FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

国産の桜や栗で家具づくり

先日、綾部ツアーに参加された中に

好青年がひとり
話せば
長野で家具製作の修業をし、寝屋川で工房を始めたばかり
ということです。

そういえば一年前の「塗り方教室」に
若いご夫婦が参加してたけど、その時の・・・

早速、話が聞きたくてお会いしました

木製キッチンなども手掛けておられ
おもに国産材のクリや桜を使っているとか

P1020123.jpg

桜で出来た扉の見本を見せてもらいました
杉やヒノキと比べ、半端ない重厚感です(厚さ20mm)

P1020124.jpg

クリの端材も見本に・・・

家具の場合、広葉樹がやはり使いやすいようです

今後、いい連携がとれれば
コラボで提案家具など紹介できれば嬉しいです


ご期待ください






スポンサーサイト

ご存じ? 泥棒よけおまじない

ご相談を受けて、奈良に行きました。

新築かリフォームかで、迷っておられるのですが


お住まいを拝見する中で
「オチャズケさん、ブログネタになりまっせ」と
スタッフのそそのかす声が・・・

なにかと見れば

P1020122.jpg

鴨居の上端に、こんなん貼ってました

12月12日って、なんのこっちゃ???


お施主さん曰く、泥棒よけだそうで、毎年12月12日に張り替えるそうです

早速、スタッフがネットで調べました


家の戸締りが必要な開口部全てに貼るとか
12月12日は、かの石川五右衛門が釜茹でにされた日です
それにあやかって封印するようです


逆さに貼ることで、家主が気にかかり、防犯を意識するように
なるらしいのです。

風が吹けば桶屋が儲かるくらいに、辛気臭い話ですが
それで防犯を意識するというのは
ある種、理に適ってますよね

その下に一番強い人の名前を書いておくのもよいらしい
女房殿の名前など・・・・・いやいや


お試しあれ




丹州木材「競り市」見学ツアー 2

あやべはウソのような大快晴です

ツアーの楽しみは昼食です、
くいだおれ関西人の胃袋を満足させるのは
結構、気遣います。

なんのことはない、お茶漬けの食い意地に因るところが大きいのですが

あやべの「ゆらり」さん

P1020112.jpg

民家を改装されたのでしょうか、梁構造が素晴らしい

P1020114.jpg

花ごぜん これにテンプラとお味噌汁がついてます
お味も京風で大満足

P1020115.jpg

後ろは由良川というロケーションで、吹く風も心地よく
バスが道に迷ったことなど、忘れさせます

仕上げは、依然行ったことのあるグンゼ資料館へ

P1020117.jpg

グンゼのスタッフが説明されるのですが
創始者の波多野鶴吉さんの生きざまを見ているようで
養蚕業の栄枯盛衰を垣間見たのであります
感動した!!!

グンゼさんのポリシーが受け継がれている
素晴らしい案内ぶりでした


写真はとってもいいが、ブログなどに載せないで・・
という要請があって
ここは一つ守らせていただきます

ここは皆さんにぜひ訪ねていただきたい場所のひとつです

人格を育てるのは
あいさつ  おそうじ  靴を揃える  ことから

当たり前にできる事のようで・・・・・

いかがですか 


丹州木材市場で丸太が広い敷地一杯出ていました
間伐を促進するために国から助成金がでるのですが、
自民党の時代は伐採してそのまましていも助成金がもらえたのですが

民主党に変わった時から、間伐した材は市場まで出すことが
条件づけられた為、市場に山と積まれたようです

自民党に戻り少し整備されるのでは・・・・・
ということでした。

やっぱり行ってみないと見えてこないものが多いようです。
百聞は一見にしかずです。

ところで、2月23日(土)舞多聞で構造見学会です
いかがですか。








丹州木材市場「せり市」見学ツアー

24日京都あやべ市の丹州市場
「せり市」の見学に行ってきました。

ウィークデイとあって参加者が少なかったのですが
めったにない経験ができて、好評でした。

バスが道に迷うというアクシデントはあったんですが・・・
どうやら運転手さんもカーナビが無いと、手こずるようです

P1020107.jpg

いい丸太は柱や梁・桁といった建築資材として利用し
細いものは集成材に
建材として使えないものは、チップやパルプ原料として
捨てるところは少ないようです。

P1020096.jpg

競り子さんがリズミカルに1立方あたりの価格をせっていきます
買い手さんが素早く合図を送り、材を競り落とします。
折り合いがつけば競り子は、手に持った鉦を鳴らします

だいたいこの材はこの人が買うだろうと、検討はつけているとか

丁々発止、和やかな中にも緊張が走ります

木材を出している山の人も来られています、
買い手がどんな材を望んでいるか、市場調査をしているとか
ナルホド

マグロの初セリのように、ご祝儀相場は木材にもつくの?
に、期待したけど付きませんでした、そうです

P1020108.jpg

張られた数字のレクチャーを受ける参加者のみなさん

P1020093.jpg

みなさん雪に備えたレインシューズが、役立ったようです
お茶漬けさんも大枚4890円を投じたのであります

丹州木材さん、伊東さんお世話になりました
みなさん初体験にわくわくしたようです


つづく

中庭のある家・上棟式です

寝屋川の現場で上棟式がとりおこなわれました。

P1020084.jpg

表しになる野地板が美しいです、屋根は2重構造になってます

P1020079.jpg

お施主さんは、杉、ヒノキの香りが気持ちいいと絶賛
御幣に向かって2礼2拍手1礼の後は
建物の4隅の通し柱に
お神酒、お米、お塩を撒いて、工事の無事完成を祈願します

P1020075.jpg

P1020074.jpg

食べきれないほどのお寿司やオードブルが用意されていました

どの部屋にも太陽の日差しが奥まで射し、冬を忘れます。
とりわけタタミ6帖分の中庭が楽しい住まいです

棟上げの日が一番感動されるものですが
完成が近づくにつれ、期待が増す住まいにしたいものです

監督さん、さあ、頑張って!!!




寝屋川の店舗完成です

店舗改装を大工さんに依頼されたのですが

工事途中で現場を投げ出し、
困ったお施主さんからご相談を受けたものです

自然食の棚関係はご自分で設置されます

P1020054.jpg

厨房は使いやすく、お掃除簡単のキッチンパネル

P1020064.jpg

どうなることかと思った大工さんの独りよがり塗り壁も
それなりに雰囲気が出てました。

P1020052.jpg

お店に使おうと思って取り置きされていたステンドグラスも

素敵に収まりました。


あとは開店を待つかりです。

ふくろうに彼女ができました

かつて建築士事務所民家のスタッフだった方が
2人訪ねてくれました

一人は千葉で工務店の2代目を継いだSさん
もう一人は福知山で林業・土木・工務店を幅広く営むIさん

お二人とも30代半ばから後半です

それぞれ企業を引き継ぎ、活発な活動をつづけています
話すだけでその活力が伝わります。

しばらくお会いしない間に、
すっかり社長目線の観察力が備わってました。

チエンソーアートに取り組むIさんが
かわいいフクロウの木彫りを持ってきてくれました

事務所にあるカウンターのフクロウもIさんの作品ですが
同じ作家と思えないほどの上達ぶりです

P1020036.jpg

羽毛の柔らかい線が見事で、女の子のような可憐さです

P1020037.jpg

この子を見るまでは感じなかったのですが
よくよくみれば
4年前に拉致してきたフクロウくんは漫画チックで
若干リアルさに欠けます

こんなに腕をあげてるとは・・・

カンペキ!!!

ちょっと調子を上げ過ぎたオチャズケさんは
図らずも二日酔いの有様です

昨夜は久しぶりにはしゃいだのであります

ふぅ~














築18年・来客4000人

平成6年に建築士事務所民家で新築した
茨木のお宅が、19年目を迎え
外壁や樋など、外部塗装をしています。


5年ぶりに塗装現場を訪問しました

P1020030.jpg

塗装は後々のことを考え、
耐久性のある1ランク上の塗料を提案しました
なんとなく重厚な感じがします

P1020025.jpg

お玄関までのアプローチに色んな種類のバラを栽培しておられ
バラの咲くゴールデンウィークはご子息や孫さんが
毎年集うようです

P1020027.jpg

季節外れの今もバラが咲いてました

ご主人は和食料理が趣味で、プロ顔負けの腕前です
退職後は、知人を招いては食事会を開かれ
お茶漬けさんも2度ばかりご馳走になりました。

鯛の昆布締めは感動ものです

今は、地域のお父さんたちに
男の料理教室を開いておられるようで
20名になっているとか
「いやぁ、呑みたいからやってるようなもんで」

それにしても羨ましい

帰り際に聞きました

「建てて丸18年になりますが、この家を訪問した人は
既に4000人に昇ります。病気もせんとありがたいことです」

脱帽です

お土産に手づくりの「ぱってら」と、ワインに合うという
ゆべしをいただきました。
夕食が楽しみです。

すっかり地域に根を張り、
住まいを楽しんでおられるようでこちらも嬉しくなりました。
いつまでもお元気で。




棟上げが始まりました

15日に土台を敷き込み
16~17日で棟が上がりました

P1020017.jpg

「屋根勾配がゆるいから、上がってこれるでぇ~」

そんなご無体な・・・上がれません、
それが出来たら大工になってます
屋根は2重構造の屋根になります

P1010999.jpg

ゆすはらさん、頑張って良材を搬入してます

P1020003.jpg

今日は昼食におうどんでも奮発しょうと
早めに現場に着いたのですが、
ホカ弁を既に発注したはりました、現場まで宅配するようです

P1020019.jpg

日差しを浴びて少し暖かくなりました
勾配がゆるくても霜が降りた朝は滑ります
くれぐれも怪我のありませんように

店舗に「そよ風」を塗る

武庫之荘の店舗が今週で仕上がります。

洋品店になるのですが
下地を建築士事務所民家が担当し
左官工事は3日をかけてご夫婦で
協会の薦める「そよ風」を塗られました。
なかなか味わいのある仕上がりです

P1010985.jpg

高い場所はご主人の担当で、低い場所は奥様の担当です

P1010991.jpg

ところどころ白いのは乾いたところです

P1010982.jpg

杉板に文字を掘り、ブルーに色づけ
なかなか洒落た手づくり看板になりました
ポンテとは橋という意味だそうで

インポート商品なども扱われるようです


阪急武庫之荘駅を北へ10分ほどあがったところです
また木族でご紹介します。
お近くに行かれましたら是非お立ち寄りください

太子町で中古住宅のチェック

昨日、もうすぐ基礎着工する垂水区の
舞多聞の現場状況を見に行きました。

神戸北部は雪が降っているようで
冷え込みも一段と厳しいようです

なんと、ここ2~3か月の瞬く間に家が建っていました
ほとんどハウスメーカーさんの家です

P1010928.jpg

P1010929.jpg

P1010932.jpg

さながら住宅展示場のようです
奥へ奥へと開発を進めているようで
土地探しをしている方にはうってつけの場所でもあります

午後から
姫路方面で、昨年から、校区限定の土地を探しておられる方がいて
太子町に出た中古住宅のチェックに伺いました

P1010968.jpg

築17年ということですが
屋根と外壁は塗り替えの必要があるようですが

P1010978.jpg

床下もベタ基礎でしっかり断熱材が入り

P1010974.jpg

クロスは張り替えたようですが、丁寧に生活されていたようで
どこを見ても美しい状態です

P1010969.jpg

浴室も高圧洗浄をしたとか

P1010972.jpg

キッチンもしばらくはこのまま使えそうです。

階段の位置が若干気にはなりましたが、
建物の状態は良好で、上手に住まれていたのが
手に取るようにわかりました。

後はご決断を待って、リフォーム計画の検討に入ります。

暮らし上手がいかに建物を長持ちさせるか
教えていただいたのであります。


成人式に参加しました

成人式に招かれて出席しました

国産材住宅推進協会の創始者である竹中東吉さん(故人)の
お孫さんが成人式を迎えたということで
招かれました


吹田の教会でおこなわれました

P1010917.jpg

P1010926.jpg

8名の方が成人を迎え、
讃美歌の中で一人ひとりの名前が読み上げられ
祝福を受けました。

20年前のあなたが生まれた日を、この前のように
鮮明に覚えています。
既に入退院を繰り返していた竹中さんのベットの上で
厳しい状況の中で
みんなに微笑みかけてくれました

今日、その笑顔にまた出会えました
わずか2時間足らずでしたが
昔の思い出にもつながる
素晴らしい1日でした

ありがとう



堺セミナー・スタートしました

今年最初のセミナーが、堺、地場振興センターで開かれました

第4回「心と住まいの整理術」

昨年に引き続き4回目ともなれば
講師先生の落ち着きも備わり
セミナーの進行もスムーズで、なかなか絵になっていました。

P1140574_20130112185325.jpg

姑のように毎回、早口を指摘したこともあって
えらいものです、
時速80キロの早口は
60キロに是正されていました

先生、これからも安全運転で、よろしく


後半の内容も興味深かったのですが
4時から事務所で打ち合わせがあり、
急いで帰ってきた次第です

なにやら分身が生まれたようで
ひとりニヤついていました


今年の出だし好調です

自然の住まい協議会・打ち合わせ

コープ自然派のメンバーで組織する
自然の住まい協議会・関西の打ち合わせ会議を
協会事務所で開きました

出席は
ピユアおおさかから4名
自然の住まい協議会・大川代表と
国産材住宅推進協会3名です

平成17年に発足し、8年目を迎えています
打ち合わせ内容は
3月30日(土)にドーンセンターに於いての
イベント開催についてでした

P1010906.jpg


全員ボランティア精神旺盛な方々です
できるだけ楽しいものにしたい、は
皆の想いですが

ただ楽しいだけでなく、
しっかりと協議会の意思が伝わるイベントにしたい
それぞれの意見が炸裂しました。

さすがです、会議慣れしたはります。
一人として方向のズレた会話は出ませんでした。

これでなくっちゃ

論議すればするほどアサッテに流れる、
といった会議を体験しているお茶漬けさんには
年末に出来ていた10円ハゲが
埋まる気がしたのであります


2時間の会議はいたってスムーズに終わり
後は、基調講演を依頼している方の
朗報を待つばかりです


乞うご期待 !!



































初春恒例 訪問日記

年明け早々、打ち合わせが立て込み

毎年お伺いしているご挨拶も行けず、
失礼しております。

ところが、10年ほど毎年、お伺いしているお宅があって
そちらばかりは、さすがに外すわけにいかず

15分ほどお顔を拝見すれば・・・と出かけたのですが

やはり床の間には、この日のために活けているという
未生流・お流儀による松や万年青(オモト)の生花が
活けられていました

P1010902.jpg

P1010900.jpg

毎年、和菓子とお薄のおもてなしをいただき

一年の会話が繋がります

奥様はなかなかの情報通で
協会会員さんの近況などこちらで教えていただきます。

一人で1合のお米を炊けば、ほとんど余り
おかげさんで冷凍庫はおにぎりだらけです、と話せば

そらいかんわ、と

取り置きしているオカキの小袋を出し
ごはんを薄く延ばして、この袋に入れて冷凍しとけば
そのまま取り出して焼きおにぎりにできるよ、と
実演までしていただき


少女のようなノリで
なんちゃらの知恵袋のような回答をいただけるのです

今回はめったに会話に入ってこられない
旦那様まで同席いただき

奥様が席を外した隙に、「こんなしょうむないもんばっかり、集めてまっさ」
と、バッサリ


お孫さんからお薦めの新刊の話まで盛り上がり
あっというまの1時間半

これ以上居続ければ、
苦労のダイエットもたちまちリバウンドの饅頭攻めに遭いそうで
(既に二つは胃袋に)
尻尾を巻いて退散した次第です


来年は枕を抱えて
泊りがけで訪問させていただきます




























仕事始めの楽しみ

今日からの仕事スタートです

もうすでに建築士事務所民家の施工部は、寝屋川の新築現場と
堺のリフォーム現場に出向いてます

今日から寝屋川の店舗改装もスタートし
事務所は設計スタッフと事務だけで
恒例の乾杯もしないままのスタートになりました

忙しいのは嬉しいことですが、なんか肩すかしで
10日の全体会議が実質の顔合わせになりそうです

スタートの楽しみは
何と言ってもお施主さんから来る年賀状の数々です

P1010899.jpg

あの時のチビちゃんがもう大学に・・・など
家族の成長写真は時の流れを語っています

それにつけても年々加速する時間ですが
特に1月から3月は瞬時に過ぎていくようです


今年の干支、巳年の巳は
胎児の姿を現す象形文字とも言われ
物事が一旦終結し、新たに出発する意味もあるようです

30年の想いも新たにし、
今年を生きたいと考えてます


ちょっと真面目に書いてみましたが
やっぱり、おもしろうない

オチャヅケはお茶漬けらしく
組織の代表で企業イメージを悪くするようなブログはいかがなものか
の、お叱りも受け賜りながら
日常のまんまを
気ままに書かしていただきとう存じます

今年もよろしゅうに