FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

春風にふかれて

東住吉で木造2階建てのリノベーション

を計画中されているお宅に

2回目の打ち合わせに伺いました。


お玄関の下駄箱の上には

かわいいお雛様が飾られていました。


階段の向きを逆にし

前と後に分断していたトイレ

を階段したに設け

1階を1フロア状態に


お母様の部屋の引戸を開ければ

リビング、ダイニングと一体化し

家事をしていても

たえずお互いの気配が感じられる

空間にしました。


間取りの細かい打ち合わせも

一つ一つお母様も理解されている

ご様子ですが、


お歳を伺ってびっくり84歳

難しい会話に受け答えも

立派です。


秘訣を伺いました。

書道と俳句を永年されていて

お友達も多く、

P1140473.jpg


旅行も好きで娘さんとお二人で

よくお出かけされるようです。


俳句をする関係で

近所の土手に行き、土や草や風など

季語を見つけにいかれるとか

好奇心と五感を鍛えるのは

年齢に関係はなさそうです


マンション生活、冬か春かさっぱりわからん

暮らしをやってたらあきまへんな


せめて春風にふかれてと

車をおいて、10分の徒歩通勤


「へっ、今日、車はどうしはりましたん」

「歩きです」


「えっ! 朝一現場打ち合わせでっせ」


なんともちぐはぐ



















































スポンサーサイト



タカラさんのレクチャー

スタッフ向けにタカラさんが

商品説明をしたいということで

こられました。


それというのもリフォームで

2件の方がタカラのユニットバスを

選択されタカラです。(ババギャグ)


ホーローには4000年の歴史があるそうで

あのツタンカーメンの頭の

金とブルーのシマシマ模様の被り物の

ブルーの部分が七宝焼きだそうです。


七宝焼きイコール、ホーローとか

ホーローは金属をガラスでコーティングし

850度で焼成したもので、

ツタンカーメンは金にガラス


タカラのホーローは鉄にガラスやそうです。

エジプトにローマの十字軍が攻めるところから始まり

七宝焼きの技術は唐からジャポンへ


飛鳥時代に届いた由

そういえば先日行った正倉院展に


七宝焼きはありましたなぁ


タカラさんの意図するところとは

大きく外れ

まったく違うとこに着地したようです。

P1110668.jpg

なにはともあれ

ホーローはよろしおます


ほんとのとこは

高断熱浴槽と節水型便器に対しての

エコポイントがプラスされたということです。


ユニットバスの場合は風呂蓋も高断熱にしないと

エコポイントはつかんようです。


要注意  











































トビムシさんの吉野で坐禅

先日、トビムシのTさんが

事務所に訪ねてこられました。


高野山で弘法大師空海が開いたという

真言宗大本山への高野山ツアーを企画


パワースポット、スピリチュアルといった分野に

興味を持たれている女性に向けた企画だそうです。


高野山ファンを増やし、森林、そして木の家に

対する興味を喚起してもらうことが趣旨のようです。



日程:3月26日、27日(土日)1泊2日

定員:20名

旅行代金:¥28,000

集合:3月26日(土)11:53 高野山駅

解散:3月27日(日)15:30 同上

コアコテンツ:

・僧侶による歴史文化の解説(金剛峯寺、壇上伽藍)

・夜の静寂に包まれながらのお写経(宿坊)

・清々しい朝のお勤めと奥之院の森(森林セラピー)

・森の中での阿息観(瞑想)

詳しくは下記に

http://www.tobimushi.co.jp/event#post-908

P1110991.jpg


残念ながら3月26日は久美浜へのツアーがあって

参加できませんが

一度体験してみたいと思います。


また機会があれば

トビムシさんとコラボツアーでもしてみたいと・・・


ところで


トビムシ

シロアリみたいで

森林の土中にわんさかいて

枯葉などを分解し土に還す

森の功労者です。


さすがトビムシさん

アッタマイイ!


ネーミングがベリーグットです







行きはヨイヨイ帰りは・・・


姫路のケーキ工房Yさんの打ち合わせに参りました。

スウェーデンサウンディングで地耐力を測ったところ

地盤補強が必要という結果になったのですが


この地域も文化財の埋蔵チェックが・・・

6mの鋼管杭を打つとなると


文化財のチェックも大掛かりになることが

懸念されるため


2年前に3階建て住宅で施工した

ジオクロスを採用することになりました。

P1080487.jpg
(前回施工したジオクロス工法・この上にジオクロスを敷設)

P1080520_20110222110433.jpg
(ジオクロスシート=ポリプロピレンの不織布)

建物の荷重を強靭なジオクロスシート

を張り詰め、面で受ける工法です。

この上からベタ基礎を施工します。


これであれば30cm前後の

掘削でOKです。


お見積もりを提示し、2時間のお打ち合わせで

夕方4時に帰路に着きました。


ところがドッコイ

東姫路インターから高速に上がったのですが

動きません。


ナビは盛んに高速から下りろと指示をするんですが

1、2度は抵抗し・・・


我慢しきれず明石の手前あたりで降りました


2号線もどこもかしこもまっ赤っかで

蛇行状態


ナビは浜へ浜へと誘導し

挙句

西明石あたりから北上し


玉津インターへ・・・

そこまでの所要時間3時間


事務所到着は8時20分と

4時間20分


反抗した私が悪いのか

教えたナビが悪いのか


よっぽと大きな事故かと

今朝の新聞を見ても

なんのニュースも見当たらず


何があったのかいまだにナゾです。



ひょっとして素直であれと

ナビに躾られたのかも


















































住まいに彩を

住宅に関する色決めをするのは

難しいものです。


木造住宅となれば、設計やさんの

多くは後々問題にならないような

無難な色で纏めがちです。


カラーコーディネイターの先生方の

講演をうかがっても


セラピー的なお話が多く、

現実的な住宅の色の問題となれば

ほとんど触れられていないのが現実です。

P1140541.jpg

そこで「住まいの彩り」と題して

セミナーを開くことに・・・・・


講師は女性スタッフと決めていたんですが・・・

いかんせん体調を崩し、

お休みの気配


えらいこっちゃ

新しいテーマに

10名のお申込


エライコッチャ

1シュウカン、バタクッテ

何とか2時間を乗り越えました

P1140542.jpg

色ってやっぱり難しい


セミナー後のアンケートによれば


部屋のコーディネイトを考えるには

家具、カーテン、敷物、電化製品から小物まで

意識して揃える必要があることに

気づいてはいただけたようです。



ありがとう!!!

よかったぁ





























いきなり4000件のアクセス

知人がビフォーアフターの匠で

登場しました。


おまけに2時間の特番です

知り合ったのは

ある「出会い系サイト」ではなく

残念ながら

経営者セミナーです。

P1140115_20110217174602.jpg

昨年の中ごろからそんなお話は伺っていましたが

すっかり忘れていました。


奈良のお惣菜やさんのリフォームです

増改築を繰り返し、4棟バラバラになっている建物を


一つに取りまとめ

家族それぞれの目線にあわせた

リフォームで

思わず視聴者を引き込む

素晴らしい内容でした。


放映後、3、4日経って

お話を伺いました。


ブログを始め、一日30件ほどのアクセスだったものが

いきなり4000件ものアクセスになり


3件ほどの設計依頼があったそうです。


決して浮き上がることなく

いつもどおり仕事をこなしていくだけです


と、謙虚に語っておられました。


お話を聞くだけで

舞い上がりそうですが


どこまで自分を律することができるか

興味しんしんで


小姑目線

応援したいと考えているところです。




意地悪ばあさんやおまへん

愛です愛






































































ニーナのボーイフレンド

尼崎の高層マンションの

リフォーム打ち合わせにお伺いしました。

P1130968.jpg

29階の風当たりは本日は穏やかです

南西の角にあるため北東の部屋に陽が射しません。


玄関の西部屋の間仕切りを取り払って

ガラスブロックを使い

西の明かりを取り入れる計画です。

現在の和室を取り払い、

リビングと一体化し

床暖房を敷きこみ、全てにスギの床板を貼ります。


新たにリビングの角に

25センチ高さの3帖の畳コーナーを設けます。


築8年とまだ新しいので

水周りはそのままです。

ワンちゃんの名前を忘れ・・・

同行のスタッフがすかさず教えてくれました

「ニートちゃんです」


「ニーナちゃうか、ニートにしてどないすん」

突っ込みは浪速のサガ


ニーナちゃんとアメリカンショートヘアー

P1140539.jpg

このネコはもともと慈愛深く

同居人とも仲良くやっていける

性格だそうですが

去勢したところ一段とやさしい性格になったとか

P1140540.jpg

そこでツーショット

P1140537_20110217113114.jpg

これなんや思います?

孫の手やそうです


帰り際「見学会させてくださいませんか」に

「いいですよ」


3月中旬に着工すると、4月中には完成です。


完成をお楽しみに・・・










空が見えた

茨木市の土壁の家のリフォームが

3日前から始まってます。

P1140536.jpg

電気を一日中点けていたキッチンに

ポッカリと青空が出現。

P1140526.jpg

平屋の小屋組みですが

全て立派な松梁で組まれています。

P1140527.jpg

築45年目を迎える家ですが

大工さんの意気を感じます。


電気配線には

今では懐かしいガイシが使われていました。

P1140528.jpg


トップライトの大きさは1300?だそうですが

ギリギリ屋根の谷部分に抵触せずセーフ

うっかりチェックを忘れがちな部分です


ご用心ご用心


それにしても明るいってことは素晴らしい



あふれる生活感

セミナーに参加されている

お若いご夫婦が


実際に生活されているお宅を

拝見できれば、ということで


豊中のAさん宅を訪ねました。

P1140522.jpg


P1140520.jpg

P1140519.jpg

ご夫婦でお迎えいただきました。

奥様は2年ほど前から絵を習っておられ

階段の壁に色鉛筆で描かれた絵が

P1140521.jpg

飾られ

プロなみの出来栄えに驚きました。

見学された若いご夫婦には

3人の子供さん


お父さんが背負子で下の子をおんぶされ

ていますが

その手馴れた扱いに

何の違和感も感じないほどです。


それにつけても

お施主A様の住宅説明が

半端なく上手で


圧倒されまくりでした。

P1140518_20110214161153.jpg

完璧に国産材トークはマスターされ

お茶漬けはカチカチ山のタヌキ状態

 


確実に歳月は流れているようです。



この冬の寒さで、後悔は

ペアガラスにしなかったこと、だそうです。







ノラ猫の攻防

飼っている生き物は

何にしろ可愛くて、

もはや家族の一員ですが


動物のニガテな人にとっては

耐え難い苦痛が伴います。


リフォームで訪ねたお宅は

野良猫のフンの始末で

悩んでおられました。

建物の外周を全て土間コンクリートにし

その上にネコ対策の敷物を

敷き詰めておられました。

100円ショップで売っているとか

P1140509.jpg


たしかにネコのオシッコのアンモニア臭は

動物好きにとっても

厳しいものです。


P1140507.jpg

お花は楽しませてくれますが

虫がこわ?い・・・


水周り全てに

階段の付け替えと


かなり大掛かりな

リフォームになりそうです。












淀川区に雪だるま

淀川区にもゆき

P1140451.jpg


うん


誰のしわざか

P1140453.jpg

なごり「雪だるま」


P1140454.jpg


淀川区の顔してる


ブレーメンの館

奈良で14年前に建てた方から

「庭のポプラが倒れて、樋が壊れたから見に来て」

という一報がはいり、


ナビちゃんまかせで行ったものの

林道のような細いみちで

立看板に

お墓から先は通り抜け出来ません、って

こわっ


行き止まりにぶち当たること3回

半泣き状態で到着


広い敷地に平屋建てのゆとりの間取り の筈で・し・・・・


「樋を直すついでにリフォームしよう思て」

一昨年おばあさまを見取られ、

ようやく家が気になって


リフォーム工事の間は近隣で借家住まいをされる予定です。

幸い屋根の方に被害がなくて

P1140412.jpg


突然倒れたというポプラには

虫にやられた無数の穴が

P1140418.jpg

P1140415.jpg


今年の冬は異常な寒さで

「こうなったのよ」と話されるKさんの

膝の上には黒猫が甘え

なんだよ、といわんばかりのワンちゃんが足元に

P1140443.jpg

そうこうしているうちに

エッ

ニワトリ!!

とてもリビングでの出来事とは思えなくて

想像を超える価値観に脱帽です。

P1140420.jpg
(ほんとうに話かけるように寄ってきます)


どの子も人間好きのようで

いかに対等に付き合っておられるか、1目で感じ入りました。


おそれいりました。


Kさんの桁外れの愛の深さは並みのスケールでは

計り知れません。



ブレーメンの音楽隊に出会ったような・・・

カルチャーショックを賜りました。

P1140430.jpg
(野鳥が話かけるとか)


いっとき焼き鳥は・・・慎みます


P1140432.jpg




































































福原宮遺跡の試掘です

兵庫区荒田町は

平清盛の福原宮の遺構が多く埋没している地域だそうです


教育委員会から試掘にこられました。

何かが発掘されれば工期がずれる事は間違いなしで

ドキドキハラハラして作業を見守りました。

キッチリ調査するのであれば、

2mは掘り下げて調査するらしいのですが


今回の建築のみを対象とするのであれば

基礎の深さ40?50センチの深さで

1m50cm四方の試掘でよいということです。


その代わり

次の建替え時には、また試掘をしなければいけないようです。


幸い地盤が良好で、地盤補強の必要がなくてよかったのですが

改良杭などで深いところまで打ち込むようであれば

その深さまで調査するようです。


P1140410.jpg

P1140401.jpg

P1140405.jpg

えっ、えくぼ・・・出現、

P1140407.jpg

掘立て柱の跡か、顔がひきつる

P1140409.jpg

明らかに土の色も違い、柱建ての跡は間違いなさそうですが

比較的新しいもののようで・・・ホッ


それにしても福原宮は後白河法皇も度々

訪ねられたようで由緒ある土地のようです。


姫路の白浜町の現場も遺跡があるらしく

基礎工事には立ち会うとか。


文化財を守る為にはいたし方の無いことですが

建築する側にとっても、お施主さんにとっても

なにもなくても、心的負担は大きいものです。

やれやれ



注)神戸の福原町は福原宮とは関係なく

明治に入って付けられた町名だそうな
























山下君のワークショップ

5日、「大工さんと一緒に」という

ワークショップで板張り体験を

行いました。


前日までお申し込みが3人で

現場が立て込み大工さんの日程が

取れないこともあって


現場監督の山下君が対応することになりました。

初めてのワークショップ体験でもあり

前日から下地を組み、板張りにそなえていました。


彼はお父さんが大工さんだったこともあって

大工経験が7年程あるようです・・・


ところが前日の夕方から当日朝にかけ

参加申し込みがパタパタとあって


どうしましょ、参加者が増えてますが・・・

何となく顔つきが落ち着きません。

お問い合わせの

「大工さんが教えてくれるんですね?」

に痛く反応したようです。


「私が教えるんですが・・・少し経験がある程度です・・ハイ山下です・・」

心なしかビビリ加減が・・見えるようで


あんまり期待し過ぎてもうても困るんで・・・

と弱腰です。

結果は

案ずるより産むが安しで


各の通り

P1140377.jpg

P1140379.jpg

P1140381.jpg

P1140386.jpg

豆大福じゃなくて、豆大工さんも出現し

P1140391_20110205162725.jpg


山下君の「僕、こんな厚い板を張るのは初めてなんです」に

フロアーの張り仕舞いには、

拍手が沸き起こったのであります。


上手の拍手とちゃいます

みんな心配してくれたはったんや




























溶岩ドームと大阪弁

宮崎の溶岩ドームが気になります

高原町にいる友達にお見舞いの電話をしました。

「どうなん、なんかいるもんあったら送ろうか?」

「テント送って」「どれくらいの大きさ?」

「10キロ四方の」

「あほかいな、冗談いえるんやったら大丈夫やな」

P1140195.jpg

新燃岳から8キロ圏内は避難勧告が出ているようですが

彼は火口から12キロ離れ

非難は免れているようですが

灰や溶岩石が降るため外出もできんようです。


大阪に15年生活してもグリグリの宮崎弁やった奴が

「宮崎あかんのんちゃうかなぁ」

と、気弱な大阪弁

「そんだけ灰が降ったら渡り鳥はいかへんで」

と訳の分からん慰めに

「なるほど・・・」だと


「焼酎でも送ったろか?」に

「殺す気か!」


そうか、奴は糖尿やった

久しぶりの会話でしたが

少しホッとしたんです。



旧友はいいもんです。


カーテン・ドゥ

国際会議場が見えるマンションの

リフォームが完成し、

P1140132.jpg

お引越しの片付け真っ只中に

ご迷惑を顧みず押しかけました。


キッチンはブルーグレーの都会的センスで

まとめられています。

P1030563.jpg

キッチン前のタイルに目を凝らすと・・・

P1030566.jpg

ナント、かえるが蜂を追っかけて

お施主様の遊び心を感じます。


カーテンの色もブルーグレーと

キッチンにあわせての色使いで

P1140364.jpg
(キッチンから見えるカーテンとの統一感)

P1140371_20110203184637.jpg

落ち着いた雰囲気が漂っています。

P1140370.jpg


P1030582.jpg
(テーブルはクラフトなどの作業台として、棚はスギに白のオスモカラー)

照明は外国製品でシュロ?の繊維で

編まれたシェードが雰囲気を和らげています。

P1140369.jpg

お引越しの荷物を整理するのに

1週間はかかりそうです。


残念ながら「これは困る」ということで

ダンボールがアクロバチックに積まれた

臨床感溢れる映像は


お見せで・き・ま・せ・ん


いずれにせよお片づけはエネルギーがいるものです

お疲れがでませんように

















ニーナちゃんの居場所

2日午後から

尼崎の高層マンションの

リフォーム打ち合わせに行きました。


築8年とまだ新しい立派なマンションですが

南と西側の部屋はヴェランに面し明るいのですが

北東の部屋は陽が入らず

日中でも電気が必要です。


今回のリフォームでは

北側の間仕切りを取ってしまって


ガラスブロックを間仕切りに利用し

西側からの明かりを取り込むものです。


南側のリビングダイニングに

3帖のタタミの間を設け

P1130964.jpg
(左側部分を一段上げてタタミに)

ちょっとした和の空間に


ここには

ニーナちゃんという

P1140360.jpg

ワンちゃん(メス)と

猫がいます


ニーナちゃんは老犬ということですが

もの静かで気品さえ漂わせています。


何犬か何歳かも伺ったのですが・・・・

いかんせんこちらも物忘れが・・・


まあ同い年位ではと・・・・・・


名前とは不思議なものです
P1140361.jpg

ニーナちゃんはいかにもニーナっぽく

お茶漬けは間違いなくお茶漬けです


もの静かでいられるニーナちゃんが


羨ましくも














マンションをナチュラル空間に

午前中はマンションのリフォームを検討されている

Yさんのお宅に伺いました。


新築か現在お住まいのマンションリフォームかで

悩んでおられたのですが


終の棲みかとして慣れ親しんだ場所で

快適に暮らしたいと

マンションのリフォームを選択されました。

築30年とリフォームどきです。


間仕切りをスッキリと見直し

広がりのあるリビングダイニングがとれそうです。

P1030520_20110202185739.jpg

マンションのドアを開ければ

スギの香りがただようナチュラル空間に

生まれ変わります。


家にいるのが楽しくなるような

そんなリフォームになればと

考えています。

Yさん、ご期待に添えるようガンバリマス。


三笠饅頭ごちそうさまでした。