FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

長期優良住宅の説明会へ・・・



29日神戸で開かれた

説明会に行ってきました。


現在、協会で進めている住宅建築は、

ほとんど長期優良住宅に

合致していると思ってるんですが、


どこがどう違うかを知るため

民家の設計と一緒に行ってきました。


長期優良住宅の認定基準として

劣化対策、耐震性、

維持管理・更新の容易性(内装・住設の点検と取り換えを容易に)、

バリアフリー、省エネ、

可変性(ライフスタイルの変化に対応できる)

維持保全(定期的な点検に関する計画)

住戸面積(良好な生活水準を確保する面積であること)

などと、

住宅履歴情報の蓄積というのがあるんです。

建築確認書、図面、性能評価に関する書類

維持管理計画、リフォーム・改修、修繕

とにかくその家の経歴が

全部わかるようにとしなさい、ということです。


それにしても膨大なマニュアル本を前に(アリガト)

P1080881.jpg

3時間パッチリの

活舌が悪く、聞き取りにくい説明に

民家設計は熟睡でした。

ケッ!


確かに丈夫な家をつくることは

大切なことです。

メリットは優遇措置(住宅税制や融資制度)が

あるとのこと。


反面

またまた、その家の検査、チェックで

お金がかかることと


天下りを増やすことにならなければ

ええんやけど


住宅性能評価の

不人気による

底上げにも感じたんですが


何はともあれ

長期優良住宅にするために

いくらコストアップになるか

検証してみまっしょ




















































スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasuko38.blog63.fc2.com/tb.php/439-c5ef2f66