FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

釘にも適材適所

旭区の3階建ては、現在屋根工事の真っ最中です。

P1050756.jpg

高さ10メートル、屋根勾配4.5寸の屋根面を何事もないように
スタスタ歩く瓦職人さん

P1050755.jpg

屋根勾配(傾斜)がきつくなれば、屋根専用の足場が必要になるのですが
4.5寸までは足場を掛けなくても大丈夫なようです。

P1050743.jpg

ここの屋根に使用する平板瓦(洋風)と棟瓦です。

P1050740.jpg

真っ赤なポルシェならぬ新品のコンプレッサーが・・・・まぶしい!

28mm厚の構造用合板を壁に止めるのに
長さ75mmのN釘で打ち付けます。
それ用に高圧のコンプレッサーが必要だそうです。

コンプレッサーで釘を打つにもその加減は難しく
圧が強すぎると釘の頭がめり込みます
釘の打ち方ひとつで強度にも関係します

釘も適材適所があり、
構造に関係するところは釘足が長くて、軸の太い釘を使います
内装用には軸の細い釘がつかわれます。
釘の長さは打ち付ける板厚に関係します


大工さんは
ただいま筋違入れが終わり、
金物の取り付けに取りかかっています。

それが終われば役所の構造検査が入ります。


スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasuko38.blog63.fc2.com/tb.php/1444-7415cf12