FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

省エネリフォーム

梅田の活性につながるという
「グランフロント大阪」で

パナソニックの代理店が
省エネリフォームのセミナーを施工者向けに開く
ということで、行ってきました。

会場を探すのも大変で、
木曜日というのに、どこから人が湧いたかと
思うほどの混雑ぶりでした。

講師は女性で、20年建築業界の営業戦略コンサルティングを
務めているというTさんでした。

P1010057_20130517142558.jpg


営業の方向性も変化しており、
アンケートでなぜ契約にいたらなかったか
をとったところ「営業マン」と答えた人が多く

1位は、すぐに契約の話をする人(51.5%)
2位は お客様の要望を理解できていない(33.3%)
2位  専門知識が足りない(33.3%) 
4位  自分の意見を押し付ける(31.3%)
4位  客を軽視、差別する態度(31.3%)

だそうです。
これはなるほど納得できます、
自社に振り返っても、大いに留意するところです

省エネも、アクティブを主としたお話で
アクティブアプローチを、スマートアプローチと言うとか

早い話が、
省エネ商品として開発された給湯器や調理器など
住宅設備機器をお客さんに薦めるところから、
リフォームに導きなさい
ということのようでした。
後押ししているのが、住設メーカーさんであれば当然のことでしょう。


関西電力で10%程度のの値上げが
4月に実施申請されました

もちろん省エネの住設機器を利用することは
やぶさかではありませんが、
何か生活者を煽り立てるようにも感じます。

協会の考えは、省エネは先ずパッシブを優先的に考慮し、
出来るだけ明るくて、風通しが良く、家そのものが
暑さ寒さを凌げる工夫をする
そこに時間を費やしたい思います。

パナソニックさんによれば、
新しい展示室の来場者数は3日間で
京橋展示場の1か月の集客数に匹敵する勢いだったようです。

しかしこれだけの店舗数があれば、
選択するのにも的が絞りづらいかもしれません。

高齢者が倒れ込み、係員が大騒ぎしていました
何がどこにあるか分からず
とにかく迷う。

もっとインフォメーションを増やし、
ユニバーサルな対応を願いたいものですね。

ちなみにセミナー受講者は、お疲れの様子で
半分寝たはりました。

お茶漬けさんは、
何故、家は売れないか・・・・など
家を「売り・買い」で表現することに
やっぱり違和感がありました。

この騒ぎも
あと半年すれば落ち着くんでしょうね
  














スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasuko38.blog63.fc2.com/tb.php/1304-397183e2