FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

仕事納めができました

押し迫ってから風邪ぎみで、

世間はノロウイルスによる風邪が大流行のようで
コンコンしょうものなら、あらぬ嫌疑がかかります

P1170759.jpg

年末に基礎工事があり、生コンもなにも全て28日で
仕事納めをするため、ちょっと慌てましたが
なんとか無事に予定もたって終えることができました


年賀状も滞りなく投函し

あとは今年最終の運試しに
年末恒例のあみだくじで、
お歳暮のいただきものの抽選です。


お陰様で
今年もたくさんのいい出会いをいただき
新築にリフォームにと
お仕事の場を与えていただきましたこと
深く感謝いたしております。

来る年も皆様とご家族にとって
素晴らしい年でありますよう
お祈りいたしております


おっと

明日もう一件、お打合せがありました

よいお年を!!!!!
スポンサーサイト

マナー本をいただきました

友人から本をいただきました

「期待以上」と思われるプロの接客作法

P1010891.jpg

という本で、元ANAのキャビンアテンダントだった
藤村純子さんの著書です

若かりし頃、何冊かのマナー本を読みましたが
いい加減薹(とう)が立つと
ものごとがテゲテゲになるようで

読ませていただいて大変新鮮で、
随分いい加減なことをしていたなと反省いたしました。

どんな職業であれ、まずお客さんが何を期待されているかを掴み
考えて行動しないと、単なる答えに過ぎず、応えるにはなっていない
と書いておられます。

よく分かっているだろうと勝手に憶測し、
説明をはしょってしたばっかりに、
とんでもない間違いにつながることがあります。

社内でも言葉足らずで相手に伝わらないなど
だいたいミスの原因はその辺が多いようです

気を付けないといけないのは
なまじ聞きかじりのカタカナ英語をつかったばっかりに
なんのこっちゃ分からんと、聞き返されてアタフタした経験は
ありませんか

出来るだけ適切な日本語で説明するほうがよさそうです


「テイクアウト」ですか、より
「お持ち帰り」ですか、の方がよっぽと人間的ですな












武庫之荘でファッションのお店

武庫之荘でファッション関係のお店を出されます

お正月明け早々に改装工事に入り、
オープンは1月20日過ぎになる予定です

DSCN7904.jpg

現在はこんな感じですが、あまり改装に費用をかけず
手作り感のあるお店を目指しています。

ほぼ下地と商品棚の造作です、壁はご家族協働により
「そよ風」を塗られます。

看板も息子さんのデザインによるようです
お店はディスプレー次第で素敵になります
店主のセンスに負うところが大です

お願いしているのは「エル寸に 力を注いで欲しい」

なんやそっちか、と言われそうですが、そっちです

完成すればまたご紹介したします

Lに幸あれ

中古住宅・それでも買う、買わない

12月14日にチェックさせていただいた中古住宅ですが

子供さんの希望校区でもあり
随分迷われたようですが

P1010741.jpg

「自分たちの予算では、中古住宅を購入し、望むようなリフォームをするには
無理があると決断しました、いろいろとありがとうございました」
という結論を出されたようです。



とりあえず、中古マンションを視野に入れ
探します、ということでした。

ご希望のリフォームには少なくても800万~1000万はかかると
推定できます。

P1010748.jpg


安価で請けるところがあったとしても
どんな内容になるかは疑問です

P1010762.jpg


押し迫っての決断に、悩まれたと思いますが
賢い選択をされ少しほっとしました。









擁壁工事と基礎工事が進行しています

1月の棟上げに向けて

地盤補強を終え
擁壁工事と基礎工事が進んでいます

P1010879.jpg
(かなりの粘土質です)

年末は生コンプラントも28日が年内最終だとか
それに合わせての配筋工事や仮枠工事が必要です

P1010886.jpg
(基礎は捨てコンクリートが打たれ、基礎の配置を示す墨がうたれていました)

25日に役所の配筋検査を予定しているため
タイムレベルで気の抜けない工程管理が必要です

P1010881.jpg

P1010888.jpg

擁壁も2メートル近くあると大仕事です

気になるのはお天気です、
なんとか晴天が続きますように
祈らずにはいられません

なかなかクリスマス気分には、なれそうにありません

コウノトリが育んだエコハウス

ハチゴロウの戸島湿地はナビにも地図にも載っていないので
ようやく看板を見つけたものの
湿地帯にどこから入っていいか分からず
ちょっと迷いました

P1010830.jpg

P1010829.jpg
(延べ床面積168.4㎡です)


P1010835.jpg
(i左官考案の小舞ネット 内壁側)

補助申請の関係で、3か月の突貫工事ということもあって
土壁外断熱工法に小舞ネットを採用されたようです
それにしても3か月は凄い!!

P1010869.jpg
(外壁側に入れた断熱材)

P1010868.jpg

それにつけてもこの壁の厚さよ(20センチは有にある)

P1010850.jpg

天井近くの板をスライドさせ
小屋裏の熱い空気を棟に逃がしています

P1010870.jpg

夏は床下の冷気を室内に取り込む工夫が・・・

P1010845.jpg

広縁に設けられた空気循環の穴

P1010842_20121218170034.jpg

筋違に匹敵する耐震強度がある木格子で
採光も確保しています

すべて高性能の木製サッシが使われいました
価格は、やっぱりおいそれとは手が出ません。

兎に角見どころ満載の建物でした


エコハウスのパンフレットには

コウノトリから学んだことも大きく

コウノトリの生息を支える豊かな自然と
コウノトリを暮らしの中に受け入れる文化こそが
人にとって素晴らしい環境である
の確信を得ました。と記されている

そこで、「伝統を活かし、自然と折り合う暮らしの提案」
とエコハウスは主張していました

コウノトリがいなくなれば
少子化の歯止めもなにもあったもんじゃないよね

と、ぶりっこも嘆く






コウノトリとエコハウス

日曜日に前から気になっていた豊岡市のエコハウスを
見に出かけました。
ラッキーなことに日曜日はポカポカ陽気で
これなら雪の心配もなさそうです

早々と投票を済まし、池田から舞鶴自動車道・春日インター経由で
北近畿自動車道へ和田山インターを降ります
12月中とあって、いつもノロノロの宝塚も楽勝で
所要時間3時間で到着です

エコハウスのことは
土壁用の竹小舞ネットを開発施工したi左官さんからの
情報で知りました。

豊岡市が国の助成金を利用して建設されたものです
太陽・風・雨など自然エネルギーを最大限に活用した
提案型の住宅です

P1010826.jpg
(コウノトリ文化館)

その前に雪がまだ残る、コウノトリの郷公園に立ち寄りました
かつては、どこでも見かけられたコウノトリの舞う景色ですが・・・
昭和46年にはその姿が亡くなりました

P1010820.jpg
羽を伸ばせば2メートルあるという優雅な舞が見られました

最後の生息地であった豊岡に、もう一度コウノトリが生きる環境を取り戻そう
という試みが続けられています。

餌となるドジョウやナマズなどがいる湿地帯づくりがはじめられた
2002年8月5日に、野生のコウノトリが舞い降りたそうです

8月5日に来た彼をハチゴロウと名付けました

残念ながら今はもう生きていません
その死後、乾田になる予定だった湿地帯を
ハチゴロウの戸島湿地として残したようです。

コウノトリは6月頃に子育てをします
今では市民のサポートにより
自然に自由に生きられる環境が守られています

P1010824.jpg


その湿地帯の手前に
エコハウスは建てられています

環境破壊により生きられなくなった
ハチゴロウと人間が同じ生き物として

感じられる場所でした



つづく







大工という仕事が泣いてます

店舗改装を、紹介された大工さんに依頼されましたが

おおよそ大工さんがしたとは思えない仕事に
工事の中断を求められたようです

P1010781.jpg

天井に張られた板は実加工もなく隙間だらけです

P1010775.jpg

壁下地のボードもキッチリ張られていないばかりか
ボード間をつなぐ仕舞もしていない為

その上からダイレクトに塗り壁を施工しているので
全ての壁にヒビが生じています。

P1010794.jpg

究極は棟からの雨漏りに
棟下の棚にバケツを置いて受けなさいと支持されたとか

どう考えても日曜大工並みで
おそらくはプチリフォーム程度を手掛けられているのでしょう

P1010783.jpg

全ての仕事を一人でしたようです
それでも
トイレの塗り壁にはその大工さんが必死で
やった痕跡が伺えました。

窓枠もすべてイモ付きで情けない状態でしたが

分からないなりに、このご時世、仕事をしたい!! が
この結果につながったような気がします

それにしても途中で仕事を投げ出すとは・・・・・・
なんとも情けなく哀れで、残念です

まだ若い方と聞きました
もう一度キチンとした大工修行を積んでほしいものです


37年の油よごれ

チェックに行った中古住宅は、
37年前に建てた注文住宅でした

結果は、
構造躯体にはたいした問題はなかったのですが

P1010768.jpg

P1010751.jpg
(床下は、シロアリがでたのか、防蟻処理がされていました)

床下の換気が今一つうまくいっていなかったようで
リビングの床が湿気でズワズワしていました
特にキッチンの油汚れが酷くて

P1010758.jpg

P1010756.jpg

素人目には厳しく、購買意欲をそがれるようです

1年半も売れなくて残っていた理由の一つのようです
もう一つは、後ろを走る高圧線と思われます。

P1010771.jpg

屋根も不都合はありませんでしたが
水回りは全てやり替える必要がありそうです

リフォームは500万円くらいですみますか、のご質問に
施工範囲にもよりますが・・・
床下に防湿シートを敷き込み、メッシュとコンクリートを敷設し
すべて杉板に張り替え、
間仕切りの移動や、
水回りと床、壁、天井をやりかえるとなると
もう少しかかると思います、など
会話していたところ


少し離れた場所で聞いていた不動産屋さんが
会話が終わるやいなやお客さんにすり寄り、

「土地とリフォームとセットでなら、もう少し土地の価格を下げても・・・」と
猛アピールです

その早業に只々感心し、反撃する気にもなれず
お客さんの意思にまかせることにしました
良い話には必ず裏が存在しますが
ここでは言いますまい

はてさて、どんなリフォームになるのでしょう

ご無事を祈るばかりです















中古住宅チェックと、忙年会

年末に寝屋川の基礎工事が始まり、
新春早々の棟上げにむけて進行しています

神戸垂水区の確認申請と
工事契約に向けての見積もり積算など
それぞれが忙しいようです

そんなこんなで、残念ながら
恒例の「お餅つき」は、今年出来そうにありません。


忘年会もどうしょうかと迷ったんですが
せにゃせんで、今年はしまへんのか、という職方さんもいて
したらしたで、この忙しいときに、というご仁もいるんですが
やっぱり、やろかということで
本日6時の開宴です

P1100674_20121213093149.jpg


その前に、セミナー参加の方から
中古住宅の購入にあたって、建物チェックのご依頼です

不動産屋さんと住宅建築をおこなう建築士とでは
やっぱり視点が違うようです。
購入後、費用が嵩むようでは困ります。

転ばぬ先の杖でしょうか

P1100679_20121213093245.jpg

2~3年前から、中古のチェック依頼が増えています
大きな買い物です、買い手がすぐにつくようにあおられるようですが
そこはちょっと慎重に考えた方がよさそうです

価値判断がつけば、即、アクションです
せっかく、希望の地が見つかりながら
売れてしまったということもありえます

P1100661.jpg


タイミングよく行きたいものです








来訪サンタクロース

月曜の朝一に

サンタクロースのご来訪です

P1010733.jpg

ご近所にお住まいで

チャリンコにてのご登場です

いささかおヒゲは山羊っぽいですが

来春の綾部ツアーへの申し込みに参上されました

協会ツアーの愛好者です


サンタクロース様、次回ご訪問の折には何卒

大きな袋を担いでご来訪いただけますように・・・・・


ハイハイ、ワカリマシタ

ツギハ、ダイコクサンデ キマッサ、だと











魅力的な山なりの声

昨日、本町の綿業会館でのセミナーに参加しました

経営コンサルタントを東京で営まれているNさんから
「山なりの声」の話を伺いました

P1170753.jpg


ことしの流行語大賞に輝いた「ワイルドだろう」の
イントネーションがまさしく山なりの声だそうです

そういえば会話をしていて心地よいボイスに
思わず惹きつけられたのです

参加者は15~6名だったのですが
その内の4名(女性)をターゲットに
「山なりの声」で語りかけられたようです

言葉では説明しにくいのですが、
穏やかでソフトで、なんとも耳触りのいい響きです

日頃、「そんなん せんといて!」「それ とって!」「それは違う!」
なんて短い単語がついつい口を突いて出るようですが

それは直線的で、キツイ表現として受け止められ
いいコミュニケーションには繋がらんようです

先日、施工中現場で「写真撮らんといて!」と言われたんですが、
やっぱり心臓にビンとコタエたんです

「ちょっと写真は撮らないでね」と、丸くしゃべった方がよさそうです

かなり努力しないと難しいようですが
その価値は十分ありそうです。

山なりに、山なりにイメージして声に出してみてください

あなたの周りが穏やかに変化するようです

やってみょうっと




















能登ヒバに魅せられて

ときわ台で外壁工事をしている現場へ

箕面の長い長いトンネルを抜け、
鶯の森方面に向かうのですが
先日の屋根の落下事故からトンネルを抜けるのが怖くなります
思わず非常出口を目で追ってました。

それにしてもこの中を500mも歩くなんて
考えるだけで息苦しくなります。

近年、建築には手厳しい規制が引かれていますが
トンネルには随分甘いように感じます。
1トン以上あるものを天井にボルトで吊るすなんて
信じられまへん

ぼやいてる間に、ときわ台に到着です

P1010712.jpg


ピンポーンに

奥様がいそいそと出迎えてくれました

今日は一日塗装屋さんは空けるとか
どうやら、天気予報が外れたようで本日曇りです

「あのね、高い窓ガラスを全部拭いてもらったの、ピカピカよ
それとカーポートの藤棚もサービスで塗ってもらったの」
いそいその原因はこれのようです

P1010714.jpg

満面の笑みでお話しいただきました

よかったですね  

「みなさん良い人ばかりよ、職人さんて怖いと思てたんだけど
足場屋さんも、塗装屋さんも親切でね、喜んでたと伝えてね」

こちらまで、うれしくなります。

P1010713.jpg

今年はたくさん実をつけた、という柚子もなにやらはしゃいでます


次の訪問先は

協会事務所近くで会社を営む
社長さんのご自宅のリフォームです

広い敷地に80坪ほどの木造住宅です
「能登ヒバ」に惚れ込まれ、30畳ほどの部屋の天井に
能登ヒバを張りこみます。

P1010715.jpg

部屋一面にヒバの香りが満ち溢れていました

P1010716.jpg

ヒノキ以上に艶があり、光沢を放っています

P1010719.jpg

お庭も立派で、ここに3~4軒は建てられるなぁ、と
思わず考えてしまったほどです。(余計なお世話です)

ここの家も大工さんに好きにしていいよ
と全て任せで建てられたとか、なんともワイルドな社長さん(女性)です

大工さんには毎回手造りの食事を出されるとか

く、くせになります、ほどほどに・・・

大工さんこれは夢でっせ! 当たり前やおまへんで


帰り道

大昔の建築が華やかなりしころ
会議で使った料理旅館「〇〇王閣」が
気の毒な姿態をさらけ出していました

いやはや

栄枯盛衰を見た思いがします


急に寒気が・・・早う 帰ろ