お茶漬け白書
日々雑感

釈迦如来の目に追われて・延暦寺

何や知らんけど、

年々祭日が増えているようで・・・・・

どっぷり昭和人間も、

なまぬるいお風呂に浸かっているような

そこで一度行ってみたかった

比叡山・延暦寺に

P1150111.jpg

やっぱり空気感が違います。

さすが、ここまでは・・・外人さんは見かけず

P1150113.jpg

一隅を照らすは最澄さんの言葉

一灯照隅 万燈照国  は好きな言葉です

(一人一人がおかれた立場で、光り輝けば 

やがて国はみんなの働きで明るくなりますよ) といったような意味

P1150112.jpg

森林浴のせいでしょうか
清々しく、何かホッとしたりもして

P1150115.jpg

ここもお守りやお土産品が並び

販売されていますが

願わくばこれ以上

観光寺化して欲しくないなと

思うのですが

P1150117.jpg

根本中堂は工事中で

奥には大きな鉄骨が組まれていました。


P1150118.jpg

45度の階段に一瞬ひるみましたが

リハビリを兼ねて

文殊楼まで上がり、リタイヤ


国賓殿で表情豊かな四天王立像を拝見

1571年
織田信長による焼き討ちの際に

助け出されたという釈迦如来生像を拝んできました

俗物にとっては

釈迦如来の目はどこまで行っても

追っかけてくるようです。


次にお目にかかる時は

追っかけられないよう

少し垢を落として参ります






※「ブログ村ランキング」に参加していますので、よろしければ下の「国産・地域材」アイコンのクリックをお願いします。




にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ














スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasuko38.blog63.fc2.com/tb.php/1976-e5d67c48