FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

どうするべ 「びっくり価格で端材市」

6月28日(土)  「ちっちゃな木材市」 開催

ただいま倉庫の整理中ですが

スギやヒノキの端材や古くなった床板などで
いつのまにか満杯状態です

P1060173.jpg

P1060178.jpg

杉板ひとつをとっても、発注先が違えば同じ厚みでも微妙に違ったりします
かといって同じ製材所で
どっさり造り置きしておけるものでもありません
いくら乾燥材をつかっていても
日にちが経てば無垢板材は
温度・湿度によって反ったり曲がったりするからです

P1060180.jpg

めんどうでも発注を受けてから製作するというスタイルは崩せません

余程使えなくなったものは銭湯の焚き付けとして
エネルギーにかえるしかありませんが
今回の材は枚数が少なかったり、微妙に厚みがちがったりと
まだまだ使える材ばかりです

先ず一段階として
みなさまに「木材市」で国産材に触れていただきたいと考えています。

ブックエンド・まな板・イス・おもちゃ・花台 と
あなたのアイデァで板材を蘇らせてください。

びっくり価格での提供です
この機会にぜひご覧ください
おまちしています

スポンサーサイト

MAMIEさんの伝えたいこと

同じ淀川区で活動を進めているMAMIE(マミー)さんからメールが届きました。

s-P1170435_20140625174148008.jpg
(この子は文章と関係ございません)

代表者の安藤美紀さんは漫画が得意です
その漫画を通して聴覚障害者の生活と
聴覚犬の役割をつたえたい。

そのための資金を募っているそうです。

盲導犬については多くの方が認識していますが
そういえば聴覚犬については知りませんでした。

関心のある方は是非マミーさんのホームページをご覧ください

これもご縁でしょうか、最近ワンちゃんやネコちゃんの
話題によくふれます

P1180158_20140625174338f6d.jpg


7月5日(土)には
ペットと人が共存する住まいづくり」というセミナーを
講師先生を招いて行います

余談ですが、
お茶漬けさんの小・中学生のニックネームは
はからずも「ニャンコちゃん」やった

マンションにヒノキの香り

吹田のマンションリフォームが完了しました。

築10年のマンションを購入され
水回りと床を、ヒノキ・スギに張り替える工事が完了しました。

P1060164.jpg

大好きなヒノキをリビング・キッチンに張り
テレビとアップライトピアノが収まる棚を造りました

P1060167.jpg

当初計画になかったキッチンも入れ替えて・・・

P1060170.jpg

タタミは熊本の省農薬タタミです
マンションの襖やタタミは使い捨てのものが多いのですが
幸いなことに襖は張り替えが出来ました。

P1060171.jpg

便器を取り換えました

P1060172.jpg

ユニットバスはお嬢さんの選択です
浴槽はきれいなピンクで、壁にはパール調のピンクの花が咲いています
何とも少女らしく、お花の香りが漂ってきそう
一人でお湯につかるにはちょっと贅沢な広さです
「お湯がもったいないかな」と奥様

P1060166.jpg

キッチンとリビングの取り合いに
新聞や雑誌を立てるラックコーナーを設けました。

玄関横・北側の2部屋は、調湿に優れたスギの床板を張っています
ドアを開ければヒノキの香りが一杯にあふれ
お仕事で疲れた体を癒してくれそうです

心なしかジメジメ感もなく、さわやかでした

P1060102_2014062309525292c.jpg

9月13日(土)にマンション特集で
「マンションを木の住まいに変えるリフォーム・リノベーション」
というセミナーを開きます。

今までの経験とノウハウをお伝えいたします。

昼寝の大工さん

昼休みを狙って現場に出かけたのですが
お弁当を食べ終えたか、大工さんはお昼寝中でした。

P1060142.jpg
(フォーカスしました。写真の買い手はなさそうですが・・・)

氷の上の白熊くんと黒クマくんさながらに・・・・・・
さすがにイビキは遠慮した模様

P1060147.jpg

3階居室部分の入り口とクローゼットに
今回初めて
イマガワ(岡山市)さんの建具(スギ)を採用したようです。

P1060148.jpg
(クローゼット)

P1060152.jpg
(キッチン)

P1060158.jpg
(トイレ)
水回り設備も設置し、本日午後2時、完了検査です。
もうそろそろクマさんも目覚める頃です
一足先に現場を出ましたが、検査は無事終了したとか
やれやれ

10年後のスギのデッキ

先日リフォーム相談を受けたお宅で
10年経過したスギのデッキを拝見しました

P1060132.jpg

雨ざらしのこともあって、随分褪色が進んでいます

P1060130.jpg

見て分かるように、表面の板の部分はかなり傷んでいますが
それを支えている土台や束の腐食はありません。
太陽の紫外線をもろに受けることで、
床板の傷みが目立ちます。

この場合傷んだ床板(15枚)のみ差し換えて、
浸透性のある木材の保護塗料を塗るもよし、
スギに変えてヒノキ板を張るもよし

木のデッキはすぐに変色する、と敬遠される向きもあるのですが
10年前後で張り替えることを、
家族のイベントにするのはいかがですか

土台から組むのは難しいですが、
床板を並べて打ち付ける作業は、それほど難しいことでもありません
みすぼらしく感じるものを価値あるものに変えるのは
あなたの心意気ひとつ

P1060134.jpg

植栽のオリーブの木が立派に育っています
自然に生えたという松の木が随分オリーブと競っています

思い切って松の木を刈れば、
随分スッキリ爽やかになると思うのですが・・・

次回の訪問時に、提案してみようかな

買うことに決めました

6月初めに奈良の中古住宅のチェックに伺ったS様から
「買うことにしました」という電話が入りました。

有機農法によるこだわりの珈琲豆を焙煎し、卸し販売するお商売をされており
母屋と離れのあるこの家がお仕事にもピッタリ当てはまるようです。

P1060031_201406160916022f7.jpg
(冠木門のある家)

P1060037.jpg

焙煎室と商品ストック室として充分な広さです

P1060048_20140616092516029.jpg

システムキッチンはそのまま使える程美しい

P1060063.jpg

玄関の吹き抜けは2階から見下ろせます

P1060058.jpg

2階は極々当たり前の仕様で、広くて卓球ができる程です

P1060072.jpg

リフォームとしては離れを焙煎室として機能的にまとめることと
母屋の浴室・洗面・トイレを使いやすくリニューアルすること
ただご家族が寒がりのようで、
せめて窓はペアガラスにする必要がありそうです
できればソーラーも設置したいとのこと

P1060068.jpg

何年か後には、出書院のある続き間を活かして
喫茶コーナーができればと
夢は無限大に広がります

後は予算しだいですが、
何を優先して決定するか、一緒に考えていただくことになりました
段階を踏んで
夢の実現に参加させていただけるようで
ますます次の展開が楽しみです

ライオンと戦うべし

7月19日(土)に行われる講演会
Forward to 1985
「半分のエネルギーでかしこく楽しく暮らす知恵」の会場打ち合わせで

天満橋の「ドーンセンター」へ出向きました。

昨年もゆすはらの前町長・中越さんのご講演をいただくなど
何度かこのロビーは利用しているので
打ち合わせは30分で終了。
それにしてもこのセンターにしてはスタッフ数が多いなぁと
感じたのですが・・・・・・
女性問題の解決や、男女共同参画社会を目指すさまざまな活動に対して
各種データや資料など収集し、提供されているようです。

P1060119.jpg

ロビーできれいなリボンのタワーを見つけました。
パープルリボン
「女性に対する暴力をなくす運動」です
10人に一人の割合で、既婚女性が夫から暴力を受けていると
訴えていました。
パープルリボンのことは知ってはいましたが
そんなに多くの女性が夫のDVに苦しめられているとは・・・・・・

P1060118.jpg

早速、私たちもリボンを結びました
弱者に暴力を振るうしか憂さを晴らす方法がないとは
ナント情けないオノコよ

そういえばヒステリーは女の専売特許と思いきや
近年、ヒステリックな男子に時々お目にかかります
とにかく

憂さを晴らしたければライオンと戦うべし!
しっかり相手してくれるよ

もっとも
ライオンみたいな女子がいるかもしれませんが・・・


くやしいです! 親切が仇

25年来の協会会員さんから、メールが届きました。

2年前にパソコン教室で知り合った友人が
引越しを考えているというので、
UR賃貸の冊子を取りに行ってあげたようです。

もらった友人は喜んでいたらしいのですが
親が「そんな親切はおかしい、下心があるに違いない」
と言ったようです、いきなり携帯は音信不通になり

一緒に公社社宅を見に行ったその友人の友達まで
音信不通になったようです。
この町は親切にすると犯罪者と間違われるのでしょうか

P1060102.jpg


といった内容でした。
最近不可解な事件が多発している関係で
親切に近寄ってくる人にはまず疑え、という風潮があるのでしょう

それにしても、その程度の親の発言で、殻を閉じてしまう友人は
友人でもなんでもない、ということは確かと思うのですが・・・・・

生真面目な彼はとてもショックを受けた模様です

あんまり気にしないことです
そのうちあなたの親切心がわかる
真の友がきっと現れる筈です

















ほうじ茶白玉パフェを食す

我慢に我慢を重ねていた極甘デザート

健康診断も終わったことで

ついに誘惑に負けました

「当店おすすめ」…ほうじ茶白玉パフェ

P1060093.jpg

アイスクリームにあんこまでしっかりと堪能し

午後3時をもって本日のカロリー摂取は打ち止め予定。

あくまでも予定の予定

ふわぁ~

建て増しをしたい

10年前に建築士事務所民家で新築された神戸のAさんから
増築したいというご相談を受けました

1406091.jpg

子供さんが植えたという木が育ち、建物に表情を創っていました
ガレージの奥のスペースに
4畳半程度の書斎が欲しいということです

準防火地域でもあり、確認申請が必要です

14060902.jpg

建てる時お腹にいたベビーが成長し、
書いたと思われる数々の作品が、コルク壁に張られています

P1060083.jpg

玄関脇には竹馬が・・・
モルタルに埋められたビー玉は今も健在のようです

P1060092.jpg

スギのデッキは褪色が進み、
何らかのメンテが必要です。

お住まいもご家族と一緒に変化しているようです。

どれが生徒か先生か

めだかの学校ではありません

毎年、「ふくの会」と名付けた小学校の同窓会が
6月の第2日曜日に開かれます
もうそろそろ皆さんの顔も拝見しておかねばと
会場の「不死王閣」へ

大阪の奥座敷として隆盛をほこっていた不死王閣も
齢を重ねているようで

P1060079.jpg

年々生徒と先生の年齢差がなくなってるような気がします
写真はあえて写しませんでした、
映像は、もう思い出の中に封じ込めた方がよさそうで・・・

4クラスあったのですが、なんと1クラス63名もいたようです
名簿のところどころに「物故」という文字が
「ブッコ」とは、逝去という意味だそうです
それにしても「物故」ってもの扱いされてるようで
違和感があります。

残念ながら亡くなった方に優等生が多いんです
はからずも
〇〇は長生きするという話が立証されたようで
人間
適度に抜けている方がいいのかもしれませんね

小学生に戻り、ちゃんづけで呼びあい
もう跡地もなくなった小学校の校歌を大合唱し、
今年の同窓会は
誰一人なんの発作もおきることなく
無事終了しました

誰もが来年のあることを信じて、再会を約したのであります
めでたしめでたし






逆転まんじゅう

東京土産は「東京バナナ」と思っていたのですが

最近流行だという東京土産を戴きました

P1060077.jpg

「青島製作所」だそうです
逆転につぐ、逆転饅頭だそうです。
なんでも日曜日のテレビドラマからの発想らしいです

P1060078.jpg

気になるお味は?
残念ながら、逆転には至らんようで・・・・・

次は、倍返し饅頭を持ってきてくださるとか・・・・・
おんなじ味やったら暴れてやるぞ

いやいや 
買ってくださった方には
心からありがとう! です

奈良の中古住宅チェック

日曜日、以前から中古住宅を探しておられるSさんから、
奈良の方で見て欲しい家があるということで
スタッフと一緒に伺いました。

ふかき(不動産)さんの紹介によるものです
訪ねてビックリ、立派な門構え

P1060031.jpg

冠木門の屋根は銅板葺です。
母屋はいぶし瓦の一文字葺き、軒先、樋共に銅板と
かなりこだわりを持った建物です

P1060066.jpg

残念なことはただ一つ軒裏がプリント合板であったこと
表面のプリントがハゲています
塗装も載らず、差し換えるには費用が嵩みます。

P1060034.jpg

購入することになればとりあえず、玄関庇の一枚抜け落ちた合板を
はめることでしょうか

P1060035_20140602181308bff.jpg

中を覗けば立派な梁と土壁が顔をのぞかせています

P1060041.jpg
(横向きです)
階段も、廊下も和室周りも1階は全てヒノキでした

P1060042.jpg
(頭を傾げてご覧ください)
広縁はヒノキの無節
P1060069.jpg

和室の天井板にもこだわりが見られます

感心したのは、1階はかなり高価な仕上げがされていますが、
2階は仕上げの材質をぐんと抑えて、価格バランスをとった家でした。

P1060073_20140604094456369.jpg

お庭がまた素敵です、生駒石がうまく配置されています

返す返すも残念は軒裏にプリント合板を使ったことです
築28年、強度的にはしっかりした建物でした
あとは学校や地域環境など視野に入れ
ご決断を待つことに

ここんところ休日の打ち合わせが続き
少しオーバーワークぎみデス
しかし、痩せん