FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

花丸90点の見学会

尼崎で構造見学会です

ゆすはらツアーで「伐採祈願祭」をされたお施主さんです。
今回の構造見学会は
骨組みについてもう少し詳しく伝えたい
という思いもあり、

P1070960_20150328161503edd.jpg

設計を担当した細江さんに説明をしてもらいました。

DSCF4071.jpg

本日細江さんは、娘さん(中Ⅰ)を同行しての見学会参戦です。

P1070967_201503281618290d9.jpg

両親の仕事を子供に見せるのは素晴らしいことです

参加された方から多くのご質問をいただき
和やかな中にも、中身の濃い見学会となりました。

完成した家の見学会と思い、初めて参加された若い女性も
最初は戸惑っておられましたが
帰るころには、完成したところがまた見たい、と
言っておられたようです。

ところで、お母さんの説明は何点だった?
と中1の娘さんに訊ねました

小さな声で「90点」 

子供は有難いものです
どの子もお母さんの味方です
みんなの前で説明するお母さんは、恰好よかったね

甘いのは親ばかりでもなさそう
子供大事にしろよ

スポンサーサイト



中之島の漁港

小耳に挟んだ情報に食指が動き
行ってみました。

西警察の近辺に、
生け簀の魚を販売するお店ができたとか

場所も調べずに行ったのですが

P1070987.jpg

間違いない! 

P1070986.jpg

大漁旗もはためき

P1070985.jpg

この長蛇に早くも戦意喪失です
クッ わが食欲もこの程度か
落ちたものよのぉ

あんさん一時間前に朝飯とったはりましたで

それでも1個300円のサザエさんは
連れて帰ったのであります。
恐るべしは食い意地




「紺屋の白袴」も見るに見かねて

ガレージの床があまりにも汚れていて
塗装屋さんに化粧直しをお願いしました

P1070988.jpg

P1070990.jpg

ハゲハゲの床が見違えるように・・・

汚れたら水洗いしたらいいのかな?
に、また塗ったらよろしいやん

シワにならんだけマシかな

ぽかぽか陽気の上棟式

最近の風雨がウソのようにぽかぽか陽気です
JR尼崎の近くで、上棟式が行われました。

P1070927.jpg

前面道路が4m一杯いっぱいで、
5トンのレッカーが入れば、自転車一台通るのもやっとです。
ベテランのレッカーやさんならでは見事な技で
吊上げていきます。

P1070945.jpg

大工さんは高下組です。
棟上げには、高下組の一番、二番、三番弟子がいつも応援に来てくれます。
「燃えしろ」をとるため、表しの構造材はかなり骨太になっています

P1070941.jpg

去年の10月の梼原の産地ツアーで
「伐採祈願祭」をされたS様の棟上げです
祈願祭伐採した樹が使われています。

P1070955.jpg

工事の無事と感謝の意を込めて、お神酒が柱の四隅に撒かれました。

P1070952.jpg

最近上棟式は、昼食をお施主さんと共にするようにしていたのですが
午後からの作業もあり、単に昼食をとるといった流れになり
肝心の職人さんとお施主さんのコミュニケーションも出来ないまま
終わってしまうケースが多かったようです。

今回は、作業を終えて5時からのスタートです
暖かかったこともあって、お施主さんとの会話も弾み
良いお式になりました。
やっぱりお式は夕方に限る!

S様、ありがとうございました。
手づくりのキビナゴ、サラダ、お赤飯、
そうそう 枝豆に春巻き、おいなりさんにお寿司
すべて胃袋に収めて帰らせていただきました。

工事は始まったばかりです
皆さん事故のありませんように
気を引き締めていきましょ

すっかり地域に溶け込んで

7日に薪ストーブの体感見学会を
1年前にお引渡しをしたお宅で開かせていただきました。

P1070926.jpg

家の内部を殆ど仕切らず、開放的な住まいです
どんな風に暮らしておられるのか、興味がありました。

P1070915.jpg

玄関先に「のれん」が・・・
ちょうど3月1日~4月5日まで開催されている
花折街道2015「桃の節句雛のつどい」に
このお宅も参加されているようです。
縁側カフェとしても提供されているとか
そんな風にこの家を見ていただけるのも嬉しいことです。

P1070914.jpg

土間三和土の玄関では
お内裏様が出迎えてくれました

P1070911.jpg

お母様が書道家だったという奥様の趣のある作品が
小さな額に飾られていました。

P1070921.jpg

雨風のきつい日でしたが、
室内は穏やかで暖かい空気に包まれています。

P1070917.jpg

子供さんが小さいので柵がほどこされています
ストーブの土間は、三和土仕上げです。
西宮ストーブさんがストーブの説明を担当され
多くの質問が行きかいました。

お施主さんによれば、ベビーがいることもあって、他の暖房に頼らず
一日中、薪を燃やす状態で、1か月の燃料費は3万円ということでした。

昨年の夏のクーラーの稼働日数は、
来客の多かった2回だけだったそうです。

P1070920.jpg

通りを見通せるキッチン前のコーナー窓は
能勢電が時折走り、
季節の移り変わりを感じる里山が見渡せる場所でもあります。

P1070925.jpg

参加されたOさんが、ヘルマンハープを持参され
演奏してくれました。
指先でピンピンはねるだけですが
その音色は素敵に響いていました。

P1070924_201503090943559cf.jpg

薪ストーブのそばまで敷き詰められたスギ板ですが
隙間もなくピッタリと収まっていたことに
感動しました。(自画自賛です)

配筋検査です

尼崎の現場で配筋検査がありました。

現場には基礎工事屋さんに水道工事、
現場監督、設計担当者と集まっています

P1070903_20150307163218c4a.jpg


ほとんど隣地との間にゆとりが取れない為
外部配管になっている水道工事を
基礎の埋め戻し前に施工しないと
「権べさんの種まき状態」で
埋め戻したシリから、掘っていくことになる
と水道屋さんが工程表に苦言を呈していました。
ナルホド、なるほど

ソシタラ、後で埋め戻したらよろしおます

それぞれの責務で、それぞれが譲らんかったら
どこやらの家具屋さんとオンナジになりまっせ
検査は当たり前に通過したようです

ついでに解体が終わったばかりの武庫之荘の現場へ

P1070907_201503071111391f0.jpg

P1070910.jpg

こちらは地盤調査の結果
地盤がしっかりしていて補強の必要が無いとの事

周りは田圃や畑の多いこの地域で
地盤強度があることは稀で、ラッキーとしか言えません。

ここは3月末の棟上げを予定していますが、
いずれも近隣への気配りに万全をお願いします。





それぞれの雛祭り

お茶漬けさんのお雛様を紹介しましょう

心臓を患い69才で亡くなった母はその7年前に夫を亡くし
一人暮らしをしていました。

PTAやの町内会だの、人の嫌がる作業を率先して行い
いつも賑やかで、あれだけ世話好きだった母が
外に出ることも少なくなり、
時々心配で訪ねると

洋裁の端切れや毛糸で、人形をつくっていました
無愛想な息子や落ち着きのない娘に
愚痴をいう訳でもなく、もくもくと手作業をすすめ
塗ることもなくなった紅を人形の頬にさし、完成です

行くたびに確実に一つずつ増えています

「やっちゃん、あんたにあげるから選び」

P1070890.jpg

あんまり可愛くないなぁ、とも言えず
3人もらいました
それにしても、見れば見る程お母ちゃんそっくり
子供のことしか考えていないような母でしたが
教育熱心で律儀で、いささかうるさく思ったことも
あったのですが

「私が今まで教えたこと、忘れたらあかんで」と
どうやら人形に託された気がします

ちょっと薄汚れた頬に紅をさし
今夜は、このぷにょぷにょの三人官女と
ワインでも飲みましょうか