセミナーでした。



ところで会場の「せいのう」さんは

建築士事務所民家で3年前に施工したところですが

電気、ガスに頼らず自然エネルギーで

どこまで生活できるかを実践しておられるお店でもあり

リサイクルショップと貸し教室をされています。


2008.9月から2009.8月の一年間と

2009.9月から2010.8月の一年の

太陽光発電の受給電力量と消費電力量の

比較データーをとっておられました。

2009年8月期の年間売電量は1963KWで 47,651円

          使用電力は2395KWで 50,874円

2010年8月期の年間売電量は2003KWで 82,162円

          使用電力は2217KWで 44,323円となり


2010年4月から買い取り価格が跳ね上がったことで

余剰金が生まれたようです。


ガスの使用量が2年とも71m3と同じ数字なのにも

驚きました。



P1130471.jpg
(川西のお施主さんにいただいた なんちゃらセイジです)

スギの教会

完成したばかりの

千葉県印西市にある

日本キリスト教団「千葉北総教会」を

見学させていただきました。

小高くなった敷地に

ポッンと建つガラス張りの教会は

P1130442.jpg

一見、レストランと見間違えるほどお洒落

P1130464.jpg
(牧師さんが書かれた看板)

打ち合わせのとき何度も神父さん(カソリック)と呼んでは

「牧師です」(プロテスタント)と

ダメだしされたそうです。

P1130444.jpg
(この空間に100人はいられたとか)

300ミリピッチで根太をいれておいて良かったとのこと

P1130445.jpg
(洋小屋のトラスがダイナミックで美しい)

P1130453.jpg

P1130451.jpg
(信者さん全員によりローラーで自然塗料を)

P1130460.jpg
(グランドピアノの音響効果が素晴らしいと絶賛されてました)

P1130441.jpg
(横壁と屋根はガルバリュウム鋼板で)


みなさんから温かく迎えていただき

どれだけ感謝されているかが伝わります。


なんでもキリスト教の最初の教会は

ヒマラヤ杉で建てたとか

ソロモンもお城や家にも糸杉を使ったとか

また

聖書の箴言(しんげん)に

子供はスギのように育つがよい

というくだりがあると伺いました。

スギについては様々なことが書かれているようで

聖書をごらんなさい

ということ・・・でした。



鈴木ご夫妻とは2?3年ぶりの再会で

堰を切ったように積もる話をし

スッキリしたところで


新しく出来たという「柏の葉キャンパス駅」まで

キムタクが買ったというマンション前を通過

5時20分ののぞみに飛び乗ったしだい。

つくづく思う

なんでも話せる友達は宝やなぁ



早速、帰って聖書に目を通したんですが

いまだ発見できず、

聞き間違えたんかな

見つからんということは

まだまだやと言う事なんやろな






また逢う日まで 

クリスチャンであった竹中さんは(前理事長)は

千葉県の「新習志野」にある教会の合同墓地に眠ります。


東京から京葉線で1時間ちょっと

お墓参りはいつも

千葉県のスズキ建築設計の鈴木さんご夫妻と待ち合わせし

連れて行ってもらいます。


11時の待ち合わせですが

車が混んで11時30分になるとか・・・

駅前では

子供たちが大声で

赤い羽根の募金を募ってます。

30分

財布を閉めたままで立つ勇気はなく

P1130469.jpg

赤い羽根をゲット


赤い薔薇が好きだった故人を偲び

これも毎回、鈴木氏に甘え、買っていただいてます。


本人は

新大阪駅で調達した缶ビールを1本持参するだけ


「不思議なんだよなぁ、竹中さんのお墓が千葉というのも」

ある程度の年齢になると何でも因縁づけて考えるようで


「教会の建築を依頼されたというのも何かあるんじゃないのかな」


そうなんです、鈴木さん設計の教会が

10月始めに完成したところです。

今回のお墓参りも、その教会見たさが半分ですが


故人はきっと許してくれるはず。


新しいお墓が増えていますが

墓標にこだわりが多く

3人で一番気に入ったのは

「また逢う日まで」

クー、泣かせる


一つ一つの墓標を評価し、

毎回、訪ねる墓の場所探しに右往左往し

たどり着くころには腋の下が汗ばみ状態


3人でお墓の周りを掃除し

赤い薔薇と缶ビールを供えました。

P1130433.jpg 
(人影は鈴木夫人です)

クリスチャンに缶ビールをこのままおくのは不謹慎と

生ぬるくなった缶ビールを一口づつ回しのみです


没・16年目の記念写真を撮り

意味も無く

墓地の裏にある海岸をジジババが散策に・・・

P1130438.jpg

それにしてもこの夫婦、年々顔が似てくるようで


つづく(予告・スギの教会)









































がんばれ金魚鉢

もう13?14年は経ってます

100均でよく売ってる

3センチほどの種からニョキッと葉っぱが出た観葉植物

P1090947_20101016100804.jpg
(昨年の春の姿)

大きくなりすぎて、金魚鉢に放り込んで

雑にお水だけやってたんですが

この炎暑にも体調を崩さず

身長も1メートル超えで、我が身長を追い越す勢い

エッ

P1130430.jpg
(知らん間にこんな芽が・・・)
P1130431.jpg
(エッ 孫?まで・・・)

今、その埃をかぶった幹に小さな新芽を発見

最早パンパン

どこまで頑張れるか金魚鉢

この行く末を見守ることに


明日は久しぶりに千葉の新習志野まで

竹中東吉っあん(前理事長・平成6年10月16日没)の

お墓参りにいってきます。












ハートカップ

建築のご相談ということで出かけました。

玄関ドアを開ければ


薄っすらと甘いかおりが漂ってきました。

お菓子の教室を開かれていて


見たことも無いような立派なオーブンが

P1130420.jpg  P1130422.jpg

並んでいました。

中まで見せていただき、お掃除が大変ですね、に

P1130429.jpg

中は拭かないで、この油の付き具合で火の回りが良くなり

上手にお菓子が焼けることを

教えていただきました。

う?む・・奥深い


大学をご卒業後

様々な料理の勉強をされ

P1130424.jpg

フランスの由緒ある菓子ディブロムのパテェシエを

取得されたようです。


お砂糖も小麦粉も総ての素材にこだわりを持ち

究極のケーキをリーズナブルに提供するために

工房を造りたいというお話でした。


それには、やっぱり国産の木で

と嬉しい結論をいただきました。


これから土地探しですが

素晴らしい夢のお手伝いができれば

嬉しい限りです。


紅茶とお抹茶入りのマロンケーキを

ご馳走になりました。

P1130427.jpg


想いを形に表したような

真っ白なティーカップはハート形でした。











低温床暖房・施工中

柏原のリフォーム現場は

ただ今、低温床暖房の施工中です。

P1130408.jpg

スギやヒノキの無垢板を張るとき

一般の床暖房は高温のため

床板に隙が生じることもあって

P1130409.jpg

協会では富士環境さんの

床暖を使っています。


以前は断熱材に炭化コルクを

敷き込み、その間に暖めた不凍液が循環する

銅管を敷設し

その上に張った銅版に熱を伝えて

床板を暖めていました。

今では

コルクの輸送コストが嵩み

値上げされたこともあって

ペットボトルのリサイクル断熱材

パーフェクトバリアを敷いています。

P1130412.jpg

また、銅版はアルミパネルへと変化しました。

熱源はガス、石油、電気とどれでもよく

ほとんどの住まいで低温床暖を採用していますが

高い評価を受けています。


玄関周りの床板の張り替えは終わっていますが

レベル(水平)通りに施工すれば

15ミリも下がるため、

建具枠のやり直しが必要だとか


ご契約では壁は既存のままということだったらしいのですが

そんな訳にもいかんと、

棟梁が頭をかかえていました。

P1130418.jpg

リフォーム現場ではアクシデントが起こりがちです

ほんと現場は

生き物です。


ユニットバスは別注につき

発注後2週間必要とか


ほんま

ヤキモキします



























カンナがけは奥が深い

2日目の森林の市は

秋日和で大勢のお客さんが

訪ねてくれました。


オークション参加し、300円でゲットしたと

P1130377.jpg

飾り棚を見せにこられた方も


それにしても正直、カンナがけにこれほど

興味を示す方が多いとは思いませんでした。

P1130404.jpg

大工さんも一人しか頼んでいなかったため

行列の対応に大工さんが悲鳴を上げたようです。

P1130405.jpg

チビちゃんも、お父さんに、おじいちゃん、おばさんと

P1130390.jpg P1130387.jpg P1130384.jpg P1130378.jpg

一人でカンナを扱うには難しく

総てに手を添えて、鉋屑をだすには

ほとんどは大工さんが削っているようなもんで


子供向けの足を作っておけばよかったと

反省しきりでした。


カンナは刃と台と押さえの3拍子揃わんと

P1130356_20101012093417.jpg

P1130357_20101012093446.jpg

P1130327_20101012093357.jpg

削れんようです

今はプレカットでなくてもプレナーで削るなど

殆どが機械頼りです


現在墨付けや、カンナを扱える大工さんが

何人いるか疑問です。


美容と健康には最適

足腰に力が入り、

腹筋にも効くのは間違いなし

カンナに学んだ一日でした。


















笑ろてなしゃあない・森林の市

どっひゃぁ?

降りましたがな


森林の市


16回出展して初体験の

大降り

P1130330.jpg 

P1130340.jpg

これぐらい降ると笑えます

P1130339.jpg

応援スタッフも呆然自失

P1130331.jpg

お向かいの和歌山のテントで

P1130347.jpg

スギの立証をしてました

P1130333.jpg

左の箱は珪藻土、(リンゴは変色)

P1130335.jpg

右の箱はビニールクロス、(腐ってカビが)

P1130337.jpg

真ん中の箱はスギで作られています。


中にはそれぞれリンゴが

P1130336.jpg

スギ箱のリンゴのドヤ顔をごらんくださいませ

リンゴにとっても居住性がいいようで・・・


カンナがけにレディが挑戦です

P1130371.jpg

P1130359.jpg

それにしてもチャレンジする男の子がおらんというのも

今を象徴してるようで

大降りは出展者のコミュニケーションをよくするようで

隣の大阪木材市場の丸太挽き体験に

P1130349.jpg

仲買組合のお姉さんがチャレンジです


明日は晴れまっせー












恒例 森林の市です

9日、10日と桜の宮の

近畿中国森林管理局で

恒例の「森林(もり)の市」が開かれます。


管理局の建物が改修工事を行っていることで

出展場所が奥へ移動しました。


今回はカンナ掛け競争をするのですが

大工さん曰く、

「今の時代プレナーを使うことが多く

めったにカンナは使わんで

カンナは刃だけ替えたらええもんちゃう

むしろカンナの台が大事なんや


素人が削るには、よっぽど素地のええ木でないと

刃がボロボロになってまう」


スギよりヒノキの方が削りやすいそうな

P1130327.jpg

刃は替えたらええくらいに思てたけど

見るとやるでは大違い

なかなか奥は深いようです

P1030447.jpg

イベントをやるとなると、

必ず

当日は雨でっせ

という声があがる



やかましいわ


降るときは降る

雨ごときで騒ぐんじゃねぇ







ハロウィンのフラワーアレンジ

友人の池田さんがハロウィンのフラワーアレンジを創って

持ってきてくれました。

P1130311.jpg
(鶏頭やリンドウなど秋の花で)

お花は好きですが

普段の生活に気軽に取り入れることには

なかなか至りません。


そこで

12月18日(土)の協会・最終イベントは

クリスマスや、お正月、誕生日などのために


ちょっとした心遣いの

フラワーアレンジメントをすることに

それも

日ごろ使っていないコーヒーカップや

小鉢などを使い


お庭や道端に生える草花もつかって

ミニアレンジをします。

講師は池田さんにお願いして


食卓やキッチンにお花があることで

随分雰囲気がアップします。


現在、野菜ソムリエを勉強中とか


野菜の上手な食べ方なども

教えてもらえそうです。


クリスマスにあぶれそうなあなた

老若男女を問わず


ご参加あれ









浴槽が入らない

築30年の柏原のリフォームが

4日から始まりました。

P1120500.jpg

リビング、キッチン、浴室、トイレ、洗面など

全面リフォームです。

P1130287.jpg

P1130293.jpg

お施主さんの希望は

低温床暖房を入れたいこと


在来の浴室を

ひとまわり大きいユニットバスに

入れ替えたいこと。


狭かったキッチンを対面式にし、

キッチンとリビングを

広く使いたいことなどです。


現況図面がないため

浴室を解体して基礎の具合を見ないと

ひとまわり大きいユニットバスが

入るかどうかと、懸念していたのですが


やっぱり

基礎部分が出っ張り、はつらないと無理だ

ということが分かったようで・・・

P1130279.jpg

30年を経たコンクリートはかなり手ごわいようで

ハツリ機が一丁へたばり

2日ががりでやっと終わったようです。

トイレなど水周りはやはり湿気が

かなり回っているようです

P1130307.jpg
(レベル器を使って水平を出している)

静かな地域でハツリ機を使うのは

使うほうも心臓に悪いようで・・・


すぐ目の前に山が迫っており、

ぶどう狩りが行われているのどかな街です。

P1130308.jpg


近隣のコミュニケーションも素晴らしい。


































ガス欠寸前

垂水区に仕事でいったのですが

行って帰るくらいのガソリンはあるな、と

たかをくって出かけたのですが


訪問地をぐるぐる探しあて

用事を済ませて


いざ、ご帰還

ま、ま、帰り道でガソリンを、と


走るのですが、高速の乗り口まで行っても

スタンドが見つからない


慌ててカーナビで近くのスタンドを探し当て

転がり込めば

そこは中古車販売に 


2件目を探し、たどり着けば

コンビニに 


走っていれば、やけに目に付くガソリンスタンド

あっちもこっちも潰れたはるようで

20分近くウロウロで

アカン、ガス欠寸前や




漸く、見つけたのはセルフ

「すみません、セルフ初体験で」

いいですよ、いつでもどうぞ



いずこも生き残り戦略をかけ

戦っているようです


ふぅー 


何事もゆとりを・・・ね

えらい目に合いまっせ



























































家族とともに

2年前にお引渡しをした住まいを

拝見させていただくことに


これから家をとお考えのご家族と

一緒におうかがいしました。


3月前にベビーちゃんが誕生されたのですが

お家の中はキチンと片付けられ

嬉しくなるほど

きれいに生活されていました。


上のお姉ちゃんは小学1年生に

子供さんの成長には驚かされます。


枕木で創られたというアプローチは

素朴な趣が建物の外観とマッチし

アットホームな様子が

P1130273.jpg

伝わってきます。


間違いなく、家族と一緒に住まいも成長してました。


P1130275.jpg

次にお目にかかるときは、

ベビーちゃんも住まいも

どんな変化を遂げているでしょうか

ガスコンロの入れ替えです

典型的紺屋の白袴で

自分のこととなれば

キッチンは煮炊物ができればよし程度の

考えでしかないのですが

P1120992.jpg

ガスセンサーの交換時に

ガスコンロのキャンペーン中と聞き

点火が悪いこともあって

入れ替えることに


予定日、朝一番に工事やさんが来たのですが

15分後に営業マンが

「今から、見積書を持参します」って、

もう工事やってまっせ


???これから見積もりってことは

○○円より

安くしてくれるんですか・・・

のやりとりの後


営業マンから工事担当者に

電話です。

「あっ、そうなんですか、分かりました」

ウン・・・

人間も長く生きると聞こえない声が聞こえてきます。


工事担当者もここまでするかと思えるほど

慎重です。


まず、何時にとりかかり1時間半を要します、の報告を受け


ちょっとからかいたくて


「さっきの電話は、その客は建築屋やから気をつけて、

の忠告でしょ」

に、にんまり


「心配せんでええよ、営業マンにはきついけど、

現場にはやさしいよ、

少々下手うっても怒れへんからね」


完了の捺印、取り扱い説明の完了印と

さすが大阪ガスさん、万全を期しておられます

完了を見計らい、絶妙のタイミングで


くだんの営業マンは集金マンとして登場です。


カギ、開けたらんとこかいな

にクックッと嬉しそうな工事やさん


立場が変われば実に良く見えてきます。

わが社は足元にも及ばず

いろいろ考えさせられました。


ありがとうございました

勉強になりました。