FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

うっとこは大丈夫、と思っているあなたに

実はそう思ってました。ところがです、、、、

空き巣にやられました。


 10階建ての9階に住んでいます。(オートロック)

夕方帰宅したところロビーが何やら騒がしい。

いやな予感に、9階に上がれば「盗難事件です」と警官が伝える。


「へぇ、そうですか」と鍵を開けようとすれば、

「入らないでください。お宅もやられてます」。


ウン、なに? と見れば、消した筈の電気は煌々とし、玄関の施錠は外されていた。

聞けば、真ん中のお宅の面格子を外し、窓をピッキングし、
   
ヴェランダに出て、両方の界壁を蹴破り両隣に侵入し、掃き出しのサッシを割り、

3軒共、荒らした模様。
空き巣にご用心? 空き巣にご用心?

なんという手際、なんという効率。

防犯カメラは4人の背広姿を捉えていた。

犯行時間は午後5時45分?6時40分、

サラリーマン風が帰宅しても怪しまれない時間帯だ。


居住者が帰宅するかしないか、ギリギリの時間を狙っての犯行だった。

よほど周到な下調べをしたのだろう。


全ての部屋が引っ掻き回され、その上、鑑識さんがサッシや箪笥の取っ手など

指紋の想定箇所にアルミの粉末をふりかける。


緊張感あふれる現場に立会い、一部始終を拝見しましたが・・・、


現金の被害はないものの、OL時代の思い出の品々がゴッソリ消えていました。


出くわさなかったのが不幸中の幸いでしたが、


部屋の片づけが出来ていないことが、近隣に露呈しました。


シュン。

これで、整理をし、捨てる決心がついた次第です。


それにしても簡単に外れる面格子の働きは無いに等しい。

防犯として面格子を謳いこむのであれば、決して外れないものでなければならん。


高齢化は進むばかり、早よなんとかせなあかん。
スポンサーサイト



Comment

大変でしたね
何気なく開いてみて、驚きました。ホンとに出会わさなくてよかったです。精神的な面も含めて大変な被害でしょう。
私の家も無防備に等しいのですが、古い木造の平屋建て、侵入者を撤退させるような改装は経済的に負担が大きいのでしょうね。
とりあえずお見舞い申し上げます。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasuko38.blog63.fc2.com/tb.php/58-c684d945