FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

お清め儀式  for リノベーション

9月1日から始まる猪名川町のリノベーションのお宅で
本日、着工前のお清めの儀式を執り行うということで
設計のHさんと出かけたんですが・・・・・・・

空港線閉鎖、御堂筋線大渋滞で
行くとこ行くとこ大渋滞で
ナビはまっかっかの点滅状態です
30分も遅れて到着したのですが・・・・・

P1060601.jpg

お施主さんのご配慮で、お待ちいただきました。
祭事を執り行われるのは、多田神社の宮司さん
築20年、ご両親が建てられたお住まいです

地鎮祭と同じような手順で、屋敷の気になる箇所を隅々まで
ほんとうに丁寧な「お清め」を行っていただきました。

清々しい空気が流れたようです

P1060602.jpg

ツユクサに似た可憐な花が一輪、微笑みかけているようです

西南の角に位置するため、陽当りが良すぎて
夏は厳しい暑さで、冬は耐えがたい寒さのようです
今回は
断熱と耐震を主眼にし、3か月をかけてのリノベーションです

温・湿度計をセットし、ビフォー・アフターを計測します。
画期的な温度変化を期待しての取り組みですが
どう変わるか今からドキドキしています


スポンサーサイト



上から目線でごめん

泉大津の現場は大工さん、電気屋さん、板金屋さんが入り
工事の進捗状況は順調のようです

P1060600.jpg

本日もこの日照り、綿あめのような積乱雲です


P1060594.jpg

大きなサッシの収まりに、
監督と大工さんが知恵を絞っていました

P1060598.jpg

ゆるい勾配天井が美しい

<
P1060592.jpg

屋根は
ガルバリュウム鋼鈑の竪ハゼ葺きです
ゆるい勾配屋根にはベストです

P1060588.jpg

あっ、ゴメン・・・・・・上から撮ってしまった!

スギのマガジンラック作ったよ

長い夏休みもあと1週間です

宿題の工作出来てへん、というチビッ子もいて
「木工教室」は賑わいました

P1060575.jpg

トントンとカナヅチの音が地域に響き、
近隣の人も興味深げに見に来る人もいて

P1060576.jpg

2児の子供のパパでもあるスタッフのKさん
子供の扱いはお手のもの

それぞれが完成したマガジンラックに
国産材の証の焼印を押してもらって満足そう

P1060578.jpg

P1060579.jpg

何のことはない「NPO国産材住宅推進協会」の
PRの焼印だったのですが・・・・・

今日参加できなかったというお兄ちゃんに
「絶対、僕も欲しい」と言うから、と
ラックセットを購入する方もいて

なかなかの好評で
スタッフの笑顔も満足そう
三方よしのイベントでした

今井町で古民家さがし Ⅱ

今井町は戦国時代に一向宗本願寺の
今井兵部卿豊寿によって寺内町が建設されたそうです。

P1060527.jpg

まちなみ保全の関係で、外観のデザインは統制されています
そのための補助制度もあるようです。
賃貸や建物付きで購入し、喫茶店や小物販売など
造り酒屋や、お醤油などの老舗に交じって様々なお店が出ています

P1060529.jpg

P1060535.jpg

電柱の土中埋設も進められています

P1060542.jpg

教科書にも載っているという今西家です

P1060544.jpg

賃貸だという家にも、地域への気遣いがされており
玄関口の吊りしのぶが涼しげです

長屋を買い取って改装をするにも
まちなみを変えるのはダメで、外観は忠実に
1軒はいらないからといって
減築などは出来ません。

P1060539.jpg
(魅力的な風合いの蔵)

ほおっておけば朽ち果てる運命にある古民家です
見ている分には楽しいですが
守るという義務と責任は、
精神的にも資金的にもかなりプレッシャーですが
価格的には安価に感じました

若い人を誘致したい気持ちも痛いほど分かります
とにかく古民家好きの若い方
一見の価値ありですぞ.



















今井町で古民家さがし

古民家を求めている方からの依頼で
橿原市今井町の
NPO今井まちなみ再生ネットワークさんの
ご案内を受け、
売りに出されている古民家を見に行きました。

P1060545.jpg

待ち合わせは「今井まちなみ交流センター華甍(はないらか)」
(明治36年建築 ・ 旧高市郡教育博物館)
時間があったので、展示物を拝見しました

P1060518.jpg

重厚感あふれる舞良戸

P1060519.jpg

涼しげな土間の雰囲気

P1060522.jpg

見事な松梁と飽きさせない骨組みの美しさ

P1060520.jpg

種を明かせば音村家(17世紀後半に母屋を建築)のモケイでした
それにしてもこのリアル感は見事です

P1060514.jpg

P1060517.jpg

この館を出るころには
すっかり今井町を知り尽くした気分に・・・・・・

早まるな、それほど底は浅くないぞ

つづく

アッチッチ 棟上げ

スポーツドリンクや水を買い込み
泉大津の現場へ
本日も大快晴

P1060498.jpg

上にいた大工さんが作業開始より1時間ほどで
体調がおかしくなったようで、横になり体を冷やしてやっと落ち着いたようです
熱中症には、かなり注意をはらって給水をとっていたようですが
飲みすぎてもミネラルが不足するようです。

塩あめ程度では効かんようで

P1060508.jpg

飲む点滴として「OS-1」が飲まれているということで、早速、監督が薬局まで・・・・・
大工さんに飲ませたようです。
ただし、心臓や高血圧、腎臓病の方は飲み過ぎに要注意だとか
かなりの塩分濃度だそうです

P1060501.jpg

とくに高齢者はもともと体の水分が少ないようで
こまめに水分補給が必要だそうです

P1060505.jpg

ということで、ほとんど日陰で作業を見守ったのであります。

P1060512.jpg

午後3時半、そろそろ帰ろか、と外に出れば・・・・・
まだ、灼熱状態

棟は上がりましたが
明日の野地板(屋根下地)張りが終わるまで気が抜けません。

明日は日が陰ってから見に行くことにしょ

カンカン照りの土台敷き

停滞前線がもたらした各地の局地的豪雨は
土砂災害や床上浸水など、莫大な被害をもたらしました。
皆さんはいかがでしたでしょうか。

お茶漬けさんは人並みにお墓参りも済ませ
ゆっくりした休暇をすごしました。

開けて、このカンカン照りです
蒸し暑さも倍返し

P1060489.jpg

角地で陽当りが良いという願ってもない敷地ですが
午後4時に漸くわずかな日陰ができるようで
思いっきり「現場やけ」が出来る条件は揃っています

P1060479.jpg

「空だけ見てたら沖縄かと思うわ」
という青空に入道雲が・・・
第2陣の材木が届いたようです

明日、明後日と棟上げも佳境に入り、野地(屋根下地)仕舞まで行います
この日はいつも棟上げの応援に来てくれる
大工棟梁のAさん、Kさん、Tさん達の顔が揃います
それぞれに
ゴルフ焼けと微妙に違う現場焼けですが
働く男の勲章です

差し入れに塩アメでも持っていくか










棟上げの邪魔せんといてね

泉大津の現場で
7月後半に始まった基礎工事が
週明けには仮枠を外すということで
台風通過の前日に見に行きました。

P1060464_20140808150438584.jpg

P1060473.jpg

炎天下の中、水道やさんが一人で作業をしていました

P1060472.jpg

排水管の仕込み中
もちろんここに至るまでには

RIMG0057.jpg

地盤補強を行っています

RIMG0066.jpg

円筒状にスクリューで穴を掘り、土にモルタルを混入しながら土中に戻す

RIMG0072_2014080909515264a.jpg

しっかりした支持地盤まで届くようにコンクリート杭を埋めています

RIMG0015.jpg

基礎工事は、コンクリートの強度が適正か、必ずテストピースをとります

8月18日から棟上げ゛がスタートします
台風11号が去ってほっとしたところですが
それにしてもこの暑さ、
動物園の白くま並みに、氷柱が必要かも

どうか台風さんも竜巻はんも
いましばらく気を静めてお待ちを願います






嘆きの木製デッキ

これやから木製のデッキはいやや
と思っているあなたへ

10年経ったヒノキのデッキです

CIMG3098.jpg

なんやみすぼらしゅうなったなぁ。

P7290170.jpg

やっぱり擬木かアルミサッシにしとったら良かった
なんて思てるでしょ?

P7290185.jpg

どうしても雨と紫外線で床板は退色しやすいのですが
土台や束はごらんのとおり太陽や雨に当たらない分、しっかりしたはります

P7290217.jpg

そこで床板だけ外して、ヒノキ板を打ち付けただけで

P7290221.jpg

ご覧のとおり瞬く間に蘇ったのであります
擬木はしょせん擬木ですし、アルミはやけどします。

DSCN0916.jpg

あとはきっちり浸透性のある木材の保護塗料を塗ってください
この程度であれば、土、日を利用すれば楽勝です
ご夫婦でするもよし、親子でするもよし

これならヒノキと塗料だけで出費もらくらく
あと、10年はいけまっせ
ただし、もうちょっとこまめに保護剤を塗ってね
木にも日焼け止めクリームは必要

P7290167.jpg

ついでに、門松を子供が挿し木したらここまで大きなったという松ですが
オリーブの木をいじめてるようで
おまけにこの家には似合わんわ
ということで

P7290187.jpg

途中でバッサリ

P7290200.jpg

それなりにスッキリしました
めでたし めでたし
10年後は、腕をあげて土台からチャレンジあそばせ


なんじゃかんじゃと多忙です

「ぜんぜん更新してませんやん」
との声をうけて、久々の登場です。

まだ元気のあるうちに、傷んでいる所は直しておきたい
というご依頼で
20年前に新築された神戸のOB様宅へ点検に伺いました。

神戸の震災の1か月前にお引渡しをしたお住まいです。

P1060455.jpg

20年間ほとんど手を入れていないということですが
外壁のパワーボードは「さすが!」と思える程しっかりしていましたが
20年にして、そろそろ塗装のやり替えをした方がよさそうです

P1060458.jpg

外の軒裏もこの際、保護剤を塗った方がいいようで
お庭の管理はしっかりしておられるようで、いつ伺っても美しい

P1060462.jpg

床板は楢無垢フローリングを貼っています

P1060463.jpg

玄関わきの14帖の洋室は
ご主人が音楽好きで、この部屋はオーディオルームとして
また、応接室や寛ぎの場として活用されているようです。

末口300mmのスギの丸太がドーンと架かり
圧倒的な存在感を誇っていました

P1060460.jpg

南のリビングにはゴーヤが青々と省エネ効果を発揮してました

P1060452.jpg

今回、ヒノキ風呂の補修と浴室の壁板は張り替えたいということでしたが
手入れがいいのか思った程には傷みも少なく・・・・・

お引渡しより2,3度はお会いしていますが
お逢いすれば、いろんなことが思い出され
ついつい会話が弾みます。

「ちょっと太り過ぎやから、おみやげにいいものあげるね」
と嬉しい申し出に
体脂肪を減らすというお茶を頂戴しました

次回は成果をお見せできそうですが、はてさて。

Mご夫妻さま
久しぶりの再会楽しかったです、ありがとうございました、