FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

女子会・アルカリイオン水のデモ受ける

取引のある住設の代理店さんが

どうしても聞いてほしいと

P1170569.jpg

アルカリイオン整水器」の説明にこられました

あんまり色んな水を進められるため

食傷気味で、聞き流そうと思ってたんですが


料亭や、名だたるシェフが採用し推薦してる

と聞けば、食指が動き


実験のデモストレーションつきで説明を聞くはめに

男性諸氏は仕事が手一杯で

聞くゆとりもなさそうで


女子会3名でレクチャーを受けました

ハンサムボーイが流暢に

酸性とアルカリ性の食品について説明があり

野菜や海草を食べても醤油やソースをかけただけで酸性になるようで


アルカリ水の摂取がどれほど大切か、ということです

リトマス試験紙と同じ実験だそうで

透明のコップにイオン水と市販されているなんちゃらの水

を注ぎ、その中にイソジン(うがい)を2滴入れただけで

なんちゃら水はグリーンに変色

アルカリイオン水はブルーに

水道水は茶色に変色です

30分をかけて説明を受けました

後の二人は「ふ~ん」で終わったようですが

ゆとりがあれば使ってみたい製品でした

あとはやっぱり価格でしょうか


焼酎の水割りが数段おいしくなると、

1.8リットルのペットボトルを置いて行かれました


願わくば1.8リットルの焼酎を置いていただいたほうが

より、効果があるような気がするのですが























































スポンサーサイト

外壁の色を決めるの巻

平成5年に建築士事務所民家で建築された

東住吉のお宅が外壁の塗り替えをされます。

s-P1170218.jpg

和洋折衷の家ですが、どちらかというと

亡くなられたお父様の趣味で造られた

お庭の方が和風っぽい仕上がりになっています。

s-P1170196_20120227175336.jpg

お嬢さんの方は洋風が好みだったようで

かといってあまり洋風にしすぎても屋根瓦との兼ね合いもあって

色を決めるには、小さなサンプルではイメージがつかめません。

30センチ角のサンプルを5枚用意し

提案しました。

P1170568.jpg


それでも大きな壁面に吹付ければ色は薄く感じるものです。


それやったら壁の一面だけ塗ったげよか、サンプルに、

とは、塗装屋さんのセリフですが


おんなじやるならサンプルに同じ色で4面塗ってもろた方が

都合がいいように・・・・思うけど・・・

あかんか


19年経過してる割には痛みが少ないようで

裏の方はまだまだいけそうです

やっぱり車の排ガスの関係か道路側の退色が進んでいます

サッシの戸袋も塗装をするのですが


テカテカになるのは嫌だということで

艶消しでちょっと埃が被った程度の色がいいとか


びみょう

色ってむずかしぃですね


アフターを楽しみに































春を演出して

いつもユニークな企画をするトビムシさんから

お知らせが


「高野山のはるたん」と題して

森林セラピーガイドさんと一緒に

高野山の森で「春の訪れを探索する」というツアーだそうです。

山が大好きな方にはもってこいの企画です


今年の冬は寒さが一段とこたえました。

高野山やのうても

そろそろ暖かさが恋しくなります

P1070902_20120225085120.jpg

(Kさん宅で・・・梁に吊るしたランプに菜の花が)

そんなとき

部屋の中に春を演出しませんか


一雨ごとに暖かくなるようですが


P1070975_20120225085143.jpg

関西は

やっぱりお水取りが済まな温ぅならんようで


もう一時の辛抱です、

本日の見学会、あいにくの雨でしたが

ようさんお越しいただき


ありがとうございました。


滋賀県からお越しいただいたIさん

ドーナツご馳走さんでした。








オープンハウス(リフォーム)します

明日土曜日・午前10時から15時まで

東淀川区でオープンハウスします。

P1110578_20120224094934.jpg

コンパクトですが、使い勝手の悪くなった

お風呂・洗面・洗濯・トイレといった水回りをすべて配置換えし


同じスペースにどう納めて、使いやすさを手に入れるか


どうしたかって?

ぜひご自分の目でお確かめください。

言うほど大層なもんでもないんですが

ちょっと既成概念を外すだけで

パァ~ッと開けることもあるようです。




知ってます?

ノミのサーカスの話


ちいさなガラスのドームで跳びはねていたノミは

そのドームを取り外しても

それより大きくは飛び跳ねないようです

子供に

あれしたらあかん、これしたらあかんばっかり言うてたら

あきまへんで


出来る芽を全部摘み取りまっせ

P1110577.jpg

ごめん、話がそれました

お待ちしてます















友来る

30年も前に勤めていた会社の同僚が

訪ねてきました。

以前あった時は30代半ば、

それから早14年の歳月が流れて・・・となると50代

どんな風に変化してるやろか


少しふっくらしたものの体形もさほど崩れず

正月太りを引きづったままの誰かさんは、ちと恥ずかしい


手土産に、「白桃烏龍 極品」とある

s-P1170553.jpg

透け感のあるポーチの中に入れて、なかなかの演出

s-P1170552.jpg

ちょっとしたお土産は期待以上の効果があるようで

気配りが、なんともうれしい


旧友の話に花が咲き、なんと1時間半

話題は尽きず、楽しい時間をすごしました。


この流れで行くと、ちょっと一杯となるのですが

いかんせん仕事につき、あいそなしで別れたんですが


そこで再認識

人間、外観に関係なく、


中身はほとんど変わらん、ということ

とりあえず喜ぶべきやろか


結論は出ず

白桃烏龍はほんのり桃の香、裏切りませんでした



































ええ仕事したはります

日曜日

築45年、100坪の土地に40坪の平屋で、

土壁の中古住宅をチェックして欲しい、のご依頼で



設計・施工スタッフと大工さんを同行し

フル装備で出かけました。


s-P1170551.jpg
(ココデハアリマセン)

豊中にこんなゆとりのある敷地があるんだ

s-P1170518.jpg
(ココデモアリマセン)

s-P1170549.jpg

7年前に屋根の葺き替えとキッチン、洗面、お風呂の入れ替えをされており

s-P1170539.jpg

今すぐにでも住めそうな感じですが

田の字型間取りで

s-P1170528.jpg

とにかく広い

それもそのはず、京間です

関東間を見慣れていると、京間の8帖は関東間の10帖に匹敵です

部屋間が襖で仕切られ、

立派な欄間が風通しを良くしています。

外部の建具は、今では高価でなかなか手が出ない

s-P1170533.jpg

味のある木製建具ですが・・・

早い話が

寒いんです。

「土壁の家はあったかいと思ってました」とお施主さん


今の土壁はアルミサッシの気密性も高く、暖かいですが

当時の木製サッシは、すきま風さんいらっしゃい状態

s-P1170529.jpg

今ではもはや伝説にすぎない、2間の床の間に書院付き


当方なら十分、床の間で暮らせそうです

改装をされていないところは全て天井も杉のムクでした

玄関の壁は左官仕上げですが、

s-P1170530.jpg

このコテ仕上げはちょっとここには不釣り合いのようにも

制限時間2時間で床下、内、外部を点検したんですが

小屋裏はユニットバス上から写真を撮る程度に終わり

再度、チェックをすることに

それにしても、腕の冴えた大工仕事を見せていただきました。


s-P1170544.jpg

裏庭では、8畝ほどの畑が、ふかふかの土を蓄え

新しい主を待ち望んでいるようでした。


それにしても、

悟空に猪八戒と沙悟浄・・・じゃな

おっと、うちのスタッフさん


なかなかいけてます




中古住宅・それぞれの想い

中古住宅を買って、リフォームか、取り壊し新築か?

のご相談で見てきました


土地は申し分のない角地です

価格もこの場所にしてはリーズナブルです

s-P1170501.jpg

築50年程度ということですが、

神戸の震災でかなりのダメージをうけたのか

また持ち主がご高齢ということもあって、

メンテナンスが不十分だったのか

歩くだけで平衡感覚を失いそうなほど床も柱も傾いています。


どの部屋にも雨漏りの跡があり、天井も破れが目立ちます

階段は90度を5段回と厳しいです

s-P1170513.jpg

何回も踏み外されたのでは・・・・・・

リフォームをされるのは無理なようです


このお宅で生活されているのは

品のいい老婦人です

この天井板にはこだわりましたの、とポツリ

s-P1170507.jpg

長い歴史を刻んでこられた住まいならではの想いがあふれます

おひとりになられマンションに移られるようですが


どうぞ、お健やかで穏やかな日々でありますように







リフォーム上手

リフォームの相談が増えてます

ゆとりがあれば、いかようにもということですが

そんな方はマァいません。


迷われるのは、はてさて、どこまで手を付けたらええんやろか

ということですが、

ふんぎりがつかずにあれもこれもとなりがちです

けど、一番疲れるのは資金繰りなんです


優先順位はやっぱり、切羽詰まった不安材料を取り除くことからです

雨が漏ってる・・・

シロアリが・・・

水漏れがしてる・・・

カビが発生・・・など


次に生理的に我慢できんこと

くらい、さむい、あつい、くさい、やかましい、せまくるしい・・・


この後に不便さの解消です

ここに勝手口があれば・・・・

階段が急すぎる・・・


その次にようやく

美しく、楽しく の順番が回ってきます


どこで線引きするかは考え方ひとつですが

雨が漏ってるのに、キッチンを先に取り換える人はまずおらんでしょうが

キッチンを先行して、暑いを後回しにする人はいてそうです

東淀川のリフォームが完了しました

s-P1170494.jpg

玄関ホールに階段は既存のままです

階段下の物入れは、計画ではクロス壁になるところでしたが

もったいなくて


ワンちゃんの寝床か、物入れにと提案しました

使い勝手を考えて扉をつけることに


ホールのフローリングも杉板にしはったら、というのが

大方のご意見でしょう・・・・・が


予算を考え

いや、そのままに、と思いきるのも必要なのです

なんでやっ?、て

美しくのセクションに入るからです


そんなこんなで

2月25日(土)オープンハウス


さしてもらいます


今月の格言

必要なところに必要な予算を

大事なことでっせ




































坂茂さん?

BSで北野たけしが、建築家の坂茂さんと対談する番組を見て

いたく感銘をうけました


神戸の震災後、神戸で紙の筒を柱にした教会を建てたことで

紙の建築家として有名です

最近ではアクオスのPRで吉永小百合さんが着物を着て

佇んでいた壁のない家が坂さんの作品です

フランスの東部に位置するメス市の

町おこしも兼ねたという近代美術館ポンピドーセンター分館は

坂さんがコンペで選ばれた建築だそうです


湾曲した大屋根は中国の竹の帽子がヒントだそうで

木材を六角形のカゴメ型にしてつないでいます

また

世界の災害地を訪ね、

被災者向けの仮設住宅を提案・建築されています。

宮城県の女川にも、敷地の確保が困難だとして

コンテナによる3階建て仮設住宅を建設されました。

とりあえず住めたらええ、ではなくて


大変な目に遭われた方にこそ、デザインも美しく住みやすいものを・・・

と、話されていたのが印象的でした。




リフォーム相談に伺ったご近所で、こんな建物みつけました

s-P1170478.jpg

このカーブはと、一瞬坂さんが頭をかすめました・・・が

ごめん


お寺さんでした、それにしても苦肉の屋根なんでしょうなぁ

天神さんのお囃子

久しぶりの休日です

たまに歩かないと足も退化しそうで


ぶらり天神橋の商店街へと

なにやらチャンチキお囃子が


s-P1170480.jpg
(兄さん表情が硬すぎでっせ)

s-P1170481.jpg

s-P1170483.jpg

s-P1170487.jpg
(梅まつりのPRやったようで)

3枚の写真でどんな踊りか想像がつくと思いますが

微妙に阿波踊りと違うようです

こんな動きを真剣な顔でやらんでも、と

思うんですが

大阪の誇る文化でおます


ほんとの目的は天満駅前の中華料理店にあったんですが

なんと日曜日は休みやそうで


何ともどんくさい話です


それでも2~3年ほど前にリニューアルした大阪駅に

s-P1170492.jpg

s-P1170490.jpg

初めてお目にかかり、それなりに驚きましたが

JRさん

正直、京都か大阪か、よう分からんようになりましたなぁ











バスツアー企画会議です

4月14日に計画している木津川バスツアーの

企画会議を本日行いました。


当初は昨年末にリフォームをされた老舗茶舗「宇治香園」さんの

見学だけにしょうと思ったのですが、

s-小嶋邸 外観図

せっかくするのであれば気候もよし、どこかの見学を兼ねて・・・・

ということで宇治香園さんに相談

一押しは浄瑠璃寺です、で、決まりです


季節のお花も咲き誇る庭園は平安時代そのままだそうです

ふくよかな吉祥天立像は会ってみたかったひとつ

天下泰平や五穀豊穣を授ける天女の像です



いつもツアーで気をもむのは食事です

かんさい人は口が肥えたはります


木津川まで行って、きつねうどんという訳にもいかず

松花堂ていどは・・・・と模索中です


関東人は「そんなのどうでもいいよ」と、にべもなく切り捨てるんですが

関西はそうはいきまへん


タダにしてさえ一応の文句は言わは・・・ります

千円でも払わそうもんなら、それはもうえらいことです


あとは価格勝負ですが・・・京都は高こうおます・・トホホ

s-FH000012.jpg

午後からは宇治香園さんが心斎橋のお店でしておられる

「急須で淹れるお茶講座」を

s-FH000010.jpg

リフォームされた門屋でしていただきます。


おいしいお菓子と茶舗さんならではの雰囲気を

味わっていただきます。


中身の濃ィいツアーになりそうです

問題のツアー参加費ですが、4千5百円で決まりです

ただし、拝観料だけはご実費でおねがひひたしまふ


スタートは9時 協会事務所まえからバスで

定員は25名さん、先着順です

お早めにどうぞ

着ぐるみが着たい

早いもんです

民家」で建てて

6年経ちましたと「ふわふわさん」

着ぐるみの製作とリースをしておられます


太い杉を構造表しにし、天井を高くし

外壁のガルバリュームにはPRを兼ねて

スタッフの方が着ぐるみのペインティングをされました。


人気の某ゆるキャラもふわふわさんが製作されたとか

s-P1170463.jpg


そういえば

京都のお寺さんまでゆるキャラ頼みで

参拝者の集客されてましたね


この工房兼事務所は

いつも若いスタッフの活気にあふれています

s-P1170465.jpg

s-P1170464.jpg

こんなの考えて製作するのって楽しそう

リースもされていますが

汗ばむ季節は大変です


お洗濯もスタッフでされるのですが

お風呂場だけでは追いつかないようです


今回はベランダに給湯配管し、着ぐるみのお洗濯を可能にすることです

吹きさらしでは可哀想ということで、風よけも設置します。




協会の女性スタッフは一度でいいから着ぐるみを着たいという

ささやかな夢があるようです


「そんなことぐらい何時でも来てや」とのこと


毎日、着ぐるみ状態のお茶漬けさんには拷問ですが・・・


久しぶりに訪問させていただき、

社長さん(女性)に近況報告し

何やら旧友にお会いしたようで癒さた時をすごさせていただきました。





























ハタハタの根性ミタ

こう見えて結構料理好きなんです

とりわけ魚には目がありません


新鮮なハタハタを空揚げにし、ビールの肴にと・・・

お任せください。

最初は油の温度を170度くらいで、じっくりと揚げ

一旦取り出して、200度でカラりと揚げて

シャクシャクと頭まで食べられる、絶妙の仕上がり

いざ、頭を・・・・・と

s-P1170457.jpg

s-P1170458.jpg

ヘッ

こない睨まれてたとは

残したか?って・・・・


とんでもない

そんな失礼なことはようしません


ことごとく胃袋へ















失敗に学ぶ・リフォームセミナー

こう寒い日が続くと、

滋賀県守山のいつも揃ってセミナーに参加される

Iご夫婦が気がかりです。

ここ3月ばかりお目にかかりません

ところが意思が通じたのか、本日お二人でひょっこり来られました。

ここまで来られるのは大変だったと思います


内容は

失敗に学ぶ「リフォーム&リノベーション」です

s-DSCF1506.jpg

質問もマンションの防水のことから、防音工事まで多岐にわたり

活気のあるセミナーになりました


応援に来ていたMさんも

「ここの参加者の質問内容は推測不能ですね」

と、しきりに感心していたようです。


Iさんご夫婦は、もうええ加減に始めなあきまへんな、と

リフォームにエンジンがかかったようです


M君、感心だけではあきまへん

次からはあんたが質問に答える番でっせ




板材の乾燥は何℃で・・・・・・?

「おたくの板材は何℃で乾燥してますか」

というご質問をいただきました


中低温乾燥であれば40から60℃くらいでしょうか

100℃を超えると高温乾燥になりますが

普通であれば80℃から90℃程度でしていると思います・・・・

s-P1150390.jpg

「伐採してから、どれくらい(日数)で板材になりますか」

伐採して1か月前後山に寝かし、原木市場に出され

製材所が挽き、人工乾燥と天然乾燥(桟積み)を組み合わせ乾燥させて

送り出されます。3~4か月程度でしょうか

需要が多ければ短くなるでしょうし・・・・・

木材の加減にもよるでしょう

s-P1150442.jpg

床暖房に対応されるのであれば、含水率12パーセントにこだわり

出荷しているところもありますよ、と続けたところ


「そうではなくて、できるだけ自然のままで使いたいんです

だって、機械なんかにいれたら木の性質を変えてしまうでしょ」


天然乾燥だけをしている製材所もありますが、

ある程度の隙は覚悟したほうがいいと思います


「あっ、分かりましたもういいです」


で、終わったんですが、どう理解されたのかちょっと心配です


本か何かで知識として得られたのでしょうか、

それこそ木材は自然のものです

同じ山から出ても、まったく同じものはないんです

乾燥窯を使うにしても、木の状態をみながら

温度や湿度、時間を調整されていることでしょう


こだわりもいいですが、

よりよい形で、流通にものせ、林業を健全に保っていくには

機械に頼ることも必要です。


まして板材には構造的な強度も要求されません

何事にも、過ぎたるは及ばざるがごとし・・・の例えもあり


つくづく情報って怖いなと思いました
















































国際ソロプチミストのチャリティバザー

2月24日にアステホール(阪急川西能勢口駅前)で

10時から午後3時まで

チャリティーバザーをするそうです。


主催は国際ソロプチミスト川西です

P1080548.jpg


ところでソロプチミストってなに???

ラテン語でSORO(姉妹)、OPTIMA(最善)という言葉からなり

女性にとって最善なるもの、という意味で

人権と女性の地位向上を高める奉仕活動をしているそうです

nekkoyanoyousu_20120202094652.jpg
(根っこやさんの店舗風景です、文章と関係ございません)


なにはともあれ

各協賛店が自慢の品を安く販売するようです。


興味のある方はブラリお出かけくださいませ

自然素材で減築のリノベーション

北摂で減築のご相談です

築35年の中古住宅を購入されたのですが


駐車スペースを増やすため


道路側の部屋を減築したいとのこと


建物は構造体もしっかりしていて柱、土台、大引きはヒノキが使われていました。


出迎えてくれたのは


11歳のコリー、名前はアシュレーちゃん


s-P1170417.jpg

ドラゴンかと思いきや、なんとお嬢ちゃんでした

龍年のコスチュームだそうです


もうひと方はポメラリアンの男子だそうです

s-P1170419.jpg


床下点検を心配そうに見たはりました

s-P1170435.jpg

大丈夫です、床下は各の通り

s-P1170431.jpg

きれいに乾燥してたし、土台の腐食も見られませんでした。

s-P1170443.jpg

減築はこの1階の庇が出た部屋をカットすることになります。


ペアサッシにし、床暖房を敷きこみ、和室の部屋をキッチンにし

リビングとつなぎワンルームに・・・・・


楽しい計画になりそうです












スギのもろぶた

協会にスギの「もろぶた」を造って欲しい

というご依頼です

もろぶたってご存知ですか

そうそう、昔、ついたお餅やお饅頭や干し芋なんかを並べてたやつです

最近とんと見かけません


そういゃあ、餅箱も今ではプラスチックです

確かに軽くて洗い易いし

そこで作ってみました。


ご依頼は48センチ×35センチ、深さ7センチと小ぶりです

s-P1170405.jpg

なかなかよろしい

s-P1170406.jpg


1家族に1個あっても重宝します

ソバもよし、うどんもよし

フタツキだからパーティー用に

オードブルを入れておくもよし


そこで

協会のオリジナル商品に・・・・・

価格は5千円程度(送料・税別)でしょうか


いかがですか