お茶漬け白書
日々雑感

綿業会館にて

大阪府木材連合会のご案内をいただき

綿業会館(本町)で開かれた

「木材回帰が切り拓く建築の未来」の

講演会に参加しました。

P1130651.jpg
(綿業会館の建設基金として2/3を寄付した
      という東洋紡の専務 岡常夫氏の銅像)

綿業会館は1931年12月に
綿業倶楽部施設として建てられたもので
建物を見るだけでも
価値のあるものです。

P1130653.jpg

農林水産省からは、木材資源の利用促進についてと

国土交通省は木造建築の普及推進について
説明があり

公共物建築の木造化推進が主でした。

東大の腰原幹雄教授による
「木造回帰が切り拓く建築の未来」

も、木造による中層階建築が
多く語られていました。

途中パソコンの不備で
うまく画面が作動せず
少し残念でした。

無料の講演に文句をいったら叱られそうですが
もう少し突っ込んだお話が聴けたら・・・

その後も、3名ほどの講師先生の
講演があったようですが・・・・・
最後にパネルディスカッションまであったようですが

あまりにも盛り沢山過ぎて
根気が持続せず
リタイヤしてしまいました

それにしても
会場は満席状態
関心の高さがうかがえました。





※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasuko38.blog63.fc2.com/tb.php/1896-c52dacf4