FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

やっぱり現場に行かなあかん

明石の現場は瓦工事の真っ最中です。


室内は電気屋さんが、配線の仕込中、



低温床暖の施工が完了してました。

床暖 床暖? 床暖?

根太の間に炭化コルクを敷き詰め、

その上に継ぎ目のない銅管を這わせます。

暖められた不凍液が銅管を通り


床板に接している銅板に熱を伝えます。


非常に辛気臭い(まどろっこしい)熱の伝え方ですが


この体感温度がほんわか心地いいのです。

この上に大工さんが杉板を張ります。


この日は、

大工さんは尼崎の現場で

数奇屋門の施工のため不在です。



折りしも、佐川急便で板材が届きました。


15梱包です。



よっしゃあ、と声を上げたのは電気屋さん


軒下に誘導し、ブルーシートを掛ける様子に



建築は関わった人すべての気配りで成り立っていることを


改めて感じました。



差し入れのアスパラドリンクは

安過ぎたかな。



現場の片隅にはびわの木が

たわわに実っていました。

びわ

やっぱり現場に行かなあかん。







スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasuko38.blog63.fc2.com/tb.php/137-bc82149b