FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

長屋のリノベは順調です

午前中のお天気は何処へ
午後からは激しい雨です。

築80年の長屋のリノベーションは
順調に進んでいます。

P1100417.jpg
(bfore)

リフォーム前は
車いすにコープさんの宅配BOXに下駄箱と
足の踏み場もない状態でした。

P1100418.jpg
(bfore)

1階の床高まで30cmほどあり
踏板を何枚も置かれていました

P1110722.jpg

当初、それほどの広さを望まれなかった玄関ですが
現状から見ても広さが必要とお勧めしたものです

P1110721.jpg

リビングも広くとりたいところですが

P1110723.jpg

加齢とともに、玄関や洗面室などの
スペース確保が必要です。
小休止をとる椅子を置くもよし

P1110708.jpg

2階の造作も進んでいました。
屋根の野地板面に
吹付け断熱アイシネンが
隙間なく施工されていました。
とくに断熱リフォーム材としておすすめです

完成は7月25日前後です。



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
スポンサーサイト



ああ、嬉し!

大雨が降らなきゃいいが

と、出かけた先は淡路島の洲本市です

P1110588.jpg

神戸に在住する女性(63歳)から

父親が住んでいた平屋を耐震改修し

お母さん(88歳)と一緒に、暮らしたい。


兎に角、今日、明日で、一度見に来てほしい

と、切羽詰まったご様子です。

P1110694_20160628170338144.jpg

洲本の家で2日ほど泊まっただけで
体調が悪くなり、旅館に泊まっている
ということでした。

3年間その家は空き家状態でした

数年前、防蟻処理をしており
床下の湿気とカビ臭がしています

どこに頼んでよいかが分からず
コープ自然派さんに掲載されていた
国産材住宅推進協会に依頼されたようです

足が悪いため
神戸からタクシーで、片道17000円かけて
来たということです。

何とかお二人で暮らせるように
してあげたいものです。

P1110696.jpg

玄関ドアも下がって
閉まらなくなり・・・・・困っおられたのですが

建築士事務所民家の施工部Kさんが
工具で蝶番を締め直し
元通り閉まるように

ああ、嬉し

初めてほっとした笑顔がこぼれました。

わがスタッフながら
ちょっとした行為ですが、
なんともカッコよく、頼もしく感じました

大阪から1時間30分

P1110693_20160628170414dc4.jpg

イネはしっかり根付いて・・・


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ






















モケイでより鮮明に

プランの最終打ち合わせに同行しました。
土曜日の京都行は交通渋滞に巻き込まれそうで
おまけに雨となると、事故渋滞も懸念されます。

ところが雨予報の加減か比較的車の量が少なく
思いのほかスムーズに到着です。

P1110579.jpg

雨に濡れて桔梗の薄紫がやさしい

P1110578_201606251401048e1.jpg

リビング・吹抜け・ロフトなどの感覚を
よりリアリティに掴んでいただくため
製作したというモケイを使っての説明です。
このへんが設計住楽さんの女性ならではの
きめの細やかさです。

小さなモケイを前に「僕の部屋はどこ・・」
ご家族の会話と笑顔がはじけます。

設計契約の締結後、
次はお見積りを提示し、
価格調整をし、ご契約という流れです。

P1110587.jpg

無事打ち合わせを終え、
前回行きそびれた「鶴喜そば」へ
享保元年から280年続くという老舗です

P1110584.jpg

P1110585.jpg

永続することは何に依らず難しいことですが
お客さんは引きも切らず繁盛したはります。

P1110586.jpg

住楽さん、評価されてよかったですね
あと一頑張りです
今から完成が待ち遠しいね



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ


木か皮か、どっち

3年前に機関誌「木族」の取材先で
木工作家の応援もしたくて
奮発した木(タモ)の名刺入れ
なんですが・・・

P1110574.jpg

厚さ1cmで、20枚程度しか入らなくて・・・

P1110575_20160624101354d04.jpg

なめし皮の名刺入れを買いました

P1110576_20160624101355d4b.jpg

大きさはほぼ同じですが
やっぱり皮は融通性があって使いやすい。
けど
手放しがたいタモの名刺入れ
やれやれ

衝動買いはええ加減やめましょ


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

付録のあさがお

種も撒く時期があるはず・・・

2、3か月前に
プランターが空いてたので
どこぞの付録に付いてた「あさがおの種」を
パラパラパラと胡麻をふるように
撒きました。

P1110567.jpg

そらあかんわ
と言われていたのですが
今朝、イビツな形の双葉を発見
朝顔か、はたまた山芋(そんな訳はない)

どっちであってもなんか嬉しい

P1110566.jpg

我が家のベランダ園は
ギボウシの寄せ植えと

P1110568.jpg

勝手に生えてる水引草?  かな

とにかく水やりだけは・・・・
この子らは歩かれへんねやから



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ






古井戸のある家

古民家の耐震リフォームの調査に伺った先で
1階にある台所が、座敷から25センチ下がっており

その理由を訊ねると・・・

元々そこは土間であったこと
台所の下には井戸があり
その上に座を組んで、下地の上にCFシートを張っている
と教えてもらいました。

P1110548.jpg

もう使わなくなった古い井戸に関しては、
お祓いをして、底ざらえをしきれいにした上で
真砂土を入れ、気が抜けるようパイプを立てておく
ことが良しとされています。

余程注意をして取り扱わないと
職人さんが一番忌み嫌い
井戸と聞いただけで
血相を変える人もいる程です。
迷信に過ぎないと
言ってしまえばそれまでですが

長い経験からすれば
気になるものは
出来るだけ大切に扱うほうがよさそうです

現在
大雨注意報がウソのように晴れていますが
半端ない蒸し暑さに

事務所はクーラー初始動です

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ
















まっちゃ町界隈で

人形の卸し問屋で有名な松屋町筋に面すると場所と
通りを一本入ったところに3階建てを所有し
いずれかに、ご夫婦の住む場所をとお考えです。
提案として
松屋町筋に面した所は
お金を生む事業目的の建物を建て

既存の重量鉄骨の3階建て(2、3階は息子さん家族が使用)
の1階部分を

P1110508.jpg
(現在はガレージと納戸フリースペース)

親夫婦が生活できるように
お風呂・洗面・トイレ・キッチンの水回りを
新設されたほうが良いのでは、とお勧めしました

P1110514.jpg
(納戸として使われています)

P1110515.jpg

建物は重量鉄骨ですが
これからの人生をを自然素材に囲まれた中でと
願っておられるようでした。




※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

身の丈知らず

眠れずに何気につけたテレビショッピング

車用のサンバイザーに

紫外線カット、
トンネルからの眩しさも軽減

そや
今の車に付いてる日除けは
座高が低いため、太陽光がまぶしいし
これやったら・・・・・・・と

即、反応

P1110535.jpg

取り付けはしてみたが
やっぱり座高が足らん
いまいましい
最初から座ぶとん狙うべきやった


反省
夜中にテレビショップはご法度



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

7m掃出し窓の雨戸の行方

降り出した雨の中
河内長野の最終プラン打ち合わせに同行しました

P1110529_2016061709582390b.jpg

今回はプランの微調整と
内装の仕上げなど仕様内容についての確認です
合わせて
既存家具などをどこに置くかなど寸法の確認も行います。

お舅さんが愛用していたライティングビューローと

P1110526_20160617095738ebc.jpg
(1年間締め切った部屋で保管のため、キクイムシの痕跡あり)

P1110528.jpg

飾り棚を使いたいということでした。

P1110532.jpg

表に面して三間半(7m)の掃出し窓があるのですが
7枚の木製雨戸が重く、
全部の雨戸を1か所の戸袋に収めるのは困難で
台風の時しか雨戸は閉めません

雨戸をアルミに変え、戸袋だけ木で造ることにしたのですが
確認してビックリ

P1110524.jpg

室内側の戸袋部分には壁が無く
雨戸がそのままの剥き出し状態で
確かに雨戸を納めやすい工夫はされているのですが

すきま風は入り放題・・・・・
虫の侵入は・・・・・
寒さが厳しいのも頷けます

工事着工までの片づけが大変ですが
今からぼちぼち始めていただくことを約束して
次回はお見積りの提示です。
たっぷり2時間半
雨はすっかりあがってました


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ







買った家は二世帯用でした

セミナーに参加された若いご夫婦(幼児2人)から

中古住宅(築22年)を買ったけど
リフォームするに何をどうしたら分からないので
相談に乗って欲しいということでした

P1110489.jpg

前の方が大切に使われていたようで
お庭の手入れも行き届いていました

DSCN2305.jpg

ただ、二世帯だったらしく
キッチンもお風呂も、もちろんトイレも
2カ所ずつ

P1110468.jpg

P1110470.jpg

取り敢えず、二階のキッチンは取り外し
お風呂はそのままで使わない

DSCN2166.jpg
(1階キッチンは入れ替え)
DSCN2204.jpg
(2階は取り外し、フリースペースに)

DSCN2144.jpg

DSCN2137.jpg

1、2階共ゆとりの広さです
床板を杉板に変え
壁、天井ともクロス張り替え
22年間、屋根も外壁も塗り替えていないようで
今すぐでないにしても
近々塗替えの必要がありそうです。

家を購入し、リフォームとなれば
費用負担も嵩みます
あまり無理のないところで
提案したいのですが・・・・・・



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ




それぞれの 64 ロクヨン

昭和天皇の崩御により
昭和64年はわずか7日で終わり
年号は平成と改められたのですが、
64ロクヨンとは
その昭和64年に発生した未解決の幼女誘拐殺人事件を
題材にした映画です。

s-P1070957_20160613183345a78.jpg


豪華キャストで見ごたえのある映画
という前宣伝にも魅かれたのですが、
お茶漬けさんには64に対する特別な思いもあったのです。

P1090297_20160613183241d8b.jpg


昭和63年暮れ
国産材の普及活動で、
当時、毎日、サンケイ、読売といった各新聞社に
広報文を持参し、活動状況やイベント内容などの説明をし
文化・家庭欄に記事として、取り上げられることも多くあり
その関係で社会部を訪ねることがよくありました。

64年のイベント企画の案内に各社訪問し
某新聞社の記者さんより、掲載の約束をいただいたのですが
ただしが、付いていました
昭和天皇のご容態次第では掲載は流れる
ということでした。
動機はいささか不純だったかもしれません
暮れから新年にかけ
ひたすら天皇のご快復を祈り続けたのであります
祈りもむなしく、
新しい年は
崩御の活字で埋めつくされました。

あれから28年
よくもまぁ

お陰様で・・・・・生かしてもらってます



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

















琵琶湖とヤマボウシの木

知人より
大津市のご実家のリフォーム相談をうけ
お伺いしました。

P1110375_201606131530101ec.jpg

大津ということで、覚悟を決めて走ったのですが
大津インターから5分ほどで
事務所から50分程度で到着です。

眺望がすばらしく琵琶湖を一望です

P1110404_20160613154029458.jpg

築46年の木造2階建てです

P1110406.jpg

近年では敷地の関係で
玄関にゆとりを持たせることは
なかなか難しいのですが

幅一間(1860mm)の玄関スペースは
今や勿体ないの領域です。

P1110459.jpg

玄関先のヤマボウシの木は
花が終わりかけて・・・

P1110458.jpg

可愛い実がついていました。
ハナミズキ(3~4月開花)とよく似た花が咲くのですが
ヤマボウシは5~6月にかけで咲くようです。



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

3秒待って言葉にしょ

人にはそれぞれ癖があるもんですが
当方の悪い癖は、即決・即答型
もう一歩踏み込んで考えるより
よっしゃ分かった、とやってしまう。

P1010815.jpg
(天空の城  本文と関係なし)

みずほさんの小冊子に

人と話すとき、意図的に「3秒」の間をつくって反応しょう、
とありました
間を置くことで、相手の反応に違いが生まれるようです

会話中に時間差をつくることで
異論があっても冷静さを取り戻せば
意見を言い合える状況が生まれるようです
気の短い諸先輩方お試しあれ

よっしゃ分かった、
ちょっと試しにやってみるか

それそれ、どうも説得に欠ける


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ








築80年、瓦の葺き替え

梅雨とは思えないほどの大快晴です。

阿倍野区の長屋の改修工事では
屋根瓦の葺き替え工事が行われていました。

P1110337.jpg

P1110372_20160608132544530.jpg

前面道路が1.6m程しかなく
梯子も直立状態

P1110369.jpg

いぶしの「かわら美人」がスタンバイしてました
左のゴム手袋が「お金頂戴」と、
言ってるようで気にはなりますが・・・

P1110345.jpg

屋根を内から見れば、
傷んでいた垂木や野地なども取り換えています

P1110338.jpg

杉の玄関庇が美しく収まっていました

P1110362.jpg

床下はコンクリート基礎を新設補強し
根太も大引きも取り換え
1階の床板を施工中です

P1110360.jpg

二階では隣との間仕切り壁を一部取り払い
開口部に引き戸を新設します
電気配線などに注意を払い
土壁を慎重に剥がしていました。

P1110374.jpg

瓦の葺き終わりまで
どうぞ雨が降りませんように

「俺に頼まれても・・・・・」 お地蔵さんも困惑ぎみ


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

行き着くところは地盤です

名古屋の下会所設計さんから
熊本地震の現地調査の報告として
中日新聞に掲載された記事がおくられてきました。

P1110335.jpg

残念ながら新耐震で建てられた
最近の住宅(3~10年前)も多く倒壊していたようです。

震度7でも倒壊しないと定められた耐震基準(1981年6月導入)
ですが、

一般的な住宅の場合は、
建築士が設計した木造二階建て以下で
延べ面積500㎡以下の場合
強度計算の書類を検査機関に提出する必要がないため
壁の量などに基準を満たしていないものが多いようです

そこには「窓を大きくして」や「部屋を大きくしたい」など
無理な要望を押しつける建築主もいて
違法を承知で請け負う建築士も多いようです
また
2000年の建築基準法の改正で
木造住宅であっても地盤の強弱に応じた基礎工事を行う
と変更されたものの
耐震強度の算出に地盤を考慮する必要がなく
木造住宅そのものの耐震強度さえ満たされれば
地盤を無視することも・・・・・

結果、地滑りなどで倒壊している建物も多く見られたようです。

今回の地震で改めて、
地盤や耐力壁の配置の重要性を認識しました
と報告されていました。

新築の場合、地盤調査は義務付けられており
地盤補強をしないと確認は下りないのですが・・・・・・
下会所設計さんに伺えば
基準法はあるものの
地方によって対応が違うようで、甘い地域もあるようです。

細長い日本列島ですが地震大国、
せめて地震に関する対応は同じでないと???


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ


なにげに家事分担

日曜日に設計打合せに同行しました。

P1050910.jpg


30代のご夫婦で、男の子が3人のご家庭で
下の子はまだ1歳です。
奥様も仕事をもっておられますが
家事の合い間に出来る仕事ではなさそうです。

打ち合わせ中、一人遊びをしていたベビーが
少し眠そうな様子になった時

ご主人がさっと席を立ち、ベビーを抱いて奥へ
ちゃちゃっとベビーをおんぶ紐で背中に結わえて
その手際よさにびっくり
その所作があまりに自然で・・・・ほれぼれ

プラン決定は、家事動線を重視したものになりました。
家事と仕事の両立は大変ですが
こんな協力的な相棒が横に居れば
両立もなんのその
子育ては夫婦でするもの、を
再認識させていただきました。



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ


三国村で歓迎会

わが淀川区の三国村にも
気の利いた創作料理のお店「いな家」さんがオープンしました。

早速、新入社員の歓迎会に利用させてもらいました

P1110331.jpg
(サーモンとチーズの卵巻)

P1110332.jpg
(タイのカルパッチョ)

P1110334_201606061009367c1.jpg
(サラダとライスコロッケ)

お値段以上はニトリだけではありません
充分たのしませていただき全員満足でした。
なんだかんだいっても飲食店はお味です。
バイトさんがワイングラスをひっくり返したことなんて
しっかり忘れました。
(そこはスッカリじゃないの)

その後
新入のN君が昭和歌謡を熱唱したと・・・・
次回バスツアー時は君に任せたよ



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

田植えと笠地蔵

今日は島本町のGさん宅で、マンションリフォームのご契約です。
3週間前とすっかり様子が変わり
田圃に水が引かれ、田植えが始まったようです。

P1110321.jpg

ヒルが怖くて田圃には入れそうにありませんが
この原風景に癒されます

P1110320.jpg

見積もり書やご契約の内容説明をし、調印を無事済ませました。
工事は7月11日からのスタートです

最初の打ち合わせから気になっていたんですが
二人の子供さんの作品を撮らせていただきました

P1110326.jpg

4年生のお兄ちゃんの力作「笠地蔵」は
おじいちゃんとお地蔵さんの顔がなんともユニーク

P1110327_201606041351342bc.jpg

年長さんの妹さんの「いもほり」です
どっさり採れたお芋の顔が笑ってます。

P1110328.jpg

廊下にはお兄ちゃんが赤ちゃんだった時と
今のお兄ちゃんの等身大の絵がありました。
こんなに大きくなったんだね

6月に入り、早くも雨不足がささやかれていますが
ドカ雨はご免です
梅雨はやっぱりシトシトであって欲しいもんです。

今夕は久々の飲み会としますか



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ





アジサイのてんこ盛り

外を歩けば、
棒に当たることもま、ま、ありますが
こんな
楽しい風景に出くわすことも

P1110316_201606021756083dd.jpg

なんじゃろか

P1110318.jpg

見事なアジサイの懸崖(ケンガイ)が・・・・・

ハラハラドキドキの毎日ですが
まだまだ人生愉快です


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

下地が何か分かりませんか?

17年前に建築士事務所民家でリノベーションをされた方が
その家を売却されました。

当時で築50年くらい経っていたと思いますが
建物の道路側半分を主に
階段の位置替えを行い
細かく仕切られていた廊下や部屋をまとめ
広めの応接スペースを確保しました。

P1070629_20160602114215479.jpg

(文に関係なし、屋久島にて弥生杉)

購入されたのは地域の介護施設さんでした。
そこからの問い合わせで
「スプリングク-ラーを取りつけたいので、下地が何か教えて欲しい」
というものでした。

あいにく手を付けていない奥の座敷であったため
何か分からない、とお答えしたところ
購入後、その箇所をリフォームした会社に聞いても
同じ返事をされた、と困惑ぎみでした。

リフォーム現場で時々見かけますが
天井も壁も剥がさないで、その上から新しいものを
張り付けていけば、下地が何かを考える必要もないのでしょうか。
現在、施工中のリビングの天井は
剥がしても剥がしても
次から次と天井が現れ、結果3重構造になっていたそうです。

解体と産廃処理の手間が省けるというものですが
安価さだけを追求した結果とも考えられます。
強度面においても、衛生上も良いとは思えません。
何かにに依らず
金額だけで判断するのは考えものですね。


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ












古民家ナナメ読み

中筋家は700坪の敷地に
母屋が間口22.8m 奥行き25mもある豪邸です
嘉永5年(1852)に建てられたようです

P1110195.jpg

総ケヤキづくりの門、贅沢の極み

P1110219.jpg

表からは2階建てしか見えないのですが
この場所から3階建てが分かる

P1110230.jpg
(表門東側の3座敷)
ここは大庄屋の役所として使われていたとか
庭園には鶴亀を現した石がデザインされていました

西側の男衆の部屋はいたって粗末な造りであり
このメリハリの付け方には恐れ入りました

P1110269_20160531154212b47.jpg

農機具や納屋はシロアリの被害を受けた木材や

P1110266.jpg

明らかに使い回しの木が再利用され
質素倹約が伺えます。

P1110255.jpg

襖の柄も誰でも使っていいものじゃなく
ゆるされた家だけです

P1110256.jpg
(当時のふすま)
当時の襖柄をそのまま写しています

P1110254.jpg

押入れの奥で見つかったという落書きには
「 1月2日ノ 夜ノ 母ノ 10教訓ヲ 思エリ 〇〇 」
とありました。
奉公人が記したのか・・・
琴線にふれる言葉でした。

いつの時代もお母ちゃんは偉大です

古民家は家そのものだけでなく
かい間見える
その当時の暮らしや人間模様に触れたとき
深い感動を覚えます

※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ