FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

まもなくお引渡し

東近江市のリフォーム現場は、11月末のお引渡しを目指して
大工さん、電気屋さん、美装屋さんが入ってました。

P1180225.jpg

5年近く住んでおられない住まいのため
家が見えないほど植木が繁茂し、庭の整理から始まったリフォームは
なんとかお正月前にご入居いただけそうです。

玄関

当初は、玄関にも入れないほど荷物があふれ
各お部屋の整理片づけから入ったので、それに1か月を要しました。
身につまされる思いがしました

P1010705.jpg

キッチンもスッキリと、高齢者ご夫婦の食生活を守るには十分なスペースです

P1010706.jpg

水回りも杉板がはられ、厳しい冬の寒さに向けて
キッチン、リビングに床暖房を敷設しました。

P1010708.jpg

壁には全て臭いや化学物質を吸収分解してくれる「そよかぜ」を塗っています。

月曜日には借家の荷物を所定の位置に据え付けてお引渡しです。
長きにわたりほんとうにお疲れ様でした。

行動派のご夫妻ですが、今年の冬はゆっくりとご自宅で
終の棲家として健康で仲良く末永くお幸せに
スポンサーサイト

巫女さんと地鎮祭

先日の日曜日に、大坂で地鎮祭をおこないました。
心配していたお天気も上々の地鎮祭日和です。

P1010626.jpg


地鎮祭の竹が今回はイキイキしています、
監督が気を使って、3度霧吹きをしたようです
気配りはキチンと形になって現れます。

P1010625.jpg

今回は、神主さんと巫女さんが地鎮祭をとりしきられました。
海の物、山の物などきれいにお供えが飾られて

P1010702.jpg


玉串奉天の時は、巫女さんが横笛を奏し、
厳かな雰囲気が漂っていました。

P1010635.jpg


P1010642.jpg

P1010645.jpg

多くの地鎮祭を行いましたが、巫女さんは初めてで
祝詞(のりと)も、正調な昔の発声であげられ
申す・・・・は、まおうすぁくう・・・という具合に

周りの空気感が変わるのは不思議です
滞りなく粛々と無事終えました。

無事完成いたしますように・・・乞い願います

杉板がくれた嬉しい便り

先日、和室を杉の床板にした方から

丁寧なお便りが届きました。

P1010704.jpg

工事をしていただいた皆様

私にとって初めての大工事(床、テラスパネル交換、樋整備)
3日間たいした雨もなく無事終了していただきました。
工事後の清掃も完璧で、余計に爽快さを感じます。

川崎様には終了時に雨戸の戸車補修までお願いしましたが、
快く貴重な時間をさいて実施していただき、まことにありがとうございました。

それにしてももったいない位の木組み!

驚いたのは30ミリ杉板の6畳間、入った途端に私の声が響きました。
2階の中央の間もプリント合板の洋間ですが
こんな体験はしませんでした。

ためしにと小型CDシステムのBOSEⅢシステムを2階から抱え込み
CDを聞いてみました。

なんという深々とした低温と、かつ冴えた高音の音響!
驚くべき音を再生しました。

おそらく30ミリの杉板が、グランドピアノの響板の役目を
見事に果たしているのでしょう。

・・・・・・・・・・大変うれしい現象を体験した次第です。
明日は京都コンサートホールへバイエルン放送音響楽団へ行ってきます。

・・・・・日本国民に国産材の素晴らしさが広まり、
皆様の仕事もより広く、実施されんことを祈ります。

マンション見学会は大盛況

祝日はオープンハウスと
寝屋川の擁壁関連の打ち合わせと測量が重なり
2班に分かれて行動しました


前日のポスティングの成果か、朝から大勢の方に
お越しいただきました

P1010605.jpg

お施主様も一日お付き合いいただき
同じマンションの住人に、スタッフ以上にお薦めいただいていたことが
たいへん嬉しく思いました

P1010619.jpg


洗面室の扉の後ろまでヒノキ板を張っていたことに
たいへん驚かれ、来る人すべてに、見せておられました。
クロスを張っていてもいい箇所ですが、
少しでも板の面積を増やし、湯気などの調湿を考えたようです。


細かい観察力にこちらが驚きました。

P1010621.jpg

古い椅子の座を真っ白のレザー(本物)に張り替えられたようです。
本物はリフォームしても、以前にもまして輝きを放ちます
ちなみに価格は一脚1万5千円だそうです。

現在計画中のIさんご家族も来られて
杉板やそよ風を体感されてました。

P1010617.jpg

U様ありがとうごさいました、感謝いたします

ご参加の皆様ほんとうにありがとうございました

マンション・オープンハウスです

東淀川区のリノベーションが完了し
本日、オープンハウスをさせていただくことに

残念ながら雨のようですが
見せていただけるご厚意に甘えてのオープンです

P1010582.jpg

P1010592.jpg


お時間があればぜひのぞいてください。

昨日はポスティングに行ってます。

成果のほどは?????



杉フローリングが結ぶご縁

P1010579.jpg

25年も前からセミナーに通っておられた堺市の方が、
和室に杉板を張ってほしいというご依頼です。

18年前に一度、取り壊し新築のご相談をいただき
設計担当と一緒に伺ったことがありましたが、
お母様の調子が悪くなり、中断されました。

その後、キッチンにヒノキ板を施工したのですが
ご無沙汰していました。

P1010581.jpg
(30ミリの杉板のしたに、50ミリの断熱材施工)

今回、見積もりでは、もう一社の方が安価だったようですが
内容をみれば、大引きや根太など床下の補修などが入っておらず
やっぱり国産材さんで、ということになったようです

大工さんから話を聞けば、30年前の建売とはこの程度だったかと・・・
確認申請は4畳半で申請し、中間検査後に6畳に修正したようで
素人がしたようなブロック基礎をたしていたようです。

お施主さんにコーヒーをご馳走になり、
今までのいきさつなどお聞きしました。
5年前にお母様が亡くなられ、
今では1年に150回ものクラシックコンサートを
楽しんでおられるようです。          


25年の歳月は、それぞれにドラマを創りだしているようです

今年の冬は暖かいですよ、どうぞ、お幸せに

北斎さんと銀杏の木

日曜日の午前の空きを利用して

行きたかった大阪市立美術館の北斎展に行ってきました。

P1010564.jpg

天王寺公園の庭は・・・

P1010569.jpg

きれいに整備されてるけど、あんまりおもしろないかな

P1010571.jpg

天王寺にいてることを、ちょっと忘れさせてくれた瞬間です

P1010572.jpg

フェルメールの小径やそうです

P1010573.jpg

黒田家の屋敷跡を過ぎ

P1010576.jpg

開けた先に、大銀杏!!!

P1010577.jpg

美術館に到着です、おかげさまで本日7000歩クリアです

もちろん、葛飾北斎さんは素晴らしく
200年前に大坂に来たことがあるようです
お弟子さんの作品も展示されてました

圧巻は1品物の肉筆画です

どの絵も生活感があって、音やざわめきが聞こえるようです

串カツに出会う時間はなかったんですが、
充分、英気を養わせてもらいました




明日、ご契約です

昨年から土地探しを始めた寝屋川のお家が
今年春に土地を購入され

s-P1160704_20121117085109.jpg

そこから始まった新築計画ですが、明日、ご契約することになりました。

お料理と、ガーデニングが大好きと言われるだけあって
キッチンとお庭にこだわりをもっておられます。

P1010198_20121117085209.jpg

既に解体工事は終わっています

来春、5月の完成を目指して、25日の地鎮祭を済ませば
早速、地盤補強にはいります。

現場が重なると、惰性に流されがちですが
どの現場も想いを新たに、気を引き締めて取り組んでいきたいと思います。

みなさまに仕事を任せていただけることに、
喜びと、深く感謝をいたしております


さぁ、やるぞ!

本日、午後からは堺セミナーです
新しい方が参加されるとか
いい出会いに、ありがとう


あ~~、木族の原稿まだやったぁ




そよかぜ薫るマンションリノベ

東淀川のマンションリノベーションが完成間際です

本日でそよ風の左官工事が終わり

明日、美装工事をしてお引渡しです

P1010557.jpg


左官屋さんがリズミカルにコテを運んでました。

P1010556.jpg

P1010561.jpg

P1010554.jpg

キッチンまでもそよ風色に染まっているようでした。


打ち合わせのサポートはチビちゃん

2日まえからいきなりの冬です
にわかに大粒の雨、おかしなお天気が続いてますね

舞多聞の新築工事ですが
事務所で3回目のプラン打ち合わせです

延べ30坪の2階建てです
3人の子供さんがおられますが
みんなとてもお利口さんです

お母さんが打ち合わせ中は、代わり番こに同席するお姉ちゃんかお兄ちゃんが
2歳のチビちゃんのお相手を務めてくれます。
こんなとき兄弟が多いことは助かります
この分だと異例の速さでプランがまとまりそうです。

来年3月の新学期が始まる前に
なんとかご入居の目途をたてる必要があります

P1010476_20121115165947.jpg

年末には基礎工事くらいは済ませておきたいのですが・・・
仕事が速いと定評のあるAさんに期待がかかります

P1010481_20121115170444.jpg

まわりはメーカーさんのお家のオンパレードですが
国産材テイストのシンプルなお家、
それでいてちょっと気になるお家になればいいなと考えています。

まだまだ奥に開発しているようです
土地をお探しの方にも必見のニュータウンです

夢は叶えるもの

築38年のマンションをスケルトンにして
リノベーションを、というご依頼で伺いました。

このマンションでは
夜11時以降の洗濯は禁止やそうです、

時間を問わずピアノも弾くことも禁止されているようです

音の規制が厳しいのですが
何のことはない、隣の話し声も聞こえるようで

息子さんが夜、携帯電話をかけていたところ
「うるさい!」とお隣さんから・・・・・

有名なH工さんのマンションやそうですが
40年前は技術レベルも低かったようです

ご要望は防音をしたいということですが、
どれだけお金をかけても完璧には至りそうにありません。
ヤマハの防音室を部屋の中に入れるということですが

それもかなり違和感があるのですが・・・
もう一つの目的は歌の練習をされたいとか・・・・・ワォ


すこし天井も上げたいということで、天井懐があるのかどうか
ユニットバスの上を覗きました

P1010548_20121113183036.jpg

ユニットバスはきれいに使っておられます

P1010551.jpg

問題の天井懐は40センチほどありましたが・・・

それにしても雑な配線、配管施工です
突貫工事で仕上げを急いだのでしょうか
建てれば売れた時代が垣間のぞきます

P1010552.jpg

一番困っておられるのは浴室に換気扇がないことです

外壁は共有部分のため、穴をあけて換気扇をつけることもできず
ひたすら窓をあけるしかないようです。

何とか望みを叶えてあげたいのですが

いずこのお宅も荷物が多いようで
やっぱし



















瓦屋根のエコロジカル補修

築35年の屋根の補修をしました

瓦屋根は、瓦の寿命が尽き、雨漏りがしない限りは
葺き替えする必要はありません。

瓦のズレや割れ、棟瓦やスズメ口のシックイがはがれる等したときに
並べ替えや、悪い部分の差し替え、シックイの詰め替えをすれば
70~80年はゆうに持つ、エコロジカルな製品です。

回ってきた屋根屋さんに指摘され、慌てて葺き替える選択をしがちですが、
雨が漏っていたとしても、余程のことがない限り、
3~40年で葺き替える必要はありません。

屋根15
(棟瓦、のし瓦を外したところ)

大抵、悪くなるのは、棟のノシ瓦のシックイの剥がれから、棟がずれてきます

屋根09

セメントで瓦を止めつけています

屋根10

シックイで下地を固め、のし瓦のすわりを良くします

屋根04

丸瓦の小口にもシックイを

屋根08

棟の熨斗瓦と丸瓦をしっかりと、ステンレスの番線で止めつけています。

屋根17

棟瓦の下端にもシックイを塗り込めています

屋根13

棟瓦のずれもなくなり補修完了です

屋根瓦を長持ちさせるためには、母屋や垂木、野地板といった下地や
小屋組みをしっかりさせておく必要があります。
どれだけ立派な瓦も
建物本体が弱いようでは恰好つきません


最近、屋根材を軽くする傾向にありますが
瓦は断熱性に優れ、耐久性抜群の素晴らしい建材です

なにをするにも基本が大事、ということですかね





ようやく決めた・来年のセミナー予定

「木族」12月号の締切が近づき、
2013年のセミナーの予定表もつくらなあかんし、
気は焦るばかりです。

10月からスタートした堺セミナー「住む棲む塾」との調整も
あったりと、なかなか思うように決まらなかったんですが
3人寄れば何とやらで、
本日、全体会議のあとで、セミナー講師担当と練り合わせました。

何とかかんとか決定!

P1010522.jpg

やれやれ

セミナーも1000回近くやっていると、
同じことばかり話しているようで・・・

それではあかんと、気を取り直してスタートです
出来るだけ鮮度アップした内容にしたいと考えてます


こうご期待!


































時空の広場をツッパシリ

大阪に出たついでに

P1010509.jpg


一度行ってみたかった大阪駅北側のビルを散策しました

P1010518.jpg

1月から12月の花々が咲き誇っていました
頻繁に通過する電車と相まって、まさに時空の広場でした

P1010529.jpg

この界隈は百貨店激戦エリアですが
成り立つんやろか、と余計な心配です

それにしてもゴージャス

P1010519.jpg

上の階では屋上緑化も

P1010511.jpg

お見事!

気忙しい季節に、この風情を前にして、

足早に歩くオバサンも結構へんてこりん

好奇心もええ加減にしなはれや

すっかりスッキリ

淀川区のマンションリノベーションの現場へ

「やっぱり来ると思てましたわ」のジャブに
「コーヒー飲ましてもらお思て」と、とりあえずクリンチで固めます


P1010541.jpg

システムキッチンも

P1010548.jpg

ユニットバスもスッキリ収まり

P1010540.jpg

間仕切り壁も落とし、タンスや衣類を収納する
クローゼットをとりつけてる最中です

トイレと洗面室の床はヒノキで仕上げますが
それ以外は全て30ミリ厚の杉板を張っています。

お施主さんのご希望で、無地上小節といって
殆ど節のない板を張っています


養生を剥がしたら、あんまりきれいんでビックリしまっせ

と大工さん


お施主さんにお願いし
11月23日(祭日)は10時から15時までの
オープンハウスにしていただきました。

お申し込みはこちら


笑顔よし

打ち合わせで伺うお宅に、2歳の男の子がいます

ドアを開けるや、待ってましたと言わんばかりに

玄関口に飛び出し、それ以上の笑顔はないやろと思えるほどの

破顔で出迎えてくれます

一点の曇りもない満面の笑みに、ほんとに癒されます

まさに顔施の世界

2.jpg



もう完全にその笑顔のとりこです

世知辛い世の中


せめて下心なく、笑顔だけでも振り撒きたいものです

写真でお見せできないのが残念です


みんなもっと笑顔になろうよ、それだけで幸せになるよ

オーリング検査って

来年春の完成を目指して、プラン打ち合わせのスタートです
家族5人のご家庭ですが
ご主人以外の方がそれぞれのアレルギーを持っておられます
卵であったり、小麦粉や蕎麦などです

P1140756_20121102173341.jpg

新築にあたり、オーリング検査を行ってもらいました
使用する建材のすべての切れ端を持参し、
体に合うか合わないかをテストしてもらう方法です

意外だったのは、ブラスターボードに反応されたことです
ブラスターボードといえば石膏を芯材とし
その上に紙を貼った内装の仕上げ材です。

塗り壁やクロスの下地材として幅広く利用され
今までそれに反応された方はおられません

PBが使えないとなれば代替え品として何を使うか
選択に困ます。
内壁にも木小舞を打ってラスを張り、塗り壁にするか

もしくは、いっそのこと土壁にするかです
塗り壁材も石膏ベースの「そよ風」は、反応が懸念されます。

第一回目のプラン提案は、気に入っていただき
ホッとしたのですが・・・

s-P1150948_20121102174522.jpg

もう少し建材のチェックが必要です
やり甲斐のあるお仕事になりそうです




















































































































































































































































































































第一回のお見積もり提示

今年の6月から設計打ち合わせが続いていた
寝屋川の家が、第一回目のお見積り提示を本日おこないました。

擁壁工事や地盤改良など
本体工事費用以外の費用も嵩み
ご予算より少しオーバーです。

P1120338.jpg

減額案を提示していますが、結果的には増額工事がプラスされ
なかなか思うようにはいきません

「長持ちのする素材を使おうとおもえば、金額がアップするのですが
長い目で見れば、どちらが得かということですし・・・」
お施主さんの悩みどころです

地鎮祭は11月25日と決まっています。
あと2週間をかけ家族会議をされるもようです
難しいところです。

P1010197.jpg
(解体工事は完了です)


「それにしてもよくやっていただきました」は、
最高にうれしいお言葉です
それが持続するように気合をいれて参りましょ!