FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

住宅モケイのプロ技

準防火地域が増えているようですが・・・
古くからセミナーに参加されていた方が
大阪の旭区で木造3階建ての社屋を計画中です

1階はガレージですが、ユニック車など4台のトラックが入るため
階高を4M以上とる必要があり、
2階の一部に事務所スペースを確保し
3階部分を居住空間としていています

平・立面図だけではイメージが掴みにくいということで
モケイを製作することに・・・


以前、何度か設計スタッフがモケイにチャレンジしたのですが
かなりの完成度で(見てくれがよろしくない)
プロにお任せしました。

発注から2週間ほどかかったのですが
手作業とは思えないほどの精密さに「流石!!」

普通1/50程度の縮尺で製作されるとか
延べ250㎡と少し大きいこともあって
1/70にしたようです

P1040260.jpg

P1040262.jpg

P1040263.jpg
P1040259.jpg

モケイ教室もセミナーで何度か行いましが

一番単純な図面でスタッフが下準備をしても、
3時間の時間内には収まらず
宿題になるほどです。

それだけ簡単なようで難しいものです

それだけに完成した時は喜びも大きく
まして我が家の設計図とあれば
一足先に暮らし方のイメージも湧いてきます

設計施工する側としても建物と窓のバランスや
軒の出など、立体的に感覚がつかめ
重宝します。

このモケイは社屋が完成するまでは
事務所でお預かりすることにしました

要注意 汚れた手で触らんといてんか




























スポンサーサイト



らくがきのすすめ

東成区で年明け早々にリノベーションに入る
Yさんのご契約日です。

解体するんだったらいいですよね、と
奥様が話しておられたんですが・・・・・

なんとクロスにチビちゃんたちの力作が
描かれていました。

P1040244.jpg

驚くことにちゃんとストーリーが成立しています

P1040245.jpg

こちらは2歳児の感性にまかせて・・・

毎年張り替える「らくがきコーナー」もありかな

おしゃれな木工家具達

以前木族で取材させていただいた木工作家の大澤さんに
お逢いしました。

ご主人が店舗を出しておられる鍵やさんの隣で
木工家具の製作をしておられます。

P1040236.jpg

P1040227.jpg

暮らし丸ごと木工作品といってもいいほど
女性らしいアイデァと、木を活かしきったデザインが素敵です。

P1040232.jpg

子供のために造られた机は現在ご主人のパソコン台として・・・・・

P1040231.jpg

次回「木族」でもご紹介したいと思いますが
こんな引出つきの椅子が、玄関脇にあったら素敵ですよね

腰掛やブーツをはくなどの利用と
小引出しに鍵や認め印など
玄関先の対応グッズを入れておけばほんと重宝します

おすすめです


竹小舞スタートです

気になっていたお天気も和らぎ
見学会日和です。

P1040199.jpg

二階の窓から家の中央まで陽が差し込んでいます

P1040196.jpg

間渡し竹を柱に差し込み、竹小舞の基本をつくっていくのは
なんと女性の職人さんでした

P1040195.jpg

その上に幅3センチ程度の割竹(真竹)を
棕櫚縄(しゅろなわ)で編んでいきます。

一昔前は縄で編んでいたのですが、農薬の関係で縄も脆くなり
最近はほとんどが荷造り用のビニール紐で編むようですが
こだわって棕櫚縄にしています

P1040218.jpg

(シュロ縄)

P1040219.jpg

右が間渡し用の竹、左が真竹(割竹)いずれも四国から仕入れているようです

姫路の職人さんですが、仕事が減っているため
かなり広範囲の地域で施工しているようです。

見学された方は、まずは女性の職人さんに驚き
珍しい竹小舞の施工に見入っておられました

P1040212.jpg

畑では柚子が実っています

P1040211.jpg

やはり気になるのか地域の方も覗いて通ります。
参加者全員、完成を見てみたいということでした。

完成は2月末の予定ですが
竹小舞が編み上がると
荒壁を載せていきます。
できるだけ暖かい日が続きますように

皆様、ありがとうございました。




ぐっと冷え込んだ日の棟上げ

この日は朝から冷え込みが厳しく
パラパラ小雨まで降りだしました
本日から
大阪の狭山市で棟上げが始まりました。

それにしてもこの冷え込み様はなんやろか
猛暑の年は寒波が襲うとか、そりぁあんまりです

P1040178.jpg

P1040180.jpg

今週の土曜日16日は、能勢町の現場見学会をします

P1040109.jpg


竹小舞の職人さんが作業中です
少なくなった小舞職人のその技術をご覧ください。

大阪市内と比べて10度近く温度は下がるようです
参加される方は暖かくしてお出かけください。

学校元気アップ事業・小学校の木工教室

10日に地域の小学校で
木工教室が開かれるということで、覗いてみました。

学校元気アップ事業の一環として行っておられるようで
年に一度しか出来ていないということでしたが
お天気の悪い中たくさんの子供たちが
集まっていました。

淀川区のまちづくりセンターさんのご紹介で
現場で出た木端を木工用に提供させていただいたことで
一度見てくださいということになったものです。

P1040174.jpg

木端の準備が間に合わなかったようで
当日は針金とどんぐりを使ったおもちゃです

P1040175.jpg

針金をらせん状にし、やじろべぇをくるくる走らせます。
子供たちの目が輝いています。

パソコンゲームを攻略するのも楽しいでしょうが
ものを創り上げた達成感は一味違うようです。
製作指導には「一休さんの自然工作教室」のメンバーが
当たられていました。

いいね! 学校元気アップ事業

別れ際にNPOシニア自然大学校の所属でもある
一休さんのメンバーが
「どんぐりで遊ぶことで、木に山に興味を持ってもらうことが
僕たちの目的なんですよ」と・・・


ありがとうございました、
機会があれば、またご一緒出来れば嬉しいです。

智頭町から新米が届きました

10数年まえに、ひょんなことから
鳥取県の浮田さんと知り合い
案内を受け、智頭町の荒廃した山を見たことがきっかけでした

何度か山の視察に伺い
3年前にその荒廃していた山が

浮田さん達の努力で
智頭町森林セラピーの基地として生まれ変わりました。
見違えるように整備された森林は
多くの癒しを与えているようです。

P1040170.jpg


浮田さんはそのきっかけを大切に思って下さり
いつも思いがけない形で
智頭の作物が届けられます

浮田さんありがとうございます

美しく生まれ変わった智頭の森林セラピーに
逢いに行きたいと思います。

あの工事は今

1か月ほど前に紹介したリノベーションが
お引渡しを完了しました。

宮田邸 解体

宮田邸 ビフォー

解体した時は内心ドキドキでした

P1030872.jpg

屋根を瓦から鋼鈑に葺き替え、構造補強を施し

宮田邸 完成

すべて様変わりです。仕上げは予算の都合で
新建材に頼ることになりましたが・・・

FH000002.jpg

考えるほどに、木造住宅は自由度が高く
リノベーションし易い優れものです