FC2ブログ

お茶漬け白書
日々雑感

信頼のあるなしで・・・・・

民家でリフォームをされるかたに

杉板をプレゼントします。

に、たくさんの応募をいただきました。


お問い合わせも多く

一番が

「一部屋いくらで、できますか?」

という質問です。

P1110316.jpg

一般に張られているフローリングであれば

6帖の間であれば○○円です

と応え易いのですが、

25?30ミリの厚さがあり、

下地の状況で、施工方法も変化し、

他の部屋との取り合いの段差や

P1110330.jpg

建具との関係など、

戸建ての住宅であっても

明快に答えられないのが現実です。


まして、マンションとなれば

遮音の方法や

掃き出しのサッシとの高さ調整など

検討事項は多くなる一方です。


そこで

現場を拝見させていただいて、お見積もりを・・、

見積もりまでは無償ですし、

するしないは、それからの判断で、

とお応えしているのですが

なかなかご理解いただけないようです。


リフォームは施工だけでなく

現場によっては

P1110312.jpg
(内、外部の養生が必要です)

施工するために家具を

P1110319.jpg
(総ての家具を養生)

あっちこっちと移動させながらの施工になり

移動だけで半日かかることもあります。

既存を剥がして廃棄処分をするのにも

すべて、価格に反映します。


また、上の階になればなるほど

4メートルの板材はエレベーターに入らないため


階段を運ぶわけにもいかず

クレーンで対応できるか、

クレーンがだめであれば

2メートルの材料を加工することで

P1110333.jpg
(上 エンドマッチの凸、 下は凹型実加工)
P1110334.jpg

エンドマッチ加工(縦つなぎの実加工)が

必要になるなど


現場により違ってきます。


板材と大工さんの日当だけで

出来ると思う方も多く

苦笑させられることもあります。


「じゃあ、お宅は何が安いのですか」と

立腹される方がおられるのですが、


・・・だから・・・、

板材を無償で提供するということなんですが・・・

それ以上も、それ以下もないのですが・・・。


いつもと同じ積算方法による

見積もりをし、

使用する板材の代金をゼロにさせて

いただいております。

どうやら

減額する分を上載せしているかに

お考えの方もおられるようで


信じられない体質が建築屋に

定着しているせいでしょうか。


良かれと思い企画したことが

素直にとっていただけないとは

トホホで 

寂しい気もいたします。


嬉しかったのは


民家で過去に施工されたことのあるお施主さんからのご依頼も

数件あり

「ラッキー!!」と言って頂いたことです。


人間関係の信頼のあるなしが

いかに大切かを学ばせていただきました。



















































スポンサーサイト



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://yasuko38.blog63.fc2.com/tb.php/625-3919d64e