FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

台風一過の棟上げ 

31日の棟上げ(高槻)は、台風10号の動向に
ヤキモキさせられました。

30日の土台敷きは
滝に打たれたような雨に見舞われ、
全員濡れネズミ状態
午前中で作業を切り上げました。

P1120182.jpg

台風一過、澄みきった青空に風も涼やか
まさに棟上げ日和です

P1120185.jpg

応援と勉強に入った設計のYさんは
現場の掃除を一手に大活躍
日焼け対策万全で、このいでたちです。
頭が重そう

P1120197.jpg

P1120206.jpg

お昼は「大盛り幕の内弁当」をペロリ
女性陣も負けじとペロリ
大工さんは午後に向け、ご休憩です

P1120205.jpg
(撮りたくなる雲です)
P1120216.jpg

材木を置くスペースが無く、
3、4回に分けてユニック車で搬入です
ユニック車に付くレバーの動きがおもしろくて
しばし見入る
P1120226.jpg

設計の住楽さんは、棟梁と打ち合わせ中

P1120237.jpg

17時前に棟が上がり
上棟式に向け、御幣を東向きに設置しました

P1120244.jpg

男の子3人のご家族です
みんな2階に上がって楽しそう

お施主様より労いのお寿司やたこやきを
たっぷりご馳走になり、
ここちよい疲れに、風は秋の気配です

さあ、明日は野地仕舞(屋根下地)
今週は晴れ続きですよ。



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ








スポンサーサイト



RAFIQはアラビア語で「ともだち」

厄介なブーメラン台風が
また本州を襲うらしく
お昼前から、雨脚がきつくなっています。

Oさん(OB施主さま)からご連絡をいただき
協会事務所のちかくで
難民支援をしているところがあり
ちょっと相談にのって欲しい
ということで訪問しました。

P1120176.jpg

RAFIQ 「在日難民との共生ネットワーク」と
小さく書かれた看板が張られていました

P1120177.jpg

運動に共鳴された方が
ほとんど無償で提供されたようです

この借家を、事務所と難民の一時受け入れ場所として
使えるように、自分たちでリフォームをしたい
ついてはアドバイスをして欲しいという事でした。

P1120175.jpg

35ミリ厚のスギ板(足場板)を知り合いの工務店で調達し、
一部並べてありました
まだ荒木のままで、乾燥もしていないようです
実加工もなく、突きつけで貼るようです

もう少し乾燥させてから貼った方がいいか
と迷っておられたのですが
早めに釘付けした方が良く

この状態で乾燥が進むと
暴れて手が付けられなくなると伝えました。


P1120174.jpg

お風呂の給湯器が台所にあり
費用のあるなしに拘わらず
ガスと電気の配管チェックはプロに必ずしてもらうよう
注意を促しました。

P1120179_20160829163930e57.jpg

RAFIQとはアラビア語で「ともだち」 
という意味だそうです
案内パンフには、
日本の難民認定が
各国と比較にならないほど少ないと
棒グラフで示されていました。

2014年難民認定数
(ドイツ 33310人  アメリカ 21760人  イギリス 10725人  韓国 87人  日本 11人)

それにしても
けっして大きくないこの借家に
ボランティアの方がそろそろと集まり
エネルギーを感じました。
国産材の運動を立ち上げた頃を
ふと思い出しました。



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ










かわいいホスト

土曜日に島本町で
マンションリフォームの見学会を
させていただきました。

P1120170.jpg

お引越しをされて1週間しか経っておらず
ピアノも調律を終え
昨日届いたばかりだそうです。

この一週間、会話らしき会話もなく
片付けに没頭されたと伺いました
ほんとに申し訳なかったです。

P1120169.jpg

本棚の整理は、ご主人とお子さんの担当だったそうで

P1120172.jpg

まだ片付け半ばの部屋には
証のダンボールが2個あったのですが

参加者のお出迎えをご家族そろって
していただきました
とりわけ
小学4年生のお兄ちゃんは
ワイシャツにネクタイを締めて、
ホスト役を務めてくれました
ご両親が勧めたわけでもなく、自発的に選んだというから
びっくりです。

住んでみてどうですか、に
「僕は、自然素材が好きで、そよかせ(塗り壁)も自分で
塗ったからか愛着がわきます。この家はなんか落ち着きます。」

と、とびっきりのコマーシャル

奥様からは
床、壁、天井などの素材など
考えて選択したのですが

コンセントの位置は
もっとよく考えて付けた方が良かった
と、体験をお話ししていただきました。

子供さんの成長に合わせて
もう少しレイアウトなど考えたいと話されました。

見学を終え、
お兄ちゃんは革靴に履きかえ、皆さんをお見送りしてくれました。

「また、お越しください!」

ほほえましいご挨拶に
みんな孫を見るようなやさしい眼差しに
なっていました。

貴重な休日にも拘わらず、
開放していただき
ほんとうにありがとうございました


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ






























あかん!  これが原因や

以前リノベーションをしたお施主さんから

玄関にシロアリが出た、という連絡です

担当者が伺ったところ
やはり玄関の土台にシロアリがいたようで

P1120164.jpg
(我が家の菜園  花のつかない朝顔)

より詳しくシロアリの専門業者に
調査を依頼し、
人体に影響の少ない防蟻処理を
お願いしました。

後日、お施主さんより

「シロアリのついた原因が分かりました」

という電話があったようです。

袋に入った植物用の腐葉土を
壁に持たせておいていたようですが

明けてビックリ !
袋の中にビッシリシロアリが蠢いていたようです
シロアリにとってはまさに天国
栄養満点の食材にうもれて
暮らすようなものです

家のまわりに近づけて物を置かず
風通しをできるだけ良くしておくように
心がけてください

P1120167.jpg
(しょぼい ネギ畑)



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ









































コープ自然派さんの夏休み企画

コープ自然派さんの夏休み企画で
クレオ大阪で
「親子でmy箸を創ってみよう♪」がありました

その中で「おもしろ木ばなし」をすることに

P1120154_20160823110009cee.jpg

15年ほど前に購入していた
「おもしろキット」を使ってのおはなしです

子供たちに分かるように説明できるかな?
20分をキットの鉄とスギの球で
重さ、冷たさ、水につけるとどうなるか等々
様々な比較をし
木の良さをアピール
熱心に耳を傾けていただけたようです

P1120159_20160823173643180.jpg

参加者は20組ほどの親と子の組み合わせでした

P1120162.jpg

お箸は「ゆすのき」(イスノキ)で
けっこうな硬さの木です
最初は荒目のサウンドペーパーで丸みをとり
仕上げは240番の細かい目のペーパーで仕上げます。

ゆすのきは
1時間かけ一生懸命磨いても
1本磨くのがやっとという強者です
折角磨いたmy箸が大人用で
子供サイズも欲しかったという要望がありました
おっしゃるとおりです、反省
製作者に早速伝えます

最後の〆に
節の話しをさせていただきました。

一番喜んでいたのは
夏休みの終盤に、大勢の子供さんに
杉やヒノキのことが伝えられた
お茶漬けさんかもしれません。

ありがとうございました。



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ









毛虫のしごと

太子町の現場は
高速の降り口から近いのですが
コンビニが付近になくて、3キロ程戻ってようやくローソンを見つけ
ポカリとカルピスを両手に現場訪問です。

P1120136.jpg

P1120148.jpg

造作工事も順調に進んでいるようです

P1120151.jpg

塗装工事が入る前にコーキング屋さんが
これでもかというくらい頭を下げて作業してました。

前に住まれていた方が植栽にこだわっておられたようで
庭木が美しかったのですが
それ以後手入れされていなかったようで
サクラの葉っぱは見事にレース状になってました

P1120145.jpg
お見事!

P1120144.jpg

毛虫の仕事と思えないくらいです

子育てに多忙なお施主さんに代わって
監督が水やりをしているようで

P1120147.jpg


可愛らし花が一輪
夏に強い
マツバボタンの仲間でしょうか

ここにいるよ

と言ってるような


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

解放か、はたまた閉鎖か、キッチンのことですよ

河内長野市のリノベーションの打ち合わせに同行しました。

P1100774_20160819103620f8c.jpg

P1100784_2016081910370992e.jpg

屋根の野地板と瓦の葺き替え工事をします
耐震を考え、少しでも頭を軽くするため、
屋根に載せられている土は下します。

P1100877.jpg

和室の続き間は残し
あとは床を全て杉板に張り替え
吹付け断熱をし、寒さ対策に備えます
お風呂、トイレ、洗面もまだ新しいのですが
断熱性を高めるため入れ替えです。

P1100755_201608191034187d5.jpg

P1100732.jpg
(現状は、コルクを張っています)

最近はオープンキッチンが多いのですが
このお宅はリビングが広く
熱効率を考えキッチンはクローズにしてほしいと
言われたのですが
風通しや、明るさを取り入れるため
セミオープンをお勧めしました

P1100762_201608191740359ce.jpg

施工中は敷地内の別棟の方に移られるようです
10月末の着工に向けて
現在、別棟の整理をされているとか
どちにらしても片付けは大変です。

P1100898.jpg


月が明けて、設備機器の展示場に
設計の住楽さんと見にいかれますが
人は視覚による誘惑が大きく、

いたずらに予算オーバーにならないよう
住楽さん、適切なるアドバイスをよろしくね




※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

ほたる壁 と あぶら壁

足立美術館にある寿立庵(じゅりゅうあん)で
お抹茶をいただきました。

P1120065.jpg

茶室の壁はあぶら壁だそうです
菜種油を土に入れるとか
侘び寂び・・・分かるかな
間違ってもカビが出たなんて言わんといてね

P1120066.jpg

P1120067.jpg

伊達正宗の直筆やそうです
何て書いてあるかは・・・・・記憶にとどめず

P1120069.jpg

P1120084.jpg

外部の壁はほたる壁だそうで
鉄錆を入れて蛍の光るさまを表しているようです
これはちょっとやってみたい気もするけど

虫がついてるとクレームに・・・・ならんとも

P1120082.jpg

土壁は少々剥がれたとしても、景色になるなぁ
なんて、誰も言ってくれそうにない現実を

P1120071_201608161722163e3.jpg

P1120077.jpg

しばし忘れての贅沢な一服でした
結構なお点前で


いっこも忘れてまへんがな


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

柱が真直ぐやのうても

休暇を利用して、島根にちょこっといきました
着いてから考えるという
きままな無計画旅で、
1日目は無難に足立美術館をめざし

2日目の朝、そや石見銀山に行ってみよか
松江からたっぷり3時間かけて
石見銀山の駐車場までたどり着き

P1120086.jpg

クリの成り具合など観察しながら

P1120088.jpg

だらだら汗と、カラッカラのどに、ヨタヨタ歩行の三拍子で
途中の茶店になだれ込み、「あとどれくらい?」
に涼しい顔で
「3キロ程度」の回答を得

即、撃沈!
あきらめは天下一品

P1120092.jpg

なんでも昨日は救急車で運ばれてたようで
散策にギャーチェンジ

P1120107.jpg

途中で古民家の一般公開(市が管理)を見せてもらったり

P1120104.jpg

しろアリの蟻害に遭っても立派に支える
梁や柱に見入ったり

P1120119.jpg

柱が真直ぐでなかったらアカン理由はない、
と確信したけど
技術を持つ職人さんと
納得するお施主さんは
捜すに難しそう

P1120029.jpg

山陰地方は石州瓦が多く使われ
趣のある景色を創っています。

P1120129.jpg

ほっといて、と言われそうですが
見るだけで汗が噴き出す塗料・・・・・・か
景観離脱


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ





価格調整とご契約

若いご夫婦が、
二世帯向け中古住宅を購入され
リフォームをして、入居を考えておられました。

建物も延べ57坪と大きく、
水回りも全て2世帯分です
すべてに手を入れようとすれば
大幅なコストオーバーになります。

DSCN2305_20160808173219b2e.jpg

そこで提案したのは
傷みが見られる、屋根、外壁のリフォームを優先し
いま必要な1階部分を充実させ
子供さんが成長した段階で
2階に手を加えるというものです。

リフォームはこの際だから、全て美しくと考えがちですが
幼い子供が居れば、破ったりキズをつけたりは
日常的に起こります。
良しあしの判断がつく頃に
残った箇所に手を入れるのもいいのかな

悩まれたようですが、
その案を受け入れていただき
6日にご契約いたしました。

DSCN2144_20160808173411db8.jpg

和室はそのままにし、玄関ホール、キッチン、リビングを杉板張りに
狭くて使いづらい洗面室は広げることに

DSCN2166_20160808173414980.jpg

キッチンの入れ替えは、
よくよく検討したうえでお返事していただくことに

工事着工はお盆明けということで
現場監督さんは
ご近所へのご挨拶と、和室の養生に
早速、取り掛かってました。

P1120024_20160808175023c8f.jpg

なかなかの手際よさです。
暑い時こそキビキビとした動きは
好感を呼びます


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ










田園の広がる景色のなかで

イグサの入荷が遅れていた
島本町のマンションリノベーションのお引渡しが
ようやく完了しました。

P1120001.jpg

P1120010.jpg
(北側の部屋の塗り壁「そよかぜ」は、親子でチャレンジ・・・なかなかの出来栄え)

南北を遮っていた押入れを半分取っただけで
光と風の流れが・・・・生まれるようです

P1120004b.jpg
(子供に大人気、回転扉は新入り現場監督の製作に依るようです)

押入れ忍者の入り口はクルリと回転する扉が・・・
お引越しが待ち遠しい
ハナマル笑顔の年長さん

P1110325.jpg

8月27日(土)見学会をさせていただきます
塗り壁の体験談や
さまざまなお気づきなど直接お施主様にも
お訊ねください

駅近にあって、のどかな田園風景を見られるのも
この地域ならではです、
穏やかな空気が流れています。


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

これがなかったら、ぶっ倒れます

消防士ではありません

P1120022.jpg

コンクリートの照り返しで40度は軽く超えるよ
と、仮枠大工さん

ダウンジャケット?
と思いきや
脇の送風機で腰回りに風を送る優れものジャケット

これがなかったら、ぶっ倒れるよ
笑顔で答えてくれました。

その笑顔にちょっと救われます

それにしても天井知らずの温暖化
子供の通学服にもこの着用が義務付けられそうな
猛暑の勢い


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ



摂氏36度の配筋工事

地面から熱気が ”もわ~っ” 

DSC03388.jpg

高槻の現場がスタートし
あれよあれよで

明日は配筋検査です

現場では基礎屋さんの職人さんがお二人
せっせと配筋をしています

それにしても・・・・・
この扇風機は、

きかんやろ


塩あめとお水は
くれぐれも
こまめに補給してください



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ




わからん

「勝てると思う戦争なら、しなくてもいいのに」 は

裸の大将で有名な、知的障害をもつ山下清画伯の
言葉と聞きました。

殆ど
「勝てると思うから戦争をする」 ようやけど

勝てるから始まった戦争が、
すると、しないに考えがこうも別れるのは……なんで

どっちが知的障害やろか

s-P1170479.jpg

わからん


※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ







歓喜の梨!

お世話になっている社労士さんが
関東に活動の拠点を移され

新鮮な梨が送られてきました。

P1110999.jpg

本来はこちらが贈らないといけないのですが・・・・・

幸いにも大阪に鮮度のよい産物は見当たらず
心当たりは
鮮度良しの造幣局のお札のみですが
なかなかそれも入手困難を極めており

ついついお志に甘える結果となっています。

早速、社内一同嬉々とし胃袋に納めさせていただきました

うまし!   ありがとう!



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

ドキドキの見積もり提示

8月1日はPLの花火大会の日でした。

かねてより打ち合わせ中の
河内長野のリノベーションの見積もりがやっとこさ出来上がり

第一回目の見積もり提示をさせていただきました。
屋根の葺き替え工事が大きく
予算をかなりオーバーしました。

P1100759_2016080114554560f.jpg

いつも一回目の価格提示はドキドキします
減額案を色々考えたのですが
平屋で延べ面積40坪となれば
それなりの予算がかかります

P1100761.jpg

現状雨漏りの痕跡もないし
屋根の葺き替えを見合わせて、と考え
設計担当の住楽さんが屋根屋さんに相談したところ

10年ほど前に屋根補修に入った屋根屋さんが
屋根瓦の間にコーキングを詰めたようで
それがネックとなって
雨漏りの原因になりかねないとのこと

本来、日本の屋根瓦は入り込んだ雨水を
逃がすようになっているのですが
コーキングを詰めたことで入った雨水が逃げられず
溜まるようになり
雨漏りの原因に・・・・・・・

耐震、台風を考えても
屋根瓦は葺き替えたい、ということでした

P1100753_201608011531137ab.jpg


お見積りの説明を終えたところで
冬はかなり寒さが厳しいようで
低温床暖房もしたいと・・・・・・

チマチマとひねり出した減額案は
低温床暖房に消費されそうな気配です

それにしても
何の工事であれ、補修するからには
理屈を分かって施工してほしいものです



※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ