FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

RC造・やっかいな階段途中の梁

平野区でリフォームの相談を受け
伺いました。
最初の訪問とあって
鉄筋の2階建てと聴いていたので
コンクリートの家ばかりを探していたんですが
やっと見つけた番地にあったのは

築100年の素敵な古民家でした。

P1120817.jpg

P1120821.jpg

門から母屋に繋がる深い庇は、
雨除けだけでなく、多様性に富み
暮らしの幅を広げています。

P1120823.jpg

広いお庭の植栽が
四季を感じさせます



お話を聴けば
リフォームするのは、

賃貸としてつかわれ
現在空き家になってる
築30年のRC造ということでした。

P1120827.jpg

懐かしのエマーユ(タカラ)は、まだ十分使える状態です
床は寄せ木柄のフローリングで
これもその年代のヒット商品です。

P1120829.jpg

当時流行の堀コタツがデンと据えられ

P1120828.jpg

キッチン・ダイニングには洋風をイメージした
合板張りが施されています。

浴室を少し大きくし、内装を全てやり替え
傷んだ外壁、屋根ともやり替えです。

問題は階段途中の折れ曲がる部分に
20cm程せり出したコンクリートの梁です。
階段を上っていくと
梁が肩に当たり非常に危険です。

どんな経緯があったにせよ
許しがたく・・・・・
設計した建築士の重責を感じます。

階段部分はコンクリートを打っているようで
何か良い方法がないものか
悩みどころです。






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ




















スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasuko38.blog63.fc2.com/tb.php/1854-17dd7d96